奈良市にある【大和文華館】見学

Category: 日常の記録  

入口看板 文華館説明
大和文華館(やまとぶんかかん)
奈良県奈良市にある
東洋古美術を中心とする私立美術館である
1962年に第3回BCS賞を受賞
2005年にはDOCOMOMO JAPAN選定
日本におけるモダン・ムーブメントの建築に選ばれた

(https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E5%92%8C%E6%96%87%E8%8F%AF%E9%A4%A8)参照
文華館
文華ホール
明治42年に建築された
辰野金吾設計の奈良ホテルの
ラウンジを会館25周年記念事業の一つとして
移築修復して・・・ホールとして活用

文華館ホール入口
昭和21年(1946年)
近畿日本鉄道(近鉄)社長であった種田虎雄(おいたとらお)は
財団法人大和文華館を設立した
京都・奈良・伊勢という日本の文化の
中心地を結ぶ鉄道会社に相応しい
美術の殿堂を作ろうと考えた種田は
世界的な美術史学者・矢代幸雄を初代館長に任命し
その仕事を依頼した
館の運営から作品の選択・収集まで
すべては矢代に一任された
学者である矢代は
個人の好みによってではなく
質の高い作品を系統的に収集することに尽力した
そのため収蔵総数は約2000点と
美術館としては多いとは言いがたいが
収集した作品には国宝 4件・重要文化財 31件を含んでいる

(http://admin.blog.fc2.com/control.php?mode=editor&process=load&eno=769)抜粋
三春滝桜の説明 三春滝桜
三春滝桜
「三春滝桜」はエドヒガン系の紅枝垂れ桜
三春町の桜は樹齢が推定1000年以上で
樹高13.5m・幹周り8.1mという巨木
岐阜の淡墨桜・山梨の神代桜とともに
日本3大桜の1つといわれ
1922年には天然記念物に指定された
薄紅色の花が滝のように流れ落ちる様から
滝桜の名前が付いたようだ
その種子から育てられた苗木が
約31年前の1983年
三春町から遠く奈良の同文華館までやって来た

(http://blog.goo.ne.jp/kenken1948/e/c779cec009d1ede6e358248677b0dd2f)抜粋
展望台説明 ロビー
蛙股池
蛙股池
日本最古のダム建設地
学園前の街なかにあり
その岸辺に中野美術館や大和文華館があることで知られる蛙股池
水位に変動はあるものの
二つの美術館の間に広がり
両館からの眺め風景の一部としても親しまれている
堤長180m・堤高14m・受益面積38ha
「く」の字形に・・・大きく曲がった特徴的な形をしたため池である
日本建築で用いられる部材の一つ
「蛙股」と呼ばれる支柱のようにも見える
一見なんの変哲もないように見える蛙股池だが
実は知る人ぞ知る日本最古のダム
池がつくられたのは西暦100年頃とも
推古天皇の時代とも伝えられ
『日本書紀』には「倭国に高市池・藤原池・片岡池・菅原池をつくる」との記述があり
その後・・・菅原池が蛙股池と名を変えた
池の中央に綾女(あやめ)大橋がかかり
その西側には菖蒲池(あやめいけ)神社が鎮座している
この神社は・・・蛙股池の守護神として祀られている

(http://admin.blog.fc2.com/control.php?mode=editor&process=load&eno=769)抜粋

 2015_07_16


Comments


 管理者にだけ表示を許可する


06  « 2017_07 »  08

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

可愛い時計・・・!!
今何時かな・・・??

季節の❀時計です
カーソルを動かして色々な花を楽しんで

検索フォーム




.