春近し・・・??菜の花と・・・グミの新芽

Category: 日常の記録  

DSCN6191.jpg
春近し・・・
DSCN6192.jpg DSCN6190.jpg
菜の花です・・・
菜の花(なのはな・英語:rapeseed blossom)
アブラナまたはセイヨウアブラナの別名のほか
アブラナ科アブラナ属の花を指す
食用・観賞用・修景用に用いられる
季語・・・晩春
アブラナ属以外のアブラナ科の植物には白や紫の花を咲かせるものがあるが
これを指して「白い菜の花」「ダイコンの菜の花」ということもある

菜の花とは食用の花の意味である
在来種アブラナや
セイヨウアブラナの花序や若芽が利用され
最近はコウタイサイなど中国野菜由来の新品種も登場している
食用生産が多いのは香川県・高知県・千葉県・三重県など。
大別して・・・蕾の目立つ頭頂部をまとめたタイプと
掻き取った脇芽(蕾が無い)を袋詰めにしたタイプが主流となっており
前者は在来種アブラナ系
後者がセイヨウアブラナ系とされる
セイヨウアブラナは固く筋っぽくなりやすい反面
在来種より苦みが少なく甘みが強い特徴がある
野菜としては足が早いほうなので
保存する場合は加熱してから冷蔵するのが望ましい
ビタミンCやミネラルが豊富な緑黄色野菜であり
アク(シュウ酸)はホウレンソウの20分の1以下なので
調理にあたっては茹ですぎないことがポイント
2~3月だけ出回る旬を残す野菜だったが
近年は予冷技術により出荷時期が延びてきている
また・・・寒咲花菜のように初冬から出荷されるものもある

(http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%8F%9C%E3%81%AE%E8%8A%B1)抜粋
DSCN6193.jpg
グミの実の新芽・・・まだ少ししか出ていません・・・(*^。^*)
グミ(茱萸、胡頽子)はグミ科グミ属(学名:Elaeagnus)の植物の総称
果実は食用になる。
なお・・・グミは大和言葉であり
菓子のグミ(ドイツ語でゴムを意味する"Gummi"から)とは無関係である

グミはグミ科の植物で落葉樹と常緑樹があり
落葉樹は耐寒性がありますので日本全国で栽培が可能です
種類もびっくりグミ(ダイオウグミ)・夏グミ・秋グミ・寒グミなどがあります
グミの木はそんなに大木にならないので庭に植えるのにも適しています
また・・・鉢植えでも 苗木から3年ほどで実が成りますので
ベランダで鉢植えでも栽培できます

(http://www-kaju.hpmap.net/gumi/)抜粋

筆者の私見
菜の花はさっと茹でて・・・
酢味噌和えにして食べました・・・

春の訪れが其処まで・・・

 2017_01_20


Comments


 管理者にだけ表示を許可する


06  « 2017_07 »  08

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

可愛い時計・・・!!
今何時かな・・・??

季節の❀時計です
カーソルを動かして色々な花を楽しんで

検索フォーム




.