ひと月前のブログに書きましたが・・・( ..)φメモメモ
今年の寒さで・・・サツキの霜枯れがひどい
(@ ̄>□ ̄@;)!!DSCN6102.jpg
庭のサツキが・・・・霜枯れ・・・??
ガレージの上に咲いているので・・・❀❀❀
寒さが直接に当たった・・・\(◎o◎)/!
春に花を咲かせてくれるかな・・・??
DSCN6104.jpg
横を見ると・・・ドウザンツツジに新芽が・・・!!
寒い冬でも・・・確実に季節は前に・・・
ドウダンツツジ(灯台躑躅・満天星・学名Enkianthus perulatus)
ツツジ科ドウダンツツジ属の植物
「ドウダン」は・・・枝分かれしている様子が
昔夜間の明かりに用いた灯台(結び灯台)の脚部と似通っており
その「トウダイ」から転じたもの
また・・・「満天星」の方は中国名に由来する
落葉広葉樹
低木で・・・大きくても3m程
本州・四国・九州の温暖な岩山に生えるが
自生地は少ない
庭木や植え込みとしてはごく普通に植えられる
寒冷地でも耐えるが
関東以西の温暖な地に多く植えられる
花期は・・・葉が出てから約1週間後(4月上旬~5月中旬頃
地方によって違う)
花序は散形花序である
花は・・・白色、釣り鐘のような感じで
5mm程の大きさ
葉は・・・菱形に近く・・・大きさは通常約2cm
大きなものは・・・約5cmになる
ツツジ科の特徴として根が浅いので
乾燥に弱い・・・新緑・花期・紅葉と・見時が多い
紅葉は寒冷な地で
10月中旬~11月上旬頃
温暖な地で11月中旬から12月中旬頃であり・・・まっ赤に紅葉する
ドウダンツツジの品種に葉が広いヒロハドウダンツツジがあるが
自生地ではむしろヒロハドウダンツツジのタイプが多く
同一場所に両者やその中間型が混在して見られるため
厳密に区別する必要はないと思われる

(http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%89%E3%82%A6%E3%83%80%E3%83%B3%E3%83%84%E3%83%84%E3%82%B8)抜粋

何時までも木に引っ付いて落ちない・・??
山茶花です・・・❁❁❁
花はもう汚くなって来ています・・・

近頃庭の手入れは植木屋さん任せ( ^ω^)
草引きも頼んでいます・・・
段々とこんな事が大変に・・・
此処しばらくの寒さで・・・少し参っています
今年は・・・暖かくなるのが・・・待たれます

因みに平昌 オリンピックで・・・羽生結弦選手が・・・フィギュアスケート男子シングル・フリースケーティングで金メダル
宇野昌磨選手が銀メダル獲得

おめでとう・・・!!頑張ったね・・・!!感動をありがとう・・・!!

第23回オリンピック冬季競技大会(だい23かいオリンピックとうききょうぎたいかい)
仏: XXIIIes Jeux olympiques d'hiver、)
英: XXIII Olympic Winter Games)
韓: 제23회 동계 올림픽)は
2018年2月9日から2月25日までの17日間の予定で
大韓民国江原道平昌郡を中心とする地域を会場として
開催中のオリンピック冬季競技大会
一般的に平昌オリンピック(ピョンチャンオリンピック)と呼称され
平昌五輪と略される
テーマは"Passion. Connected"(ひとつになった情熱)
2011年7月に南アフリカ共和国のダーバンで開かれた第123次IOC総会で
2018年冬季オリンピックの開催地が平昌に決定した
主催都市(Host City)は平昌郡で
オリンピックの名称には「平昌」の地名が冠されているが
競技会場は江陵市と旌善郡にも配置されている
規模の大きな都市がメイン会場であった過去数大会の冬季オリンピックとは異なる特徴をもつ。

(https://ja.wikipedia.org/wiki/2018%E5%B9%B4%E5%B9%B3%E6%98%8C%E3%82%AA%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%83%94%E3%83%83%E3%82%AF)抜粋


DSCN6195.jpg
奈良に用事が有ったので・・・
奈良県庁から・・・若草山を眺めて・・・
未だ黒く残っています・・・(*^。^*)
山焼きは1月27日に行われました・・・(*^。^*)
DSCN6196.jpg
若草山は芝に覆われている
この芝はノシバ(日本芝の一種)と呼ばれる日本固有のシバで
近畿では若草山付近が唯一の自生地とされる
ノシバの種は堅い殻に覆われており
シカがシバの葉と共に種を食べても
シカの歯と胃液による消化などから堅い殻が種を守る
ただ守るだけでなく
シカの胃に入ると
胃液と体温(40度程度)で殻は速やかに溶けて発芽できる状態になり
未消化の種は糞とともに山に散布されることにより
ノシバは発芽する・・・このサイクルを繰り返し
古来よりこの地で生息してきた
このため、若草山のシバの生育には自然状態ではシカの存在が不可欠である
また・・・ノシバの葉や茎は踏まれても問題ないが
土壌が人に踏み固められると、固い土が根の生育を著しく阻害するために、シバは枯れる(このため、仮にシバを薬品処理して発芽させても・・・土壌の管理ができなければ
芝の保護生育は望めない
近時・・・ノシバの保護の為
シバ地の拡大と保護が若草山を中心に
自治体やボランティアによって行われている

ノシバ(標準和名はシバ)山芝や地芝や砂芝とも呼ぶ
北海道北部以外の日本全土に分布・自生しており
平野や海岸によく見られる
アスファルトの隙間から生えている芝はこの芝であることが多い
飛行場や法面の植栽もこのノシバである
草丈10cm以上で
草幅は概ね4ミリメートル程度である
最大の特徴は葉の硬さであり
日本芝のなかではもっとも固い
座ったときに「ちくちく」すれば
ほぼノシバに間違いないとみてよい
5 - 6月に花茎を出し開花する
休眠は日本シバ中でもっとも早い10 - 11月である
この芝は・・・節間が粗く繁殖方向が直線的で伸びが速いために
緻密な芝になりにくい

芝の種類
中芝 - 葉幅3.6mm以上
大高麗芝 - 3.3〜3.6mm
高麗芝 - 2.7〜3.2mm
姫高麗芝 - 1.7〜2.5mm
エメラルドゾイシア - 2.1mm前後
朝鮮芝 - 1.2〜1.6mm

(http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%8A%9D)抜粋
 
若草山(わかくさやま)
奈良県奈良市の奈良公園の東端に位置する
標高342m・面積33haの山である
毎年1月に山焼きが行われる
東大寺と興福寺による領地争いを
双方立会いの上で焼き払って和解したのが発端ともいわれてきた
近年・・・その説は否定されることも多く定かでない。
冬季の恒例行事となっており
その写真は・・・奈良を代表する写真として紹介されることも少なくない
江戸時代以前からも行なわれていたらしいが
正式行事となったのは明治になってからで
夜間に行なわれるようになったのは明治後半からである
なお昭和戦前には紀元節(現建国記念の日)の2月11日に行われていたという
太平洋戦争後は・・・長らく1月15日の成人の日に行なわれていたが
ハッピーマンデー制度導入に伴い
2000年~2008年は成人の日(第2月曜日)の前日(日曜日)に変更になった
しかしそれでは日程がわかりにくく
以前より時期が早くなってススキやシバなどの枯れ方が不足して燃えにくい上
年によっては消防出初式の時期に近くなってしまい
(山焼きには多くの消防団員の手が必要となる
民間人である消防団員の大量動員は休日であることが必要)
1月の第3土曜日(最も早い場合は15日になる)への変更が計画された
ところが・・・花火の打上の時間帯が大学入試センター試験の英語ヒアリングと重なることで
大学関係者からの抗議を受けたため
もう一週間後ろにずらし2009年~2015年は1月の第4土曜日に実施されている
なお正式日が天候不順の場合は・・・翌週あたりに順延されている

(https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%8B%A5%E8%8D%89%E5%B1%B1)抜粋
 2018_02_15




今日は聖バレンタインデーです・・・♥♥♥
巷では・・・とても賑やかに・・・

バレンタインデーの由来
時代は3世紀
場所はローマ
時の皇帝により
若者は結婚を禁じられていました
兵隊となり・・・戦争に出向く彼らがただ国のために命を捧げられるように
愛する家族・・・守るべき家庭は戦場でで戦い抜く意志をゆるがすから
キリスト教徒のバレンタインはそんな若者たちを哀れに思い
密かに結婚させていました
皇帝はそんなバレンタインを許すはずもなく、バレンタインは処刑されたのです
このバレンタインの処刑された日が2月14日
時は流れ・・・200年後のローマ
2月14日には・・・独身の男女がくじ引きでつきあう人を決めるというお祭りが行われていました
風紀の乱れを懸念したキリスト教は
このお祭りを廃止し
キリスト教の殉教者を祀るお祭りにすることを定めます
そこで選ばれたのが・・・200年前・・・恋人達のために命を落としたかのバレンタインでした
それ以降キリスト教で2月14日は
恋人達がギフトやカードを贈り合う日として定着します
というのが一般的にいわれているバレンタインデーの由来でしたが
諸説あるようです
現在では15世紀頃に恋人の要素が付け足され
バレンタインが恋人の守護聖人になったとも
日本でバレンタインデーが本格的に広まるのは1970年代
1950年代に入ってから
製菓会社やデパートなどでいろいろと行われたキャンペーンや広告などによって
"女性から愛する男性へチョコレートを贈る日" として定着していきました
そして・・・現代・・・今年のあなたのバレンタインデーは?

聖バレンタインってどんな人?

バレンタインデーは・・・バレンタインという名前のキリスト教の聖人に由来しています

聖バレンタイン
聖バレンタインは
3世紀頃ローマに実在したキリスト教司祭かつ医師です
当時のローマ皇帝クラウディウス2世は
兵士が家族を恋しがって軍の志気が低下しないようにという強引な理由で
兵士たちの結婚を禁止していました
聖バレンタインは
結婚を望む兵士たちにこっそりと手を貸して密かに結婚式をとり行なっていましたが
これが皇帝の知るところとなり
さらに高まるキリスト教迫害の気運もあって
ついに269年(270年という説もある)2月14日に処刑されてしまいました
処刑される前に・・・女性に宛てた手紙に
"From Your Valentine" と書き残したと伝えられています
これ以外にも・・・イタリアのテルニという場所に同名の司祭がおり
この人物こそがバレンタインデーの起源だという説もあります
しかし・・・エピソードの内容が非常に似ていることから
本来同一人物だったが
伝えられていくうちに別々の人物のようになっていったのではないかともみられています

日本と西洋では、バレンタインデーはどう違う?
日本では・・・女性が男性にチョコレートをプレゼントするバレンタインデーですが
西洋では男女双方が想いをよせる人にカードを送り
チョコレート・花などの贈り物をする
もちろん義理チョコなどはありません

日本で最初にバレンタインデーの広告を出したのはモロゾフで
なんと戦前の1936年のこと
オーナーの知人でアメリカ人新聞記者が欧米のバレンタインの習慣を
紹介したのがきっかけだといわれています
その後デパートが "恋人に贈り物をする日" として宣伝したことはあったが
さほど定着しませんでした

戦後、日本のバレンタインデー再出発は
1958年(昭和33年)
メリーチョコレートの営業主任がヨーロッパの知人からバレンタインの話を聞き
東京・新宿の伊勢丹デパートで "バレンタインには
女性から男性へチョコレートを贈りましょう" というキャンペーンを行いました
このキャンペーンこそ、女性から男性へという日本独特のバレンタインの起源
メリーチョコレートによると
"女性から" とした理由は
デパートで買い物をするのは圧倒的に女性だったことと
当時の風潮を受けたものだといわれています
昭和33年前後の日本では
アメリカのウーマン・リブ運動の影響を受けて多くの女性誌が創刊されるなど
"女性ももっと意見を
恋愛においても女性がイニシアチブをとりましょう" という時代のムードがあったのです

その後、日本チョコレート・ココア協会が
2月14日を "チョコレートの日" と制定し
デパートなどの流通業界も加わって大々的にチョコレート商戦を繰り広げたため
1970年代後半から定着し始め・・・今日に至っています
チョコレートと恋愛、どういう関係があるの?
ヨーロッパのチョコレートの TV コマーシャルには
セクシーな男女がダンスをするといった
日本人から見るとちょっと面くらうようなアダルトムードいっぱいのものも多い

もとを辿れば16世紀・・・スペインのフェルナンド・コルテスがアステカ帝国(現在のメキシコ)から
カカオ豆を持ち帰り
それが恋の媚薬としてヨーロッパ上流階級に広まったことに起因しています
この歴史的背景のために
今でもチョコレートが恋愛と結びつけられているというわけです

迷信と思いきや
性的に興奮した際に脳内で分泌される物質が
カカオにもたくさん含まれていることがわかったという最近の研究もあります

ちなみに、チョコレートを歴史的にたどってみると:
もともとは・・・カカオ豆をすりつぶしたドロドロした液体だった(カカオ豆は、カカオの実の中にある種のこと
カカオの実は・・・20センチぐらいのラグビーボール状で
白てく甘い果肉があり
ひとつの実の中には30〜40粒の種がある)
健康効果の高さから
アステカ帝国では不老長寿のありがたい高価な薬とされ
王侯貴族が愛飲していたといわれています(植物学名はTeobroma Cacao:神さまの食物)

16世紀・・・カカオ豆を持ち帰ったスペインでも
最初は飲み物として上流階級に広まり
17世紀にはイタリア・オランダ・フランス・イギリスにも伝わった
飲むと体が温まるなどの理由から
健康飲料とも・・・恋の媚薬ともいわれ
当時のヨーロッパ人にとってチョコレートは
庶民の口には入ることのない高価で神秘的な飲み物であった

1828年には・・・オランダのヴァン・ホーテンがチョコレートを飲みやすくする技術を開発し
現在のココアができた
最初の固形チョコレートができたのは1840年頃で
現在のようなミルクチョコレートができたのは
1876年のこと(スイス人のダニエル・ピーターによる)
日本でチョコレートが初めて製造されたのは1877年(明治10年)頃
第二次世界大戦で一時生産が止まったものの
1950年(昭和25年)頃には再開された

(http://valentine.stylegraph.net/knowledge/roots.html)抜粋

近頃では・・・義理チョコが大流行・・・(@ ̄□ ̄@;)!!
義理チョコは・・・辞めたらどうかとの動きも・・・

 2018_02_14



朝目覚めると・・・銀世界・・・(@ ̄□ ̄@;)!!
DSCN1406.jpg
庭に積もった雪・・・(@ ̄□ ̄@;)!!
DSCN1402.jpg

DSCN1404.jpg
道路にも・・・(@ ̄□ ̄@;)!!
凍結しないように・・・

此処暫らくの寒波で・・・
 2018_02_12



DSCN1353.jpg

DSCN1372.jpg
孫娘の宮参り・・・
天気も良かったので・・・やれやれ・・・( ^ω^)

初宮参り(はつみやまいり)とは
赤ちゃんが無事に生誕1か月目を迎えたことを産土神に感謝して報告する行事である
初宮詣(はつみやもうで)とも
通常・・・単に宮参り(お宮参り)というと初宮参りのことを指す

一般的に男の子は生後31日や32日
女の子は32日や33日に行われるようであるが各地域で様々である
最近では主に生後1か月頃に行われていることが多い
京都においては・・・女の子が早くお嫁に行けるようにと
男の子よりも早い時期にお宮参りを済ませる風習がある

子供の「お宮参り」の時に
鍋墨(なべずみ)や紅などで
額に「×」・「犬」と書くことをこう呼ぶ
悪魔よけの印で・・・イヌの子は良く育つということに由来するとされ
全国的にでは無いが・・・地方によって行われる所がある
古文献によると・・・この「あやつこ(綾子)」は紅で書いたとある
だが紅は都の上流階級でのみ使われたことから
一般の庶民は「すみ」・それも「なべずみ」で書くのが決まりであったという
この「なべずみ」を額に付けることは、家の神としての荒神(こうじん)の庇護を受けていることの印であった。東北地方で、この印を書くことを「やすこ」を書くと言う
宮参りのみでなく・・・神事に参列する稚児(ちご)が同様の印を付ける例がある
「あやつこ(綾子)」を付けたものは
神の保護を受けたものであることを明示し
それに触れることを禁じたのであった
のちには子供の事故防止のおまじないとして汎用されている
柳田國男の『阿也都古考』によると・・・奈良時代の宮女には「あやつこ(綾子)」の
影響を受けたと思われる化粧の絵も認められ
また物品にもこの印を付けることもされていたらしい

(https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%88%9D%E5%AE%AE%E5%8F%82%E3%82%8A)抜粋

因みに・・・当家は男の子は・・・大
       女の子は・・・小
 食紅を使います

 2018_02_11




01  « 2018_02 »  03

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

可愛い時計・・・!!
今何時かな・・・??

季節の❀時計です
カーソルを動かして色々な花を楽しんで

検索フォーム




.