郡上八幡を訪れて・・・パート3【街並み・宗祇水】

Category: 日常の記録  

街並み①
八幡町(はちまんちょう)
岐阜県郡上郡にあった町である
2004年3月1日に郡上郡の7町村で合併し郡上市となる
一般に郡上八幡として知られている
古くから郡上郡の政治・商業などの中心地として栄え
郡上市となった今も市役所や県の出先機関がおかれており
郡上地域の中核を担う町である

街並み② 街並み④街並み⑦
街並み⑨
飛騨高地の南部に位置する
長良川が町域を北から南に貫流しており
市街地の標高はおよそ200メートルで
町の東西の山地から支流が流れ込む
集落は長良川とその支流沿いに形成されており
長良川と支流の吉田川の合流点付近が市街地である

街並み③ 街並み⑥
町域には南東に突き出た部分があり
小那比川の流域に属する

これも長良川水系ではあるが
合流地点は下流の関市にあり
八幡町内では分水嶺で他地域と隔てられている
また・・・鬼谷川及び貢間川は木曽川水系である

街並み⑧ 街並み⑩ 街並み⑤
郡上八幡は八幡藩(郡上藩)の城下町
として古くから栄えた
16世紀後半に遠藤盛数が八幡城を築城
その後稲葉氏
再び遠藤氏・井上氏・金森氏・青山氏の治世を経て
廃藩置県により郡上郡となった
昭和4年(1929年)には鉄道が開通(現越美南線 深戸-郡上八幡間が開業)

注釈はすべて
(http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%85%AB%E5%B9%A1%E7%94%BA_(%E5%B2%90%E9%98%9C%E7%9C%8C))より抜粋
宗祇水
宗祇水(そうぎすい)
岐阜県郡上市八幡町本町にある湧水である
白雲水(はくうんすい)とも言われ
1985年(昭和60年)宗祇水(白雲水)として
名水百選[1]第1号に指定されている
また・・・岐阜県指定の史跡にも指定されている
また郡上市の旧八幡町は人と自然が調和した
交流文化のまちとして水の郷百選に選定されていて
宗祇水は名水スポットの一つになっている

1471年(文明3年)篠脇城主東常縁が
宗祇に古今伝授を終え
宗祇が帰京する際にこの泉水で東常縁が宗祇に

もみじ葉の流るる竜田白雲の花のみよしの思ひ忘るな
の一首を・・・はなむけに詠ったと伝えられている

(http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AE%97%E7%A5%87%E6%B0%B4)抜粋
警告
郡上八幡 新橋 (夏の風物詩 この橋からDiving が行われる) 
橋の中央には郡上市の「警告」看板が付いてます 

筆者の私見
街並みは風情がありました・・・
でも人通りが無く・・・
とても寂しいと感じました・・・
寒い日でもあったので・・・



 2015_02_03


Comments


 管理者にだけ表示を許可する


10  « 2017_11 »  12

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

可愛い時計・・・!!
今何時かな・・・??

季節の❀時計です
カーソルを動かして色々な花を楽しんで

検索フォーム




.