転害門

Category: 日常の記録  

案内版
転害門案内
東大寺(華厳宗大本山)
転害門
国宝 天平宝字頃

転害門正面
転害門正面
境内西北
正倉院の西側にあり
三間一戸八脚門の形式をもつ堂々とした門
平重衡の兵火(1180年)
三好・松永の戦い(1567年)の2回の戦火にも焼け残った寺内で数少ない建物のひとつで
天平時代の東大寺の伽藍建築を想像できる唯一の遺構である
鎌倉時代の修理で改変されているが
基本的には奈良時代の建物である
なお・・・10月5日の転害会では
この基壇上において手向山八幡宮の祭礼が行われることになっている

転害門正面①
転害門正面
東大寺の転害門(てがいもん)は
1180年(治承4年)の平重衡の兵火
1567年(永禄10年)の松永久秀の兵火にも焼け残った貴重な建物で
天平時代の東大寺の伽藍建築を想像できる唯一の遺構(国宝)
転害門は・・・手貝門・手掻門・手蓋門などとも書かれた
 寺の西北にあるので「西北大門」
この門が佐保路(一条大路)の起点となっているので「佐保路門」とも呼ばれている

電線が無い②
写真右側は電線がありません・・・??
未だ完全に出来上がってませんが・・・多分地中に線が埋められている・・・??
景観は良いけど掛かる費用は半端でないと思います 

緑が一杯
奈良路は緑が一杯
朝晩随分寒くなって来ています・・・
此れから一気に・・・紅葉が進むでしょう・・・

 2016_10_17


Comments


 管理者にだけ表示を許可する


06  « 2017_07 »  08

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

可愛い時計・・・!!
今何時かな・・・??

季節の❀時計です
カーソルを動かして色々な花を楽しんで

検索フォーム




.