電線②
電線に鳥が止まるのを防ぎます・・・
糞をして丁度下にある民家が・・・被害を受けるのです・・・
鳥が止まる電線にも電気が流れていますが
鳥の右足と左足の場所の電圧には
ほとんど高低差ができません
そのため・・・鳥の体 ...・春になって電柱にカラスが巣をつくると
停電事故の原因になるため
巣づくりを防ぐ装置を設置したり
鉄塔(てっとう)をパトロールしています
人間が釣りざおなどを送電線に近づけたりすると
電線と地上のあいだに電圧差ができて電気が流れ
感電してしまいます

(http://www.tohoku-epco.co.jp/kids/naruhodo/06aki10.html)抜粋
電線①
痛そうですね・・・
これでは鳥が羽を・・・休める事は出来ませんね

 2017_01_30




実家の墓参りの時に・・・
ずっと気になっている・・・高圧線です

電線路(でんせんろ)
電力を運ぶための電線およびその支持物・付帯設備を含む電力設備である
また・・・電線路を形成する電線のうち
送電網におけるものは送電線(そうでんせん)
配電網におけるものは配電線(はいでんせん)と呼んで区別されている

DSCN6154.jpg
DSCN6156.jpg
高圧線下の影響
送電線の多くは
他者の所有地の上を通る
その場合・・・一般に「線下補償料」と呼ばれる
土地使用料にあたる料金が支払われることになる
その一方で高圧線下の地価は
美観などの理由から
周辺の地価より低くなることもある
近年では・・・高圧線が発する低周波の電磁波を
浴びることによる健康被害が
WHOなどで注目されている

スウェーデン等では2~3mGを目安に
それを超える高圧線の鉄塔を住宅や幼稚園などの
近辺に建設しないように規制している
他にも・・・高圧線の出す電磁波により
放送電波に影響がでることがある

(http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9B%BB%E7%B7%9A%E8%B7%AF)抜粋

筆者の私見
子供の頃から沢山の電線が通っている・・・
今になって色々の障害が出て来る事が理解できます 
近所の人たちはどんな考えかな・・・??
黙って居られるだけ・・・??
今更これだけの電線はどうにも出来ないのかな・・・
ちょっと考えてしまいます・・・ 

 2017_01_29



DSCN6289.jpg
知り合いに【川中島の戦い】の大凧を頂く・・・ 
取りあえず・・・床の間に置きます・・・♥♥♥

中島の戦い(かわなかじまのたたかい)
日本の戦国時代に
甲斐国(現在の山梨県)の戦国大名である武田信玄(武田晴信)と
越後国(現在の新潟県)の戦国大名である上杉謙信(長尾景虎)との間で
北信濃の支配権を巡って行われた数次の戦いをいう
最大の激戦となった第四次の戦いが千曲川と犀川が合流する
三角状の平坦地である川中島(現在の長野県長野市南郊)を中心に行われたことから
その他の場所で行われた戦いも総称として川中島の戦いと呼ばれる

(http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B7%9D%E4%B8%AD%E5%B3%B6%E3%81%AE%E6%88%A6%E3%81%84)抜粋

川中島の戦いの主な戦闘は
計5回・・・12年余りに及ぶ
実際に「川中島」で戦闘が行われたのは
第二次の犀川の戦いと第四次のみであり
一般に「川中島の戦い」と言った場合
最大の激戦であった第4次合戦(永禄4年9月9日(1561年10月17日)から10日(18日))を指すことが多く
一連の戦いを甲越対決として区別する概念もある(柴辻俊六による)
1.第一次合戦:天文22年(1553年)
2.第二次合戦:天文24年(1555年)
3.第三次合戦:弘治3年(1557年)
4.第四次合戦:永禄4年(1561年)
5.第五次合戦:永禄7年(1564年)

戦いは・・・杉氏側が北信濃の与力豪族領の奪回を
武田氏側が北信濃の攻略を目的とした
武田氏の支配地は着実に北上している
なお、上記の「五回説」が現在では一般的であるが
異説も存在する
特に明治期には田中義成が軍記物の信憑性を否定し
上記第二次と第四次のみを確実とする「二回説」を提唱した。
929年には渡辺世祐がはじめて五戦説を提唱し
戦後には小林計一郎以来この五回説が支持されている
二回説は直接両軍が交戦した二回までは記録が残っているが
他の戦いは交戦を避けたりしている場合が多いため
1932年の北村建信ら「二回説」を主張する研究者の理屈にも
一定の説得力があるといえるが・・・一般的とは言いがたい
(https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B7%9D%E4%B8%AD%E5%B3%B6%E3%81%AE%E6%88%A6%E3%81%84)抜粋

歴史に興味を持つことは・・・
とても楽しい事です

楽しく思える内に・・・
もっと学習したいと思っています・・・
今年の目標かな・・・??


 2017_01_26



DSCN6195.jpg
奈良に用事が有ったので・・・
奈良県庁から・・・若草山を眺めて・・・
未だ黒く残っています・・・(*^。^*)
山焼きは1月24日に行われました・・・(*^。^*)
DSCN6196.jpg
若草山は芝に覆われている
この芝はノシバ(日本芝の一種)と呼ばれる日本固有のシバで
近畿では若草山付近が唯一の自生地とされる
ノシバの種は堅い殻に覆われており
シカがシバの葉と共に種を食べても
シカの歯と胃液による消化などから堅い殻が種を守る
ただ守るだけでなく
シカの胃に入ると
胃液と体温(40度程度)で殻は速やかに溶けて発芽できる状態になり
未消化の種は糞とともに山に散布されることにより
ノシバは発芽する・・・このサイクルを繰り返し
古来よりこの地で生息してきた
このため、若草山のシバの生育には自然状態ではシカの存在が不可欠である
また・・・ノシバの葉や茎は踏まれても問題ないが
土壌が人に踏み固められると、固い土が根の生育を著しく阻害するために、シバは枯れる(このため、仮にシバを薬品処理して発芽させても・・・土壌の管理ができなければ
芝の保護生育は望めない
近時・・・ノシバの保護の為
シバ地の拡大と保護が若草山を中心に
自治体やボランティアによって行われている

ノシバ(標準和名はシバ)山芝や地芝や砂芝とも呼ぶ
北海道北部以外の日本全土に分布・自生しており
平野や海岸によく見られる
アスファルトの隙間から生えている芝はこの芝であることが多い
飛行場や法面の植栽もこのノシバである
草丈10cm以上で
草幅は概ね4ミリメートル程度である
最大の特徴は葉の硬さであり
日本芝のなかではもっとも固い
座ったときに「ちくちく」すれば
ほぼノシバに間違いないとみてよい
5 - 6月に花茎を出し開花する
休眠は日本シバ中でもっとも早い10 - 11月である
この芝は・・・節間が粗く繁殖方向が直線的で伸びが速いために
緻密な芝になりにくい

芝の種類
中芝 - 葉幅3.6mm以上
大高麗芝 - 3.3〜3.6mm
高麗芝 - 2.7〜3.2mm
姫高麗芝 - 1.7〜2.5mm
エメラルドゾイシア - 2.1mm前後
朝鮮芝 - 1.2〜1.6mm

(http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%8A%9D)抜粋

 2017_01_25



DSCN6191.jpg
春近し・・・
DSCN6192.jpg DSCN6190.jpg
菜の花です・・・
菜の花(なのはな・英語:rapeseed blossom)
アブラナまたはセイヨウアブラナの別名のほか
アブラナ科アブラナ属の花を指す
食用・観賞用・修景用に用いられる
季語・・・晩春
アブラナ属以外のアブラナ科の植物には白や紫の花を咲かせるものがあるが
これを指して「白い菜の花」「ダイコンの菜の花」ということもある

菜の花とは食用の花の意味である
在来種アブラナや
セイヨウアブラナの花序や若芽が利用され
最近はコウタイサイなど中国野菜由来の新品種も登場している
食用生産が多いのは香川県・高知県・千葉県・三重県など。
大別して・・・蕾の目立つ頭頂部をまとめたタイプと
掻き取った脇芽(蕾が無い)を袋詰めにしたタイプが主流となっており
前者は在来種アブラナ系
後者がセイヨウアブラナ系とされる
セイヨウアブラナは固く筋っぽくなりやすい反面
在来種より苦みが少なく甘みが強い特徴がある
野菜としては足が早いほうなので
保存する場合は加熱してから冷蔵するのが望ましい
ビタミンCやミネラルが豊富な緑黄色野菜であり
アク(シュウ酸)はホウレンソウの20分の1以下なので
調理にあたっては茹ですぎないことがポイント
2~3月だけ出回る旬を残す野菜だったが
近年は予冷技術により出荷時期が延びてきている
また・・・寒咲花菜のように初冬から出荷されるものもある

(http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%8F%9C%E3%81%AE%E8%8A%B1)抜粋
DSCN6193.jpg
グミの実の新芽・・・まだ少ししか出ていません・・・(*^。^*)
グミ(茱萸、胡頽子)はグミ科グミ属(学名:Elaeagnus)の植物の総称
果実は食用になる。
なお・・・グミは大和言葉であり
菓子のグミ(ドイツ語でゴムを意味する"Gummi"から)とは無関係である

グミはグミ科の植物で落葉樹と常緑樹があり
落葉樹は耐寒性がありますので日本全国で栽培が可能です
種類もびっくりグミ(ダイオウグミ)・夏グミ・秋グミ・寒グミなどがあります
グミの木はそんなに大木にならないので庭に植えるのにも適しています
また・・・鉢植えでも 苗木から3年ほどで実が成りますので
ベランダで鉢植えでも栽培できます

(http://www-kaju.hpmap.net/gumi/)抜粋

筆者の私見
菜の花はさっと茹でて・・・
酢味噌和えにして食べました・・・

春の訪れが其処まで・・・

 2017_01_20



DSCN6200.jpg DSCN6213.jpg
入口です・・・
依水園(いすいえん)
奈良県奈良市にある池泉回遊式庭園(日本庭園)
国の名勝に指定されている

DSCN6214.jpg
DSCN6205.jpg
前園と後園の二つに分かれており
それぞれが異なった景観を見せる
前園は寛文12年(1673年)に晒職人であった清須美道清の作庭で

茶室「三秀亭」がシンボル
後園は明治時代に実業家関藤次郎が築いた築山式の池泉回遊式庭園で
作庭は裏千家十二世又妙斎宗室による
寧楽の都をモチーフとし・・・若草山や東大寺南大門などを借景とする
いずれも大和川支流吉城川(よしきがわ)の水を引いている
海運業で財を成した中村家が1939年に買い取り
前園と後園を合わせた形に整備した
1969年には・・・中村家所蔵の美術品を展示するため
寧楽美術館を建設して一般公開している

(http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BE%9D%E6%B0%B4%E5%9C%92)抜粋

DSCN6207.jpg
名の由来は諸説あり
池が吉城川の水に依っているためという説や
然庭園内の池が草書体の水の形をしていることに由来するという説
杜甫の「名園緑碌水」の句に由来するなどの説があるが
はっきりしたことは分かっていない

(http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BE%9D%E6%B0%B4%E5%9C%92)抜粋
DSCN6209.jpg DSCN6206.jpg
借景がすばらしく
遠くには若草山
春日山・御蓋山(みかさやま)が
すぐ手前には東大寺南大門が見えます
晴れた日は池に南大門の屋根と空が写りこみ奥行きを感じさせます
ここは街中にあるにもかかわらず
近代に作られた他の建物や電柱など
全く見えないのがすごいです

(http://www.kasugano.com/kankou/spring/isuien.html)抜粋

筆者の私見
依水園(いすいえん)は奈良県庁のすぐ東にあるのですが
少しわかりずらい場所にある為に知らない人も多いのではないでしょうか・・・
??
 2017_01_17



表通り①
奈良(高円山)付近の公園付近です・・・
奈良奥山ドライブウェイ(ならおくやまドライブウェイ)
奈良交通グループの新若草山自動車道(しんわかくさやまじとうしゃどう)が経営する
奈良県奈良市内にある一般自動車道である
1955年10月22日供用開始
1960年11月全通
若草山側は新若草山自動車道・高円山側は高円山ドライブウェイとも呼ばれる
なお・・・高円山ドライブウェイ部分はかつては万葉ドライブウェイと呼ばれていた時期もあった
また・・・若草山山頂に近い「鎌研交番所」(交番所と言っても警察の交番ではなく
道路係員が通行車両を監視している場所)の検札所から
地獄谷石仏群に近い「芳山交番所」までの春日山A周路は
実は奈良県の所有する道路であるが
この部分の通行料金(正式には「使用料」という)は
新若草山自動車道が新若草山自動車道部分と
高円山ドライブウェイ部分の料金と共に徴収
する
(http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A5%88%E8%89%AF%E5%A5%A5%E5%B1%B1%E3%83%89%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%96%E3%82%A6%E3%82%A7%E3%82%A4)抜粋
表通り③
春日山の南にある高円山(たかまどやま・ たかまとやま)
春日山と同様に奈良の人々が四季を楽しんだ
行楽地のような場所だったようです

聖武天皇(しょうむてんのう)の離宮があったとされていますが
どこにあったのかはわかっていません

(http://www6.airnet.ne.jp/manyo/main/map/takamado.html)抜粋
表通り②
♥♥♥♥♥♥♥♥
「高円の野辺の容花面影に見えつつ妹は忘れかねつも」
                            ♥♥♥♥♥♥♥♥
万葉集巻八・大伴家持が結婚を間近に控えていたと見られる
坂上大嬢に贈った歌
「高円山の野辺に咲くカオバナのように
いつも面影に浮かんで
あなたを忘れることが出来ませんでした」という程の意
上句から下句へは「かほばな」→「おもかげ」と連想をつなげてゆく
序詞風の手法が取られている
これによって・・・あたかも映画の二重写しのように
花の面影に愛しい女の面影が重なってゆくのだ


 2017_01_13



誰も居ない公園
整備は抜群!!
芝生が整理された公園
此処まで整備されている公園は・・・
あまり無い\(◎o◎)/!
公園
朝walking・・・ ・・・の時に通る公園です
誰も遊んで居ない・・・
寒いのも有るのかな・・・??
遊具が寂しく
整備は抜群・・・

 2017_01_09



DSCN6137.jpg
神宮寺(じんぐうじ)
大阪府八尾市の地名
〒581-0885・・・現住所表記では1丁目 - 5丁目および大字神宮寺
旧南高安町地域としては唯一
旧高安郡以外(大県郡)から編入された地域である

令制国一覧 > 畿内 > 河内国 > 大県郡 > 神宮寺村
当地は古代に朝鮮半島から渡来したとされる
染色技術者集団である赤染部の本拠地で
続日本紀に赤染氏が常世連姓を授けられたという記述がある
当地にある常世岐姫神社は常世氏が祖神を祀ったものとされる

(http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A5%9E%E5%AE%AE%E5%AF%BA_(%E5%85%AB%E5%B0%BE%E5%B8%82%E3%81%AE%E5%9C%B0%E5%90%8D))抜粋
DSCN6138.jpg
DSCN6132.jpg DSCN6133.jpg
時代が下り・・・鎌倉期から室町期にかけて当地の豪族として
神宮寺氏が楠木氏一族として資料に見える
延元元年の湊川の戦いで戦死した楠木氏一族6人の中に
楠木正成公八臣の一人である神宮寺太郎兵衛正師の名がある
また・・・『和田文書』には神宮寺新判官正房の名が
湊川合戦で奮戦した者として記されている
両名は同一人物とも兄弟か親子とも言われている
当地にある神宮寺小太郎塚は正師または正房の墓であるとの言い伝えがある
正保郷帳の写しとされる河内国一国村高控帳では333石余
江戸時代以降・・・大坂常番支配をはじめ幾度か支配者が変わり
宝暦11年に狭山藩領となり幕末に至っている
明治以降の市町村制施行で南高安村の大字となる
昭和56年に町名地番改正されて丁目の割り振りがされた

町域は東西約2.3km
南北は約300m強と
東西に細長い
5丁目辺りが旧集落
大字神宮寺は概ね山地
他は農地が主となっているが住宅が混在している
地域内を近鉄大阪線が2丁目と3丁目の間を通るが
地域内に駅はなく・・・最寄りは北側の恩智駅または南側の法善寺駅
1丁目西側はJR志紀駅の徒歩圏
4丁目と5丁目の間を国道170号線(東高野街道)が通る
近鉄大阪線のすぐ東を恩智川が流れる

(http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A5%9E%E5%AE%AE%E5%AF%BA_(%E5%85%AB%E5%B0%BE%E5%B8%82%E3%81%AE%E5%9C%B0%E5%90%8D))抜粋

筆者の私見
私の実家の墓参りに行って来ました・・・
子供の頃から近くにあるのは・・・知っていましたが・・・
じっくりと見たのは・・・
これが初めて・・・??
ちょっと不勉強でした・・・反省しています・・・
歴史があったのですね・・・\(◎o◎)/!
もっと地元のことから・・・勉強して行かないと・・・§^。^§

 2017_01_07



DSCN6097.jpg
朱竹の額です・・・( ^)o(^ )玄関先に飾っています
古来中国の神仙に由来し呪術を意味します
宋の高名な詩人蘇東坡が描いた朱竹の絵からとったものです
これを持つものは子宝に恵まれ・・・出世を果たし
家は繁栄するというパワーをもらったもの

(http://syutiku.blogspot.jp/)参照
DSCN6093.jpg
陶雛です・・・玄関先に飾っています
玄関や出窓・床の間 さりげなく飾ってほしい
温かい春の訪れがひとあし先にやってきます

とてもふくよかな・・・なりわいですね・・・??
雛人形
7段飾りの雛人形です・・・
これは娘が祖母からもらった物です 
やはり栄えますね・・・\(◎o◎)/!
大事に後世に伝えられたらと思っています・・・
 2017_01_06




12  « 2017_01 »  02

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

可愛い時計・・・!!
今何時かな・・・??

季節の❀時計です
カーソルを動かして色々な花を楽しんで

検索フォーム




.