奈良の若草山が見えます・・・(*^。^*)

Category: 日常の記録  

若草山②
奈良に行く用事の時に・・・
車から見た(若草山)です・・・

若草山(わかくさやま)
は奈良県奈良市
奈良公園の東端に位置する標高342m・面積33haの山

なだらかな山腹が芝に覆われており
奈良を代表する景観の一つである
山頂には古くから知られる前方後円墳(鶯塚古墳、全長103m)がある
山頂から見る奈良の夜景は
新日本三大夜景のひとつに認定されている
山頂にある鶯塚古墳から「鶯山」とも呼ばれる
また・・・菅笠のような形の山が三つ重なって見えることから
俗に「三笠山」とも呼ばれ
御蓋山と混同されてきた
さらには「かつて若草山の正式名称は三笠山だった」と言われることがあるが
これは俗説である
江戸時代に南都八景の一つとして 「三笠山雪」 が挙げられていたが
これは若草山の芝の上に積もる雪が真っ白に美しく見えることによる

(http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%8B%A5%E8%8D%89%E5%B1%B1)抜粋
若草山① 若草山③
毎年1月に山焼きが行われる
東大寺と興福寺による領地争いを
双方立会いの上で焼き払って和解したのが発端ともいわれてきた
近年・・・その説は否定されることも多く定かでない
冬季の恒例行事となっており
その写真は・・・奈良を代表する写真として紹介されることも少なくない
江戸時代以前からも行なわれていたらしいが
正式行事となったのは明治になってからで
夜間に行なわれるようになったのは明治後半からである

山焼きが1月15日であった頃には
小正月行事として若草山麓に奈良市内の家庭から
正月の注連飾りなどを持ち寄って「とんど」として燃やすことも行われていた
ハッピーマンデー以後は日程が合わないため
注連飾りの焚き上げについては春日大社が1月15日以降の土曜日に
「春日の大とんど」として飛火野に火炉を設置して実施してきた
第4土曜日に変更されて以後は
春日の大とんども山焼きと同じ日に実施されている

(http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%8B%A5%E8%8D%89%E5%B1%B1)抜粋

なお今年の山焼きは1月24日(土)に開催されます

Comments


 管理者にだけ表示を許可する


10  « 2017_11 »  12

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

可愛い時計・・・!!
今何時かな・・・??

季節の❀時計です
カーソルを動かして色々な花を楽しんで

検索フォーム




.