生駒山上へのケーブルに乗って

Category: 日常の記録  

ケーブルカー
ケーブルカーです・・・正面からパチリ・・・
生駒鋼索線(いこまこうさくせん)
奈良県生駒市の鳥居前駅から宝山寺駅を経て生駒山上駅までを結ぶ
近畿日本鉄道(近鉄)の鋼索鉄道(ケーブルカー)線
生駒ケーブルとも呼ばれる

鳥居前駅 - 宝山寺駅間の宝山寺線(ほうざんじせん)
宝山寺駅 - 生駒山上駅間の山上線(さんじょうせん)の2区間からなる
宝山寺線は日本最初の営業用ケーブルカー
生駒聖天と呼ばれている宝山寺への足であり
山上線は生駒山上にある遊園地「生駒山上遊園地」への足となっている

(http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%BF%91%E9%89%84%E7%94%9F%E9%A7%92%E9%8B%BC%E7%B4%A2%E7%B7%9A)抜粋
ケーブルの仕組み ケーブルの車輪
ケーブルカーとは
山岳の急斜面などを
鋼索(ケーブル)が繋がれた車両を巻上機等で巻き上げて運転する鉄道である
鋼索鉄道(こうさくてつどう)ともいう
また・・・近年では山岳地帯での使用にとどまらず
車両に動力を積まない為
推進効率に優れているので都市や空港等での輸送にも用いられる

(http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B1%E3%83%BC%E3%83%96%E3%83%AB%E3%82%AB%E3%83%BC)抜粋
宝山寺駅
宝山寺駅です
宝山寺線
2つのケーブルカーが並ぶ複線だが
運用上はそれぞれが分離された単線並列形態で
それぞれ宝山寺1号線・宝山寺2号線と呼ばれている
山上線は1つのケーブルカーからなる単線で2つの途中駅がある
通常は宝山寺1号線と山上線だけが運行され
正月などの多客期には宝山寺2号線も同時に運行されるほか
宝山寺1号線の点検時も宝山寺2号線が代わって運行される
通常・・・宝山寺1号線の点検は毎週木曜日に実施される
宝山寺線は沿線がマンションも建つなど住宅地化されているため
ケーブルカーとしては珍しく立派な通勤通学路線として機能している
住宅地を通過するために踏切も3箇所存在し
そのうち1箇所(鳥居前3号踏切)は自動車が通過可能である
また・・・山上線にも歩行者専用の踏切が2箇所存在する

(http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%BF%91%E9%89%84%E7%94%9F%E9%A7%92%E9%8B%BC%E7%B4%A2%E7%B7%9A)抜粋
神社
八大竜王神社
昔から雨乞いの神様として祀られ
日本各地に八大竜王に関しての神社や祠がある

梅屋敷駅 かすみが丘駅
山上までの停車駅です
山上駅
生駒山上駅です
生駒山上駅(いこまさんじょうえき)
奈良県生駒市奈畑町にある
近畿日本鉄道生駒鋼索線(山上線)の終着駅
頭端式2面1線でホームは階段状になっている
駅舎はホーム車止め寄りにあり
通常は宝山寺方面に向かって右側のホームのみを使用している(反対側のホームは普段は閉鎖されている)

(http://ja.wikipedia.org/wiki/生駒山上駅)抜粋
宝山寺③ 宝山寺② 宝山寺①
宝山寺駅周辺です・・・活気が無くなっています
宝山寺(ほうざんじ)は
奈良県生駒市門前町にある真言律宗大本山の寺院
生駒聖天(いこましょうてん)とも呼ばれる
山号は生駒山(いこまさん)
1678年に湛海律師によって開かれた
江戸時代には
宝山寺は商売の神として大阪商人の信仰を集めた
京都の皇室や江戸の徳川将軍家
郡山藩主柳沢家からの祈願もあり
聖天信仰の霊場として名高い
1918年には日本最初のケーブルカー
生駒鋼索鉄道(現、近鉄生駒鋼索線)が敷設されるほどだった
歓喜天を祭り、現在でも年間300万人の参拝客を集めるとされる
(宝山寺の歴史)
(http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AE%9D%E5%B1%B1%E5%AF%BA)抜粋
宝山寺から
覚めるような青空のもと・・・声を張り上げてみたいですね!!
ケーブル下り
山上から下りのケーブルカーより
一番前から眺めると・・・ちょっと怖いですよ
結構な勾配です



 2014_11_07


Comments


 管理者にだけ表示を許可する


08  « 2017_09 »  10

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

可愛い時計・・・!!
今何時かな・・・??

季節の❀時計です
カーソルを動かして色々な花を楽しんで

検索フォーム




.