最高に綺麗に咲く・・・【椿】と・・・【山茶花】

Category: 日常の記録  

椿③ 白色椿
椿②
椿①
今最盛期に咲く・・・椿の花と・・・山茶花の花・・・❀❀❀

サザンカとの見分け方
ツバキ(狭義のツバキ・ヤブツバキ)とサザンカはよく似ているが
次のことに着目すると見分けることができる

(原種は見分けやすいが・・・園芸品種は多様性に富むので見分けにくい場合がある)
ツバキは花弁が個々に散るのではなく萼と雌しべだけを木に残して
丸ごと落ちるが(花弁がばらばらに散る園芸品種もある)・・・サザンカは花びらが個々に散る

ツバキは雄しべの花糸が下半分くらいくっついているが
サザンカは花糸がくっつかない

ツバキは・・・花は完全には平開しない(カップ状のことも多い)
サザンカは、ほとんど完全に平開する
ツバキの子房には毛がないが(ワビスケには子房に毛があるものもある)
サザンカ(カンツバキ・ハルサザンカを含む)の子房には毛がある
ツバキは葉柄に毛が生えない(ユキツバキの葉柄には毛がある)
サザンカは葉柄に毛が生える

(http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%84%E3%83%90%E3%82%AD)参照

馬の世界においても落馬を連想させるとして
競馬の競走馬や馬術競技馬の名前としては避けられる
特に競馬では・・・過去にはタマツバキの様な名馬もいるが
1969年の第36回東京優駿(日本ダービー)で
大本命視されたタカツバキが
スタート直後に落馬で競走中止するというアクシデントを起こして以降
ほとんど付けられることがなくなったとされている
武士はその首が落ちる様子に似ているというのを理由にツバキを嫌った
という話もあるがそれは幕末から明治時代以降の流言であり
江戸時代に忌み花とされた記述は見付からない
1600年代初頭には多数の園芸品種が流行
1681年には・・・世界で初めて椿園芸品種を解説した書物が当時の江戸で出版される

(http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%84%E3%83%90%E3%82%AD)参照

筆者の言葉
我が家に咲いているのは・・・山茶花です・・・❀❀❀
足元に花びらが散っています
枯れた花が・・・何時までも木にくっ付いています・・・

 2015_11_29


Comments


 管理者にだけ表示を許可する


10  « 2017_11 »  12

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

可愛い時計・・・!!
今何時かな・・・??

季節の❀時計です
カーソルを動かして色々な花を楽しんで

検索フォーム




.