今日は・・・可憐な・・・花々・・・🌸🌸🌸

八重の朝顔
八重の朝顔です・・・
朝顔とハイビスカス
ハイビスカス & アサガオ
アサガオ(朝顔、学名: Ipomoea ni 英: Morning glory)
ヒルガオ科サツマイモ属の一年性植物
日本で最も発達した園芸植物
古典園芸植物のひとつでもある
中国語で牽牛(簡)
日本では「蕣」の漢字も当てられる

(https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%82%B5%E3%82%AC%E3%82%AA)参照
ハイビスカス
アオイ目アオイ科の下位分類たるフヨウ属 Hibiscusのこと
また・・・そこに含まれる植物の総称

(https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8F%E3%82%A4%E3%83%93%E3%82%B9%E3%82%AB%E3%82%B9)参照
大葉「シソの葉」
大葉・・・大きくなっています・・・\(◎o◎)/!
これからの季節・・・ちょっとした・・・付け合せに・・・
シソ(紫蘇、学名:Perilla frutescens var. crispa)
シソ科シソ属の植物
かつてはエゴマをこれと同属異種の植物(P. ocymoides)と分離したが
現在の遺伝子学研究で両者を同種「ペリラ・フルテスケンス(Perilla frutescens)」の変種とすることが確定している。
なお、シソには品種が多く、それらの総称を「広義のシソ」
基本品種である P. frutescens var. crispa f. crispa (チリメンジソ)や
代表的な品種であるアカジソ P. frutescens var. crispa f. purpurea を
「狭義のシソ」という場合がある

(https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B7%E3%82%BD)抜粋
可憐な花❀三昧
こんな写真も撮ってみました・・・
ちょっと編集にこって見ました・・・

今日は・・・花三昧の写真です・・・如何でしたか・・・??

高山を司った豪族の史跡

高山城跡
生駒市高山にあります・・・
高山を司った豪族の・・・\(◎o◎)/!
標高218m・・・比高差約40mの山城です・・・規模約110×100m(城は残っていません)
郭(くるわ)・土塁(るい)・土橋などが確認され・・・

山上に二股になった60m×70mの平場が主郭(しゅかく)として残っています・・・??
鷹山氏の居城と伝えられています・・・
高山城址一党墓所
高山を司った豪族の・・・\(◎o◎)/!
一族の墓所です・・・\(◎o◎)/!
標高218m・・・比高差約40mの山城です・・・規模約110×100m
城は残っていません)
郭(くるわ)・土塁(るい)・土橋などが確認され・・・
山上に二股になった60m×70mの平場が主郭(しゅかく)として残っています・・・??
鷹山氏の居城と伝えられています・・・

お城のデータ
所在地: 奈良県生駒市高山町庄田字城茶屋
遺 構: 曲輪、土塁、土橋
形 式: 山城 築城者: 高山氏
築城年代: 室町時代

高山城は・・・道路地図にも「高山城址」と記載されているにも関わらず
現地を訪れてみると・・・城の場所はおおよそ特定できるが
道標ひとつ立てられていない
登城口から約10分ほどで土塁を伴う小郭があり
この曲輪からから北に進むと貯水場のある曲輪
更にその北側に2つの曲輪があり
上の曲輪が主郭だ
主郭北面には高さ1m程の土塁が残っている
主郭から西南に残る土橋を渡った所にも曲輪があり
この曲輪には九頭竜神が祀られている
ここでやっと「高山城」の案内板を発見して
ここが高山城であることが確認できた

高山城は・・・室町時代に奈良興福寺一乗院方衆徒高山(鷹山)氏によって築かれた
この城の歴史はあまり詳しく伝わっていないが
城主高山氏は・・・応仁の乱から戦国時代には越智・古市氏に属している
天文13年・・・筒井氏の柳生城攻めには
筒井氏に従って参陣しているが
後の筒井城主筒井順慶と信貴山城主松永久秀の抗争では
松永氏に従っている

(http://www.asahi-net.or.jp/~qb2t-nkns/yamatotakayama.htm)参照

筆者の私見
  歴史を紐解く事は・・・とても楽しい事です・・・
  自分も・・・その時代に・・・立ち返って・・・??
  色々の事を・・・考える事が出来ますよね・・・
地元の事は余り知ろうと思わなかったですが・・・
知りかけると・・・とても面白いことが一杯・・・!!

時間があるとき・・・もっと知りたいと思いますね 

平群の【道の駅】

平群からの生駒山②
店舗駐車場から生駒山を・・・
朝早いので・・・うすぼんやりとしか・・・生駒山が見えていませんね
矢田丘陵の雲海
未だ・・・矢田丘陵に・・・雲海が架かっています・・・??
平群からの矢田丘陵②
暫くすると・・・晴れて来ました
平群からの矢田丘陵② 平群からの矢田丘陵① 平群からの生駒山①
何時もと違って・・・今日は平群方面から・・・パチリ

平群町(へぐりちょう)
奈良県西北部に位置する生駒郡の町
西は生駒山地・信貴山、東は矢田丘陵に囲まれた山間の小平野である
竜田川が南流して大和川に注ぐ
面積: 23.90 km² (9.228 平方マイル)
人口: 2.042 万 (2003)

(http://www.bing.com/search?q=%E5%B9%B3%E7%BE%A4&form=PRJPJA&pc=WLEM&pq=%E5%B9%B3%E7%BE%A4&sc=8-2&sp=-1&qs=n&sk=)参照

これから・・・暫くは・・・梅雨空かな・・・??
今年は・・・雨が降らなかったから・・・☔☔☔

金勝寺本堂と・・・鐘楼

金勝寺本堂です
金勝寺(本堂)
室町以前から有った古寺(真言宗大覚寺派) 万歳山 「 金勝寺 」です・・・
春日権現記に、正安3年(1301)に賊が入り・・・
神鏡などが盗まれたそうです。。。
その後見つかり・・・
金勝寺に移されたそうです。。。

金勝寺(鐘つき堂)
金勝寺にある・・・鐘つき堂です・・・
下から見上げて撮った写真ですので・・・
ちょっと不細工に・・・??
家の近くにこんな歴史に有名な処が有るのを・・・
再認識しました\(◎o◎)/!

鐘楼(しょうろう、しゅろう)とは
寺院内にあって梵鐘を吊し
時を告げる施設
鐘つき堂・鐘楼堂とも言う
「鐘楼」の語は・・・キリスト教の建物(教会堂、礼拝堂)において
同様の機能を果たす施設を指しても用いられる

(https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%90%98%E6%A5%BC)参照

金勝寺の歴史を紐解くには
  • 金勝寺で検索してください.・・・..

    暑い中の・・・歴史の勉強・・・楽しかったです・・・👀👀👀  
  • 金勝寺本堂と・・・磨崖仏(まがいぶつ)

    金勝寺(全景)
    金勝寺(きんしょうじ)(奈良県生駒群平群町椣原53) にある・・・
    行基が天平十八年(746)に聖武天皇の勅をうけ開基した。。。
    古刹 金勝寺磨崖仏 は・・・
    (町指定文化財、鎌倉時代後期~江戸時代前期) に指定・・・・・・されています!!
    本堂より奥の岩壁に14体の磨崖仏 ・・・があります・・・

    近鉄生駒線・元山上口駅の直ぐ手前
    竜田川の櫟原橋(いちはらばし)から上流を見ると
    切り立った岩が川中にあり・・・見事な渓谷です
    右上に国道168号線が見えます
    ここを通って金勝寺へ向かいます
    現在は上流から下流まで竜田川と呼ばれるが
    昔は上流から生駒川・平群川・竜田川と呼はれていて
    そのうちこの地の平群川だけ・・・岩場の渓谷になっているとのことです

    (http://blogs.yahoo.co.jp/teravist/29888672.html)参照

    縁起・歴史
    当山は竜田川に迫る薬師山の麗にあり
    当地には竜田川に住む龍神を祀る信仰が古くからありました
    寺伝によれば行基菩薩が天平18年(746年)
    聖武天皇の勅命を賜り・・・境内四丁四方・寺領七百石・金堂
    大講堂・阿弥陀堂・護摩堂・三重塔・食堂
    その他塔頭坊舎三十六ヶ坊等の一大伽藍が建立されたと伝わっております
    鎌倉時代は皇室領となり
    後白河法皇の荘園となった時期もありました
    永禄二年(1559年)・・・松永弾正久秀の焼き討ちに遭い
    ことごとくの建造物を焼失した
    筒井順慶・石田三成に仕えた戦国武将島左近一族の支援や信仰厚い村の人々の協力もあり
    本堂・阿弥陀堂・坊舎六ヶ坊等を復興しましたが
    文政年間に五ヶ坊が廃絶し・・・現在は真言院「桜の坊」のみが残っております

    (http://blogs.yahoo.co.jp/teravist/29888672.html)参照

    裏手の岩壁に残る磨崖仏(まがいぶつ)
    金勝寺「磨崖仏」
    行基菩薩の創建と伝えられる古寺です・・・
    本坊等は復元されています\(◎o◎)/!
    裏手の岩壁に残る磨崖仏(まがいぶつ)は。。。
    鎌倉~江戸時代初期のものです・・・
    歴史がありますね\(◎o◎)/!
    近くにあるので・・・
    案外と行きませんね・・・??

    磨崖仏(まがいぶつ)
    そそり立つ岩壁や岩壁を龕状に彫った内側に刻まれるなど
    自然の岩壁や露岩・あるいは転石に造立された仏像を指す
    切り出された石を素材に造立された石仏(独立石仏)は移動することが可能であるが
    磨崖仏は自然の岩壁などに造立されているため移動することができない
    日本の磨崖仏の造立開始時期は平安時代初期までさかのぼると言われ
    狛坂寺址の三尊磨崖仏(滋賀県栗東市)は最初期の事例とされている
    平安時代前期から後期に移行すると
    各地に多くの磨崖仏が盛んに造立されるようになり
    分布は九州地方・近畿地方・関東地方・北陸地方・東北地方に広がった
    中でも大分県には全国の磨崖仏の6~7割が集中していると言われる

    (https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A3%A8%E5%B4%96%E4%BB%8F}抜粋

    明日も続きます・・・👀👀👀

    是非ご訪問ください・・・

    道端に咲く草花に・・・蝶々がと・・・地域の地蔵さん

    あ!!蝶々が・・・!!
    道端にひっそりと咲く草花に・・・
    蝶々が停まって・・・
    瞬間の事でしたが・・・
    上手く撮れました・・・
    とても可愛いです!!

    お地蔵さん
    地域に一つある「お地蔵さん」です・・・
    散歩の時には・・・
    前を通ります・・・
    地域の皆の安全を祈願して・・・

    地蔵菩薩(じぞうぼさつ)
    仏教の信仰対象である菩薩の一尊
    サンスクリット語ではクシティ・ガルバ(क्षितिघर्भ [Kṣiti garbha])と言う
    クシティは「大地」・ガルバは「胎内」「子宮」の意味で
    意訳して「地蔵」としている
    また持地・妙憧・無辺心とも訳される
    三昧耶形は如意宝珠と幢幡(竿の先に吹き流しを付けた荘厳具)・錫杖・種子(種子字)はカ (ha)
    大地が全ての命を育む力を蔵するように
    苦悩の人々をその無限の大慈悲の心で包み込み
    救う所から名付けられたとされる
    日本における民間信仰では道祖神としての性格を持つと共に
    「子供の守り神」として信じられており
    よく子供が喜ぶ菓子が供えられている
    一般的に・・・親しみを込めて「お地蔵さん」・「お地蔵様」と呼ばれる
    (https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9C%B0%E8%94%B5%E8%8F%A9%E8%96%A9)抜粋


    近鉄奈良駅にある・・・👀👀👀【行基像】

    奈良駅前「行基像」
     近鉄奈良駅前の行基菩薩像が建っている広場です・・・
    新たな屋根の設置も終わり・・・待ち合わせのスポットなどとして利用されています・・・
     行基菩薩像は・・・
    もとは赤膚(あかはだ)焼製だったが今はブロンズ製となっています・・・
    43年前に建立され物・・・\(◎o◎)/!
    心ない人に壊され・・・
    平成7年にブロンズ像で復元されました・・・
    現在は・・・台座のみが赤膚焼です・・・
    噴水の水は涼を誘います・・・

    行基(ぎょうき/ぎょうぎ・天智天皇7年(668年) - 天平21年2月2日(749年2月23日)
    奈良時代の日本の僧・生年については・・・677年4月する説もある
    僧侶を国家機関と朝廷が定め仏教の民衆への布教活動を禁じた時代に
    禁を破り畿内(近畿)を中心に民衆や豪族など階層を問わず
    広く仏法の教えを説き人々より篤く崇敬された
    また・・・道場や寺院を多く建立しただけでなく
    溜池15窪・溝と堀9筋・架橋6所・困窮者のための
    布施屋9所等の設立など数々の社会事業を各地で成し遂げた
    朝廷からは度々弾圧や禁圧されたが
    民衆の圧倒的な支持を得てその力を結集して逆境を跳ね返した
    その後・・・大僧正(最高位である大僧正の位は行基が
    日本で最初)として聖武天皇により
    奈良の大仏(東大寺)造立の実質上の責任者として招聘された
    この功績により東大寺の「四聖」の一人に数えられている

    (https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%A1%8C%E5%9F%BA)抜粋

    庭に涼しげに咲く・・・👀👀👀【夏椿】

    夏椿
    涼しげに咲く夏椿(沙羅双樹)です・・・
    この花のフアンがご近所に居られます・・・
    梅雨の合間の心和むひと時です・・・

    ナツツバキ(夏椿、沙羅)
    学名:Stewartia pseudocamellia)は
    ツバキ科ナツツバキ属の落葉高木
    別名はシャラノキ(娑羅樹)
    仏教の聖樹
    フタバガキ科の娑羅樹(さらのき)に擬せられ
    この名がついたといわれる

    原産地は日本から朝鮮半島南部にかけてであり
    日本では宮城県以西の本州・四国・九州に自生し
    よく栽培もされる・・・樹高は10m程度になる
    樹皮は帯紅色でツルツルしており「サルスベリ」の別名もある(石川県など)
    葉は楕円形で・・・長さ10cm程度
    ツバキのように肉厚の光沢のある葉ではなく・・・秋には落葉する
    花期は6月~7月初旬である
    花の大きさは直径5cm程度で
    花びらは5枚で白く雄しべの花糸が黄色い
    朝に開花し・・・夕方には落花する一日花である

    (http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8A%E3%83%84%E3%83%84%E3%83%90%E3%82%AD)抜粋


    祇園精舎の鐘の声     諸行無常の響きあり
    沙羅双樹の花の色     盛者必衰の理をあらわす
    おごれる人も久しからず   ただ春の世の夢のごとし
    たけき者も遂には滅びぬ   偏に風の前の塵に同じ
    ✍✍✍

    筆者の私見
     この花を見ると・・・
      自分の心が静けさを取り入れて・・・
      本当に気が休まります・・・
      ご近所のフアンの方の気持ちが分かります・・・ 

    Walkingの時に・・・目に入った・・・👀👀👀・・・【苗床】

    苗床写真クリック ⇒ パノラマ写真に
    朝のウオーキングの途中・・・・・・に
    苗床の横を通りました・・・
    整然と苗が植えつけられて・・・・・・います\(◎o◎)/!
    今年のお米の出来は如何・・・??
    適当な雨・・・・・・
    又適当な日照り・・・
    必要ですね!!
    今年は未だ分からないけど・・・雨☔☔☔が少ない( *´艸`)

    育苗のための小区画の土地
    温床と冷床の2種類があり
    普通・・・日照豊富で排水がよく風当りの少いところが選ばれる
    苗床に播種するのは次の場合である
    (1)  種子が高価なためにそのむだをなくするとき
    (2)  発芽時には脆弱で特別の保護管理が必要なとき
    (3)  断根か・・・移植を必要とするとき
    (4)土地の集約利用が必要なとき
    (5) 促成栽培や早熟栽培をするとき

    (https://kotobank.jp/word/%E8%8B%97%E5%BA%8A-107520)参照

    わが街の乗降駅と・・・初夏の山

    萩の台駅 (2)
    我が街の乗降駅です・・・
    萩の台駅(はぎのだいえき)は
    奈良県生駒市萩の台にある
    近畿日本鉄道(近鉄)生駒線の駅

    生駒線(いこません)は
    奈良県北葛城郡王寺町の王寺駅から
    奈良県生駒市の生駒駅までを結ぶ近畿日本鉄道(近鉄)の鉄道路線

    萩の台駅
    島式1面2線のホームを持つ橋上駅
    王寺方複線・生駒方単線の行き違い可能駅である
    ホーム有効長は4両分
    駅入口は東西双方にあり
    地形の関係上東側の入口は住宅街と同じレベルにある
    改札口は1ヶ所のみ
    自動改札機は東芝製が設置されており
    赤い自動改札機(EG-2000)は出場時2枚一括処理・PiTaPa・ICOCAに対応する

    (http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%90%A9%E3%81%AE%E5%8F%B0%E9%A7%85)抜粋
    市役所屋上から生駒山
    駅から生駒山上を望む・・・
    座標::北緯34度40分42.43秒 東経135度40分44.29秒
    生駒山(いこまやま)は
    奈良県生駒市と大阪府東大阪市との県境にある
    標高642mの山
    生駒山地の主峰である

    日々草
    おまけは・・・日々草
    ニチニチソウ(日々草、学名: Catharanthus roseus)
    キョウチクトウ科ニチニチソウ属の一年草
    初夏から晩秋まで次々に花が咲くので・・・「日々草」という

    (http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8B%E3%83%81%E3%83%8B%E3%83%81%E3%82%BD%E3%82%A6)参照

    普段あまり電車に乗らないので・・・
    今日は・・・駅の風景をパチリ・・・!!
    生駒の山も綺麗に見えて・・・又パチリ・・・!!

    更に・・・更におまけは・・・日々草を・・・又・・・パチリ・・・!!
    GO TOP