亀の瀬地すべり(かめのせじすべり)

Category: 日常の記録  

標識
亀の瀬地すべり(かめのせじすべり)とは
大阪府柏原市峠地区・雁多尾畑地区一帯で
過去に起こった地すべりのこと
特に1931年(昭和6年)から翌年にかけて起こった地すべりは
規模・被害が大きくなったことで知られる

亀の瀬④
柏原市峠地区の大半と雁多尾畑地区の一部(トメショ山から
清水谷地区あたり)では一帯古くからたびたび地すべりが起こっていた
明治以前に関しては記録は残っていないものの
過去の調査から4万年前より以前からあったと考えられている
明治以降では主に1903年(明治36年)・1931・1932年(昭和6・7年)
1967年(昭和42年)に発生している

(http://www.weblio.jp/wkpja/content/%E4%BA%80%E3%81%AE%E7%80%AC%E5%9C%B0%E3%81%99%E3%81%B9%E3%82%8A_%E4%BA%80%E3%81%AE%E7%80%AC%E5%9C%B0%E3%81%99%E3%81%B9%E3%82%8A%E3%81%AE%E6%A6%82%E8%A6%81)参照
亀の瀬① 亀の瀬②
亀の瀬③ 亀の瀬⑤
現在・・・地すべりを起こした斜面の崩落を防ぐために
対策事業を行っている

1959年(昭和34年)10月
地すべり防止区域に指定され
さらには1962年(昭和37年)に直轄施工区域に指定され
直轄工事が開始された
ひとたび地すべりが発生すると川がせき止められ
二次災害に繋がりかねないため
国土交通省近畿地方整備局 大和川河川事務所
管轄のもと・・・大規模な対策事業と監視活動がおこなわれている
内容としては・・・
峠地区を中心に6つの排水トンネル
26基の集水井および多数の排水口による
表面排水路・暗渠排水路が整備され
粘土層の含水量を抑制する対策が行われた
また・・・約300本にのぼる鋼管杭の設置などが行われ
地すべり滑動を抑制する対策が行われた
なお・・・対策地域内に「亀の瀬地すべり資料室」が設置され
亀の瀬地すべりに関する資料の展示
対策地域の設備の見学会等が行われ
啓蒙活動が行われている

(http://www.weblio.jp/wkpja/content/%E4%BA%80%E3%81%AE%E7%80%AC%E5%9C%B0%E3%81%99%E3%81%B9%E3%82%8A_%E4%BA%80%E3%81%AE%E7%80%AC%E5%9C%B0%E3%81%99%E3%81%B9%E3%82%8A%E3%81%AE%E6%A6%82%E8%A6%81)参照
亀の瀬橋標識
新亀の瀬橋
【亀の瀬峡谷】
大和川の流れは急で
国道25号線やJR関西線が 寄り添うように通っています
昔の人は・・・このあたりの流れを愛して
「亀の瀬川」 と名付けました
川の中の岩石が亀の遊ぶ姿に似ているところから
亀の瀬川といったのだと昔の本 に書かれているそうです
(かしわらの史跡上より)
亀ノ瀬トンネル(かめのせトンネル)は
かつて日本の国有鉄道(運営事業体は鉄道庁→鉄道省と数度変化)
関西本線の河内堅上駅 - 王寺駅(現在では三郷駅)間に存在した
全長下り線699m・上り線703.5mの鉄道トンネルである

(http://wpedia.goo.ne.jp/wiki/%E4%BA%80%E3%83%8E%E7%80%AC%E3%83%88%E3%83%B3%E3%83%8D%E3%83%AB)参照

筆者の私見
実家に車で行く時に必ず通る所です・・・
山が動くとも聞いています・・・
此処の工事は終わる事が無いみたいです・・・\(◎o◎)/!
もう何年続いているかな・・・??
これからも工事の・・・終わりはないとの事・・・!!

 2016_11_16


Comments


 管理者にだけ表示を許可する


06  « 2017_07 »  08

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

可愛い時計・・・!!
今何時かな・・・??

季節の❀時計です
カーソルを動かして色々な花を楽しんで

検索フォーム




.