DSCN6407.jpg
蝋梅の花がちらほら・・・
今年は少し遅い・・・??
DSCN6404.jpg
ロウバイ(蝋梅・蠟梅・臘梅・唐梅・Chimonanthus praecox)
ロウバイ科ロウバイ属の落葉低木
1月から2月にかけて黄色い花を付ける落葉広葉低木である
花の香りは強い
名前に梅がついているためバラ科サクラ属と誤解されやすいが・・・別属である
唐の国から来たこともあり唐梅とも呼ばれ
中国名も蝋梅であったことにちなむ
本草綱目によれば
花弁が蝋のような色であり
且つ臘月(ろうげつ・旧暦12月)に咲くからこの名がついた
花やつぼみから抽出した蝋梅油(ろうばいゆ)を薬として使用する

(http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AD%E3%82%A6%E3%83%90%E3%82%A4)抜粋
DSCN6412.jpg DSCN6410.jpg DSCN6409.jpg
DSCN6408.jpg
パンジーと葉牡丹

パンジー(学名:Viola X wittrockiana・シノニム:Viola tricolor hortensis)
スミレ科スミレ属の小型の園芸植物の一種

スミレもしくはサンシキスミレ(V. tricolor)から
分化したものと考えられ
サンシキスミレの亜種Viola tricolor hortensisとされることがある
しかし・・・園芸上用いられる変種は交雑と交配が進んだものであり
学名をViola X wittrockianaとしてあらわしている
「パンジー」という名前は
このパンジーの他にもこれに似ている
野生のスミレ属の花を指すときにも使われている
また・・・ヨーロッパではハーツィーズと呼ばれる事もある
また・・・ハエドクソウ科ミゾホオズキ属のパンジーモンキーフラワーのように
全く関係のない植物も花の形や花弁の模様が似ているため
パンジーと呼ばれることもある
小型のパンジーをビオラということもあるが
学名の「ビオラ」(ヴィオラ)はスミレ属のことである

(http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%91%E3%83%B3%E3%82%B8%E3%83%BC)抜粋

ハボタン(葉牡丹 Brassica oleracea var. acephala f. tricolor)
アブラナ科アブラナ属の多年草
園芸植物として鮮やかな葉を鑑賞するが
観葉植物より一年草の草花として扱われる事が多い
名前の由来は
葉を牡丹の花に見立てたもの。
耐寒性に優れ・・・冬の公園を彩るほか
門松の添え物にも利用されるが
暖地では色づかず・・・寒地では屋外越冬できない

様々に着色した葉が
サニーレタスのように同心円状に集積した形態のものを鑑賞する

(http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8F%E3%83%9C%E3%82%BF%E3%83%B3)抜粋

筆者の私見

 今年は例年より不順な気候・・・
花々もちょっと迷っています??・・・(@_@)
本格的な春・・・が待ちどおしいですね  
ほれ・・・もう其処まで(* ´艸`)クスクス
足音が聞こえてくる・・・(@ ̄□ ̄@;)!!
気分も最高・・・

 2017_02_28



雛人形 DSCN6093.jpg
雛人形を飾りました・・・
7段飾りです・・・
孫娘に見せようと思いましたが・・・
忙しいからと・・・今年はお祝いを取りやめです・・・
折角飾った人形ですが・・・3月3日にかたずけます・・・(@_@;)

雛祭り(ひなまつり)
女子のすこやかな成長を祈る節句の年中行事
ひいなあそびともいう
ひな人形(「男雛」と「女雛」を中心とする人形)を飾り
桃の花を飾って
白酒や寿司などの飲食を楽しむ節句祭り
雛あられや菱餅を供える

和暦(太陰太陽暦)の3月の節句(上巳)である
3月3日(現在の4月頃)に行われていたが
明治6年(1873年)1月1日の改暦以後は
一般的にグレゴリオ暦(新暦)の3月3日に行なう
しかし一部では引き続き旧暦3月3日に祝うか
新暦4月3日に祝う(東北・北陸など積雪・寒冷地に多い)
旧暦では桃の花が咲く季節になるため「桃の節句」となった

(http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9B%9B%E7%A5%AD%E3%82%8A)抜粋

筆者の私見
 この雛人形は娘が祖母からもらった物です
   大事にしないと・・・
   3月3日が終われば・・・直ぐかたずけます・・・
   ちょっと大変です・・・
   大事に扱わないと・・
・  
片づけは大変です・・・ 
虫が付かないように・・・ 
又・・・来年にも飾るためにも( ^ω^
でも考えると・・・毎年私一人で・・・飾って・・・片づけて・・・( ^ω^)・・・??
 2017_02_26



DSCN6829.jpg
奈良県産「淡雪(あわゆき)」
久しぶりの新品種 「 淡雪 」
この“淡雪”は・・・昨年・・・品種登録されたばかりの品種です\(◎o◎)/!
白いちごって流行ってます・・・??
かおりの強い品種なんでしょうか?
車の中が・・・苺のとても良い香がして来ました・・・
これは期待大!


とても良い香りがします・・・
高級感のある・・・果物に・・・期待が膨らんで・・・
近頃・・・苺の品種改良は・・・どんどん進んでいますね!!

因みにこの苺は・・・
道の駅「大和路へぐり」で購入
詳しくは
  • 道の駅「大和路へぐり」で検索
    今苺の品種は200を超えるとか


  •  2017_02_24



    DSCN6102.jpg
    庭のサツキが・・・・霜枯れ・・・??
    ガレージの上に咲いているので・・・❀❀❀
    寒さが直接に当たった・・・\(◎o◎)/!
    春に花を咲かせてくれるかな・・・??
    DSCN6104.jpg
    横を見ると・・・ドウザンツツジに新芽が・・・!!
    寒い冬でも・・・確実に季節は前に・・・
    ドウダンツツジ(灯台躑躅・満天星・学名Enkianthus perulatus)
    ツツジ科ドウダンツツジ属の植物
    「ドウダン」は・・・枝分かれしている様子が
    昔夜間の明かりに用いた灯台(結び灯台)の脚部と似通っており
    その「トウダイ」から転じたもの
    また・・・「満天星」の方は中国名に由来する
    落葉広葉樹
    低木で・・・大きくても3m程
    本州・四国・九州の温暖な岩山に生えるが
    自生地は少ない
    庭木や植え込みとしてはごく普通に植えられる
    寒冷地でも耐えるが
    関東以西の温暖な地に多く植えられる
    花期は・・・葉が出てから約1週間後(4月上旬~5月中旬頃
    地方によって違う)
    花序は散形花序である
    花は・・・白色、釣り鐘のような感じで
    5mm程の大きさ
    葉は・・・菱形に近く・・・大きさは通常約2cm
    大きなものは・・・約5cmになる
    ツツジ科の特徴として根が浅いので
    乾燥に弱い・・・新緑・花期・紅葉と・見時が多い
    紅葉は寒冷な地で
    10月中旬~11月上旬頃
    温暖な地で11月中旬から12月中旬頃であり・・・まっ赤に紅葉する
    ドウダンツツジの品種に葉が広いヒロハドウダンツツジがあるが
    自生地ではむしろヒロハドウダンツツジのタイプが多く
    同一場所に両者やその中間型が混在して見られるため
    厳密に区別する必要はないと思われる

    (http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%89%E3%82%A6%E3%83%80%E3%83%B3%E3%83%84%E3%83%84%E3%82%B8)抜粋

    何時までも木に引っ付いて落ちない・・??
    山茶花です・・・❁❁❁
    花はもう汚くなって来ています・・・
    庭の木々を見ていると・・・ 春はそこに・・・
    今年は・・・ことのほか寒い日が・・・
    体に堪える日が・・・多いようですね・・・
    (^_-)-☆
    春が早く来て欲しい・・・
    ゆびおり数えて・・・春よ・・・!!
    早く来て・・・(^^♪



    らほつ饅頭(白・茶)
    らほつ饅頭です・・・

    らほつとは・・・??
    らほつ」大仏様の頭の巻き髪のことで「螺髪」と表記します
    「螺髪(らほつ)」のシルエットをイメージし
    お饅頭に見立てた「らほつ饅頭」が誕生しました
    黒糖生地で餡を包み・・・米油で揚げたかりんとう饅頭です


    らほつ饅頭は・・・沖縄産の貴重な黒糖生地と
    北海道十勝小豆のこし餡でできています
    米油で揚げることで軽くてさっぱりとした風味に
    揚げてからすぐはまだ生地が柔らかく
    長時間冷ますことで・・・カリッとした食感が生まれます
    そのため・・・ご用意できるのは毎朝限定数量だけ
    揚げたてをお店にお届けしております
    日が経つと・・・生地が柔らかくなるのがわかります
    その場合は・・・オーブントースターで2~3分あたため
    少し冷ますとカリッとした食感が蘇ります

    (http://nara-shogaku.jp/naranoka/rahotsu/method.php)抜粋
    らほつ饅頭(白) らほつ饅頭(茶)

    筆者の私見
    奈良県平群町の道の駅で購入しました
      何時も品切れでしたが・・・今日は手に入りました
       前評判はとても美味しいとの事・・・??
       これから食べて見ます 
    近頃は…スーパーにも置かれています・・・


     2017_02_22



    />
    旬菜果「不知火」・・・

    シラヌヒ(不知火)
    ミカン科ミカン属の柑橘類のひとつ
    「清見」と「ポンカン」の交配により作られた品種である
    日本における2010年の収穫量は42,440 トンであり
    熊本県・愛媛県・和歌山県・広島県・佐賀県の5県
    全国の生産量の8割を占める

    なお・・・同じものが韓国の済州島へ渡って特産品となり
    漢拏峰(ハルラボン)という名前で生産されている

    (http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B7%E3%83%A9%E3%83%8C%E3%83%92)抜粋
    DSCN6456.jpg
    雛あられ

    雛霰(ひなあられとは
    桃の節句(3月3日)である雛祭りに
    供えられる節句菓子であり
    和菓子(あられ)の一種
    菓子に付けられる白色は雪・緑色は木々の芽・桃色は生命をあらわしている
    もち米の乾飯(炊くか蒸した後に十分乾燥させたもの)や
    豆を炒ったものに砂糖がけして甘味をつけている
    桃色・緑色などの色を付ける場合
    あられに着色するか・・・色付きの砂糖をあられにかける

    (http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9B%9B%E3%81%82%E3%82%89%E3%82%8C)抜粋

    筆者の私見
    《  近頃買い物に行くと・・・
       店頭に色々な目新しい物が・・・
       眼に付きますね 
       不知火は朝食のデザートに
       雛あられは孫へのお土産に  
     2017_02_17




    今日は聖バレンタインデーです・・・♥♥♥
    巷では・・・とても賑やかに・・・

    バレンタインデーの由来
    時代は3世紀
    場所はローマ
    時の皇帝により
    若者は結婚を禁じられていました
    兵隊となり・・・戦争に出向く彼らがただ国のために命を捧げられるように
    愛する家族・・・守るべき家庭は戦場でで戦い抜く意志をゆるがすから
    キリスト教徒のバレンタインはそんな若者たちを哀れに思い
    密かに結婚させていました
    皇帝はそんなバレンタインを許すはずもなく、バレンタインは処刑されたのです
    このバレンタインの処刑された日が2月14日
    時は流れ・・・200年後のローマ
    2月14日には・・・独身の男女がくじ引きでつきあう人を決めるというお祭りが行われていました
    風紀の乱れを懸念したキリスト教は
    このお祭りを廃止し
    キリスト教の殉教者を祀るお祭りにすることを定めます
    そこで選ばれたのが・・・200年前・・・恋人達のために命を落としたかのバレンタインでした
    それ以降キリスト教で2月14日は
    恋人達がギフトやカードを贈り合う日として定着します
    というのが一般的にいわれているバレンタインデーの由来でしたが
    諸説あるようです
    現在では15世紀頃に恋人の要素が付け足され
    バレンタインが恋人の守護聖人になったとも
    日本でバレンタインデーが本格的に広まるのは1970年代
    1950年代に入ってから
    製菓会社やデパートなどでいろいろと行われたキャンペーンや広告などによって
    "女性から愛する男性へチョコレートを贈る日" として定着していきました
    そして・・・現代・・・今年のあなたのバレンタインデーは?

    聖バレンタインってどんな人?

    バレンタインデーは・・・バレンタインという名前のキリスト教の聖人に由来しています

    聖バレンタイン
    聖バレンタインは
    3世紀頃ローマに実在したキリスト教司祭かつ医師です
    当時のローマ皇帝クラウディウス2世は
    兵士が家族を恋しがって軍の志気が低下しないようにという強引な理由で
    兵士たちの結婚を禁止していました
    聖バレンタインは
    結婚を望む兵士たちにこっそりと手を貸して密かに結婚式をとり行なっていましたが
    これが皇帝の知るところとなり
    さらに高まるキリスト教迫害の気運もあって
    ついに269年(270年という説もある)2月14日に処刑されてしまいました
    処刑される前に・・・女性に宛てた手紙に
    "From Your Valentine" と書き残したと伝えられています
    これ以外にも・・・イタリアのテルニという場所に同名の司祭がおり
    この人物こそがバレンタインデーの起源だという説もあります
    しかし・・・エピソードの内容が非常に似ていることから
    本来同一人物だったが
    伝えられていくうちに別々の人物のようになっていったのではないかともみられています

    日本と西洋では、バレンタインデーはどう違う?
    日本では・・・女性が男性にチョコレートをプレゼントするバレンタインデーですが
    西洋では男女双方が想いをよせる人にカードを送り
    チョコレート・花などの贈り物をする
    もちろん義理チョコなどはありません

    日本で最初にバレンタインデーの広告を出したのはモロゾフで
    なんと戦前の1936年のこと
    オーナーの知人でアメリカ人新聞記者が欧米のバレンタインの習慣を
    紹介したのがきっかけだといわれています
    その後デパートが "恋人に贈り物をする日" として宣伝したことはあったが
    さほど定着しませんでした

    戦後、日本のバレンタインデー再出発は
    1958年(昭和33年)
    メリーチョコレートの営業主任がヨーロッパの知人からバレンタインの話を聞き
    東京・新宿の伊勢丹デパートで "バレンタインには
    女性から男性へチョコレートを贈りましょう" というキャンペーンを行いました
    このキャンペーンこそ、女性から男性へという日本独特のバレンタインの起源
    メリーチョコレートによると
    "女性から" とした理由は
    デパートで買い物をするのは圧倒的に女性だったことと
    当時の風潮を受けたものだといわれています
    昭和33年前後の日本では
    アメリカのウーマン・リブ運動の影響を受けて多くの女性誌が創刊されるなど
    "女性ももっと意見を
    恋愛においても女性がイニシアチブをとりましょう" という時代のムードがあったのです

    その後、日本チョコレート・ココア協会が
    2月14日を "チョコレートの日" と制定し
    デパートなどの流通業界も加わって大々的にチョコレート商戦を繰り広げたため
    1970年代後半から定着し始め・・・今日に至っています
    チョコレートと恋愛、どういう関係があるの?
    ヨーロッパのチョコレートの TV コマーシャルには
    セクシーな男女がダンスをするといった
    日本人から見るとちょっと面くらうようなアダルトムードいっぱいのものも多い

    もとを辿れば16世紀・・・スペインのフェルナンド・コルテスがアステカ帝国(現在のメキシコ)から
    カカオ豆を持ち帰り
    それが恋の媚薬としてヨーロッパ上流階級に広まったことに起因しています
    この歴史的背景のために
    今でもチョコレートが恋愛と結びつけられているというわけです

    迷信と思いきや
    性的に興奮した際に脳内で分泌される物質が
    カカオにもたくさん含まれていることがわかったという最近の研究もあります

    ちなみに、チョコレートを歴史的にたどってみると:
    もともとは・・・カカオ豆をすりつぶしたドロドロした液体だった(カカオ豆は、カカオの実の中にある種のこと
    カカオの実は・・・20センチぐらいのラグビーボール状で
    白てく甘い果肉があり
    ひとつの実の中には30〜40粒の種がある)
    健康効果の高さから
    アステカ帝国では不老長寿のありがたい高価な薬とされ
    王侯貴族が愛飲していたといわれています(植物学名はTeobroma Cacao:神さまの食物)

    16世紀・・・カカオ豆を持ち帰ったスペインでも
    最初は飲み物として上流階級に広まり
    17世紀にはイタリア・オランダ・フランス・イギリスにも伝わった
    飲むと体が温まるなどの理由から
    健康飲料とも・・・恋の媚薬ともいわれ
    当時のヨーロッパ人にとってチョコレートは
    庶民の口には入ることのない高価で神秘的な飲み物であった

    1828年には・・・オランダのヴァン・ホーテンがチョコレートを飲みやすくする技術を開発し
    現在のココアができた
    最初の固形チョコレートができたのは1840年頃で
    現在のようなミルクチョコレートができたのは
    1876年のこと(スイス人のダニエル・ピーターによる)
    日本でチョコレートが初めて製造されたのは1877年(明治10年)頃
    第二次世界大戦で一時生産が止まったものの
    1950年(昭和25年)頃には再開された

    (http://valentine.stylegraph.net/knowledge/roots.html)抜粋


     2017_02_14



    DSCN6027.jpg
    道の駅【大和路へぐり】                      菊の花の栽培が日本一です
    DSCN6030.jpg
    DSCN6031.jpg
    外景です
    DSCN6038.jpg DSCN6039.jpg
    DSCN6035.jpg
    道の駅大和路へぐり(みちのえき やまとじへぐり)
    奈良県生駒郡平群町平等寺の国道168号平群バイパス沿いにある道の駅

    地場産業が盛んです・・・(@_@)
    DSCN6032.jpg
    DSCN6037.jpg
    展示コーナー(情報コーナー、観光案内)
    産地形成促進コーナー(とれたて市(青空市)
    特産品コーナー(売店))(9:00 - 18:00・・・不定休)
    地域食材供給室(レストラン『 hanana (ハナナ) 』)(9:00 - 18:00・年末年始のみ休み)

    道の駅大和路へぐりは平群町で6位(7件中)の観光名所です
    今日は雪・・・寒い・・・寒い・・・

     2017_02_09



    標識
    私の街での住民運動の幟です・・・

    地域の大人はもとより子ども同士が
    率先して出会った人に挨拶する運動
    生駒南小地区・生駒南第二小地区両校区は
    「あいさつタウン・南」として組織し
    自治会・民生児童委員・老人会が中心に活動
    挨拶とは人からしてもらうものではない
    「道で出会う人には自分が先に挨拶して行こう」とする運動です
    地域の繋がりを育み
    豊かな人間関係と住みよい生活環境を築き
    人権・防犯という意味からも・・・「あいさつ運動」は豊かな街づくりの一歩

    (http://www5.kcn.ne.jp/~k-kohr/aisatu/yuzk.html)参照

    挨拶(あいさつ・儐とも書く)
    新たに顔を合わせた際や別れ際に行われる
    礼儀として行われる定型的な言葉や動作のことを指す

    また・・・式典などで儀礼的に述べる言葉をいうこともある

    (http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%8C%A8%E6%8B%B6)参照
    一日の始まりは・・・
    挨拶から・・・

     2017_02_07



    DSCN6311.jpg
    花芽がついて来た「ハナミズキ」です・・・❀❀❀
    でも花芽が付いて来ている庭の木々・・・
    これを見る限り・・・季節は前に・・・
    ちょっと近頃は・・・手入れを怠っていますが・・・
    ハナミズキ(花水木、学名: Cornus florida)
    ミズキ科ミズキ属ヤマボウシ亜属の落葉高木
    別名・・・アメリカヤマボウシ
    ハナミズキの名は
    ミズキの仲間で花が目立つことに由来する
    また・・・アメリカヤマボウシの名は
    アメリカ原産で日本の近縁種のヤマボウシに似ていることから

    樹皮は灰黒色
    葉は楕円形となっている
    秋には紅葉する
    花期は4月下旬から5月上旬で
    白色や薄いピンク色の花をつける
    但し・・・花弁のように見えるのは総苞で
    中心の塊が花序である
    実際の花は・・・4弁の直径5mm程度の目立たない花が集合して
    順次開花する
    秋につける果実は複合果で・・・赤い

    (http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8F%E3%83%8A%E3%83%9F%E3%82%BA%E3%82%AD)抜粋

    今年は寒い・・・寒い・・・
    でも・・・しっかりと季節は前に・・・
    春は…直ぐそこ・・・!!

     2017_02_05




    01  « 2017_02 »  03

    SUN MON TUE WED THU FRI SAT
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 - - - -

    可愛い時計・・・!!
    今何時かな・・・??

    季節の❀時計です
    カーソルを動かして色々な花を楽しんで

    検索フォーム




    .