【善光寺御開帳】参拝・・・NO1

Category: 日常の記録  

境内案内板 境内①
善光寺(ぜんこうじ)
長野県長野市元善町にある無宗派の単立寺院で
住職は「大勧進貫主」と「大本願上人」の両名が務める
日本最古と伝わる一光三尊阿弥陀如来を本尊とし
善光寺聖の勧進や出開帳などによって
江戸時代末には・・・「一生に一度は善光寺詣り」と言われるようになった

(http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%96%84%E5%85%89%E5%AF%BA)抜粋
境内②
山号は「定額山」(じょうがくさん)で
山内にある天台宗の「大勧進」と25院
浄土宗の「大本願」と14坊によって護持・運営されている
「大勧進」の住職は「貫主」と呼ばれ
天台宗の名刹から推挙された僧侶が務めている
「大本願」は・・・大寺院としては珍しい尼寺である
住職は「善光寺上人」と呼ばれ
門跡寺院ではないが代々公家出身者から住職を迎えている
2014年(平成26年)現在の「善光寺上人」(「大本願上人」)は
鷹司家出身の121世鷹司誓玉である

(http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%96%84%E5%85%89%E5%AF%BA)抜粋
回向柱①
回向柱
回向柱とは この巨大な柱は「卒塔婆」(そとば)の一種
卒塔婆とは・・・墓石の脇に立てる細長い板材の板塔婆を
指すことが多いようですが
もともとはお釈迦さまの遺骨(仏舎利)を納めた
土まんじゅう型の仏塔を表すことばでした

(http://amp8.com/ja1mdn/travel/zenkouji/kaikou.htm)参照
回向柱②
これに触れると極楽へ・・・
昨日は2時間ぐらい待ったとの事・・・
きょうは約30分ぐらいで・・・達成・・・
ラッキー・・・!!
御印文頂戴
御印文頂戴
御印文の直径は10センチほどで
牛王宝印(ごおうほういん)
牛王噞印(ごおうけんいん)
往生決定(おうじょうけつじょう)の三判があります
それぞれの印は・・・錦の布で厳重に包まれています
この御印文を額に押してもらうことで
極楽浄土が保証されると言われています
参拝者は行列を作って並び額に御印文を押してもらうのです

(http://zenkozi.com/highlight/mark.html)参照
約30分ぐらい待って・・・
額に押し当ててもらいました・・・
びんずる尊者「標識 びんずる尊者像
賓頭盧尊者像(びんずるそんじゃぞう)
賓頭盧尊者はお釈迦さまの正法を伝える
十六羅漢の一人で神通力(超能力)が
とても強い人だったと言われています
一方で・・・あまりに神通力をもてあそんだために
お釈迦様に叱責を受けたそうです
病人が自分の患部と同じところを撫でると
病気が治るという信仰があり
いつもたくさんの人が賓頭盧尊者像を触っています
そのため・・・撫仏(なでぼとけ)とも呼ばれています

(http://zenkozi.com/highlight/binzurusonja.html)抜粋
駒返り橋「標識」
駒返り橋
馬の穴
山門へ進む参道の入り口にある石橋は
建久八年(1197年)源頼朝が善光寺を参詣した時に
馬の蹄が穴に挟まってしまった為に
駒を返したという話から「駒返り橋」と呼ばれています
その馬蹄の凹みは現在も「駒返り橋」の左側に見ることができます

(http://www.zenkoji.jp/keidai_komagaeribashi)抜粋

善光寺編はもう少し続きます・・・
是非ご覧くださいね
・・・

なお
  • 享子のドライブ旅行にも掲載しております
      其方の方にも是非訪問しください


  •  2015_05_12


    Comments


     管理者にだけ表示を許可する


    10  « 2017_11 »  12

    SUN MON TUE WED THU FRI SAT
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 - -

    可愛い時計・・・!!
    今何時かな・・・??

    季節の❀時計です
    カーソルを動かして色々な花を楽しんで

    検索フォーム




    .