我が家の庭に寂しく残る花と木々

Category: 日常の記録  

桔梗の花② 桔梗の花①
庭の片隅に楚々と咲いていた・・・【スイセンの花】
スイセン属(スイセンぞく・学名: Narcissus)
ヒガンバナ科(クロンキスト体系ではユリ科)の属のひとつ
この属にはニホンズイセンやラッパズイセンなど
色や形の異なる種や品種が多くあるが
この属に含まれるものを総称してスイセンと呼んでいる
狭義には・・・学名 Narcissus tazetta や
その変種であるニホンズイセン(Narcissus tazetta var. chinensis)をスイセンということも多い

多年草で・・・冬から春にかけて白や黄の花を咲かせるものが多い
草丈は・・・品種・環境によるが・・・15 - 50cm程度である
茎は・・・黒い外皮に包まれた鱗茎の内部にある
そのため切断しない限り人の目に触れることはない
葉身は・・・若干厚みがあり扁平で細長く
つや消しのような表面をしている
葉の間からつぼみをつけた花茎が伸び
伸びきるとつぼみが横向きになり
成熟するとつぼみを覆っていた包を破って花が開く
典型的なスイセンの花の場合
雌蕊(しずい)は1本・雄蕊(ゆうずい)は6本
6枚に分かれた花びらと、中心に筒状の花びらを持つが
6枚に分かれている花びらのうち
外側3枚は萼(がく)であり
内側3枚のみが花弁である
二つをあわせて花被片(かひへん)と呼ぶ
一方・・・中心にある筒状の部分は副花冠(ふくかかん)という
花被片・副花冠の形状と花の着き方により・・・品種を区分する

(http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%82%A4%E3%82%BB%E3%83%B3%E5%B1%9E)抜粋
南天の実
南天の実です・・・大きくなりました・・・\(◎o◎)/!
ナンテン(南天・学名:Nandina domestica)
メギ科ナンテン属の常緑低木
和名の由来は
漢名の「南天燭」の略です
南天の花は・・・仲夏の季語
実は三冬の季語
高さは2m位
高いもので4~5mほど
幹の先端にだけ葉が集まって付く独特の姿をしている
葉は互生し・・・三回羽状複葉で
小葉は広披針形で先端が少し突きだし
革質で深い緑色・・・ややつやがある
先端の葉の間から
花序を上に伸ばし
初夏に白い花が咲き
晩秋から初冬にかけて赤色(まれに白色)の小球形の果実をつける

(http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8A%E3%83%B3%E3%83%86%E3%83%B3)抜粋
キウイの棚
キウイの棚です・・・実はすべて収穫済み・・・!!
葉っぱも・・・全て落ちました・・・
此処暫くの庭を見ると・・・
寂しい感じがします・・・
冬本番です・・・


●キウイは棚に絡ませるしかない
細い鉄柱はへし曲げることがある
●細い鉄柱は曲がる
足場用のパイプなら曲がらない
ただし・・・パイプ同士の留め方(クランプ)が弱いと
 キウイによって歪んで
 最悪倒壊することもある
 浸水防止キャップをすること
●棚は何年かすると
 キウイの幹も一緒に支えるようになるので・・・頑丈になる
●棚の高さは収穫・剪定作業を考えると1.8m

(http://sodatekata.net/flowers/page/1216.html)参照
 2014_12_23


Comments


 管理者にだけ表示を許可する


06  « 2017_07 »  08

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

可愛い時計・・・!!
今何時かな・・・??

季節の❀時計です
カーソルを動かして色々な花を楽しんで

検索フォーム




.