鏡餠と・・・兜

鏡餅② (2)
鏡餠
鏡餅② (1)
鏡餠と兜
玄関に鏡餠と兜を・・・

鏡餅(かがみもち)とは
餅を神仏に供える正月飾り(床飾り)であり
穀物神である「年神(歳神)」への供え物である
日本の伝統である


名称の由来
鏡餅という名称は
昔の鏡の形に似ていることによる
昔の鏡は青銅製の丸形で
神事などに用いられるものであった

(http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%8F%A1%E9%A4%85)参照


兜(冑・かぶと)とは
打撃・斬撃や飛来・落下物などから頭部を守るための防具
古代から近世にかけてに戦争に用いられた頭部防具のことを指す

(http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%85%9C)参照

今年のブログは今日でお終いです・・・
皆さんどうぞ良いお年を・・・
来る年もどうぞよろしく・・・お願いします・・・ ❤❤❤

≪しめ縄≫と・・・≪うらじろ≫

しめ縄
しめ縄
注連縄(しめなわ)
神道における神祭具で
糸の字の象形を成す紙垂(しで)をつけた縄をさす
標縄・七五三縄とも表記する

形状:注連縄・注連飾りには
大根締め・ゴボウ締め・輪飾りなど色々な種類の形式がある
大根締めは両端がつぼまり
ゴボウ締めは片側のみが細い

飾る時期
飾り始める日は松飾りの飾る期間と同じ扱いで良いが
地域によって異なり
現在では一般にクリスマス後から28日までに飾る
29日と31日に飾る事は縁起が悪いとされ
31日に飾る事を一夜飾りといい
迎え入れる神様に失礼であるとされる
飾りを外す日も地域によって異なり
1月7日に七草がゆを食べた後
若しくは15日の小正月の後に外すとされる
一方・・・三重県伊勢志摩地方などは一年中注連縄が飾られる

(http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B3%A8%E9%80%A3%E7%B8%84)抜粋
うらじろ
うらじろ
ウラジロ(裏白・学名:Gleichenia japonica)
シダ植物門ウラジロ科に属するシダで
南日本に生育する
正月のお飾りに使われる

利用
葉が正月飾りに使われ
注連縄・ミカンの下に垂れ下げられている

ただし・・・その由来については
「裏が白い=共に白髪が生えるまで」という意味
だと解釈されているが
実際は不明である
また・・・マツタケなど山の幸を運ぶ時に下に敷く時にも使われる
(http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A6%E3%83%A9%E3%82%B8%E3%83%AD)抜粋

藤の木古墳

標識藤の木古墳
古墳入口です
古墳は法隆寺西院伽藍の西方約350メートルに位置する
現在は周辺が公園として整備され
説明板なども多数設置されており
法隆寺周辺の観光スポットとなっている
また・・・古墳から南へ200メートルほど行くと
ガイダンス施設(斑鳩文化財センター)があり
主な出土品のレプリカが展示されているとの事

全貌③
古墳全景・・・後から
開館直後の石棺 石棺
説明書き引用
石室羨道 石室
説明書き引用
石室実測図
説明書き引用
全貌①
古墳全景・・・前から
藤ノ木古墳は整備工事が完了し
墳丘表面にコグマザサを植え
周辺には・・・解説板やベンチが設置されています
石室内に入ることはできませんが
石室入口に設置された鉄扉のガラス
窓越しに・・・石室内の様子や・玄室の石棺(実物)を見ることができます

藤ノ木古墳(6世紀後半、国史跡)の埋葬は
真っ赤な布などで包んだミイラ状の遺体を真綿の敷布団に安置して
掛け布をしたという手順だった事が分かったとの事です

古墳の中
古墳の中です・・・上手く撮れたかな・・・??
入口に行くとセンサーが働いて暫く照明が・・・
その間にシャッターを切りました
 

奈良の斑鳩町で発掘調査された藤ノ木古墳は
未盗掘であるということで
石棺を開ける前から
様々な話題になっていました
しかし・・・中から現れた豪華な副葬品や
埋葬状態を明らかにする遺物の数々が
それまでの憶測や
期待をはるかに上回る「掘り出しもの」だったのです!
世間の関心も高まりましたが
最終発掘から・・・16年・・・評価や関心も
どうやら落ち着いてきたようです
世間が忘れた頃に
おばさんはやってくる・・・流行とズレた興味をそそられてしまいました
天下の世界遺産の法隆寺!
世界最古の木造建築は
毎日膨大な観光客がやってきます
その法隆寺のすぐ西横
歩いてもさほど遠くない場所に
藤ノ木古墳はひっそりとあります
たいして大きくない墳丘
今は主体部分に覆屋があり
中は見えませんが
石室の奥に・・・押し付けられるように
ぴったりの状態で
少しフタのゆがんだ石棺がぽつんと一つ
石棺の外には・・・極上の細工の黄金の馬具や
鎧・刀剣・矢・土器などがあり
石棺の中にはぎゅうぎゅうづめに
2人を入れてあって
便宜上北側の被葬者
南側の被葬者と言われています。

(http://www.sutv.zaq.ne.jp/randokku/E60.htm)抜粋

だれも・・・遊んで居ない・・・寂しい公園

誰も居ない公園
整備は抜群!!
芝生が整理された公園
此処まで整備されている公園は・・・
あまり無い\(◎o◎)/!
公園
朝walking・・・ ・・・の時に通る公園です
誰も遊んで居ない・・・
寒いのも有るのかな・・・??
遊具が寂しく
整備は抜群・・・
世の中不穏だから・・・仕方がない・・・
少し寂しいです・・・!!

眼科医院の待合室・・・紅白の胡蝶蘭

赤色胡蝶蘭 白色胡蝶蘭
赤・白の胡蝶蘭・・・❀❀
何時も私が世話になっている眼科の待合室に・・・
何かホットしますね・・・

胡蝶蘭
多年生の着生植物で
単軸性のラン
茎はごく短く直立し
上には四枚程度の葉を密生し
下方からは多数の根を出す
根は太くて良く伸びる
葉は二列性で折り重なって生じ
楕円形から長楕円形・表面は緑
花茎は茎の側面から伸びて斜上して先端は枝垂れ
長さは50-80cm・・・時に分枝する
先端よりに十数個の花をつける
花は白で径7cmほど
側花弁が幅広く
花全体が丸く見える
唇弁は黄色を帯び・・・赤味のある斑紋が出る
唇弁の先端は左右に突き出してまき鬚状になる
フィリピンから台湾に分布する

【http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B3%E3%83%81%E3%83%A7%E3%82%A6%E3%83%A9%E3%83%B3】ウィキぺディア参照

帰り路・・・心が和んで・・・
足取りが軽く・・・家路に着きました・・・

庭の【キウイ】を収穫・・・§^。^§

収穫(キウイ)② (2)
普通のレンズで撮ったキウイ
収穫(キウイ)② (1)
拡大レンズで撮ったキウイ
これから1ヶ月程「リンゴ」を入れて・・・
追熟します・・・
今はとても硬いですが・・・その頃は甘味も増して・・・
美味しくいただけます・・・
今から楽しみにしています・・・!!


キウイフルーツは樹上では熟しにくいため
収穫後にエチレンガスによって追熟をさせます

収穫直後の未熟な果実はジャガイモのように硬く
また白いデンプン顆粒を豊富に含むため・・・果肉色が白っぽく見えます
食べてみると・・・非常にすっぱく
また繊維がゴソゴソして
飲み込むことさえ困難な状態です
この未熟果を追熟させると
デンプンが分解し・・・きれいな緑色に変わります 
これに伴い糖度が上昇し・・・甘味を増します


熟した果実は輸送に耐えず
また過熟になると商品価値がなくなるため
スーパーなどでは・・・やや未熟気味の果実を販売していることが多いようです

家庭で追熟させるには
乾燥を防ぐためポリ袋に入れ
室温に置いておくだけで大丈夫です
ただし品種によっては
追熟時の室温が高すぎると軟腐症が出やすくなりますので
できれば20℃を超えない方がよいそうです
急ぐ場合は・・・リンゴバナナをいっしょに袋に入れると
これらがエチレンを発生するので
追熟が進むようです
表面を指で押してみて
少しへこむくらいの軟らかさになったら
美味しく頂けます

(http://www1.ttv.ne.jp/~kiwi/aboutkiwi-5.html)抜粋

クリスマス用の苺が並んで・・・§^。^§

昨年ごろから・・・店頭に・・・
いちごとみかん (2)
熊本産の苺【こはる】ちゃん
クリスマス用の苺・・・??
兎に角粒が大きく・・・甘さが抜群・・・!!
一粒がとても食べ応えがありますよ・・・!!
熊本産のグルメ大粒いちご「こはる」
あまおうに次ぐ
食味の良い高級イチゴとして期待を集める「こはる」いちご
まだ生産は熊本の一部地域だけですが
厳寒期の今食べても酸味がなく非常に糖度が高く
イチゴがお好きな方にぜひ知って頂きたい

(http://shop.plaza.rakuten.co.jp/syokutaku/diary/detail/201301070000 )抜粋
みかん(有田産) いちごとみかん (1)
みかんも今年はとても甘い・・・!!
果物の美味しいのはとても嬉しいです・・・!!

今日も寒い・・・寒い・・・
又来週から・・・暖かい・・・
体調管理に気をつけないと・・・

夕方の・・・生駒駅周辺

生駒駅③ 生駒駅②
夕方の生駒駅周辺です
生駒駅(いこまえき)
奈良県生駒市元町一丁目にある
近畿日本鉄道(近鉄)の駅である
ほぼ同一地点にある生駒鋼索線の鳥居前駅と相互連絡駅

島式ホーム3面6線を持つ地上駅
橋上駅舎を有している
けいはんな線・奈良線・生駒線にホームが1面ずつ割り当てられている
橋上駅舎は東西双方に設けられているが
西駅舎は生駒線ホームに直接つながっていない
駅東端に改札内地下連絡通路が設けられている。
けいはんな線と他の2線は別改札内となっており
西改札口・中央改札口ともに奈良線・生駒線用(緑色)と
けいはんな線用(黄緑色)の改札口が別にある
西・中央・地下にのりかえ改札口がある

(http://ja.wikipedia.org/wiki/生駒駅)抜粋
生駒駅⑧
.生駒駅前の商店街は「ぴっくり通り」
ぴっくり通り 商品の値段や内容に
最高に「びっくり」するという意味で「ぴっくり」と名付けられたらしい。
「びっくり」の強調系が「ぴっくり」なのだとしたら
それが一番びっくり
\(◎o◎)/!
生駒駅⑥
駅前の商店街です
生駒駅①
生駒山に雲が架かって
寒いです・・・
雨が降って・・・
夕方の生駒駅周辺です・・・
明日も寒そうです・・・
今年は・・・良く雨が降りますね・・・??

近大奈良病院駐車場~生駒山上方面を望む

生駒景色③
近大奈良病院~生駒山上方面
生駒景色②
生駒景色①
近大奈良病院駐車場~生駒山上方面
生駒景色④
近畿大学医学部奈良病院(きんきだいがくいがくぶならびょういん)
奈良県生駒市にある大学病院
地域がん診療連携拠点病院や災害拠点病院などの指定を受けている

  • 近畿大学医学部奈良病院で検索
  • 真珠湾攻撃から75年・・・柳本飛行場跡を訪ねて

    滑走路跡②
    柳本飛行場跡です
    柳本飛行場
    正式には「大和海軍航空隊大和基地」という
    この飛行場の建設には
    朝鮮人労働者が数多く就労し
    そして「強制連行・強制労働」や強制連行した朝鮮人女性を「日本軍慰安婦」とした史実がある
    大和海軍航空隊の開隊年月日は1945年2月11日で
    その10日前の2月1日に
    鳥取県の第二美保航空隊から赤とんぼ(九三式中間練習機)54機と
    予備機若干が飛来し開隊したものである
    そして・・・約6か月で8月15日(敗戦)を迎えるのであるが
    敗戦時には
    人員1700名・航空機としてゼロ戦49機・練習機71機・爆弾大小合わせて約1500発等が配置されていた
    ではなぜ・・・このように充実させることを急いだのか
    陸軍航空総軍戦闘指令所を予定していた香芝市のどんづる峯地下壕とともに
    本土決戦時に柳本飛行場は海軍の重要な役割を担う予定であったからである
    (詳しくは、『朝鮮人強制連行・強制労働ガイドブック 天理・柳本飛行場編』参照)

    (http://www.geocities.co.jp/HeartLand-Hanamizuki/3836/yanagimoto.htm)抜粋
    滑走路跡⑤ 滑走路跡④
    滑走路跡③
    柳本飛行場に作られた滑走路
    幅100m・長さ1500mと大規模なものでした
    滑走路は二本作られる予定でしたが
    敗戦で一本だけに留まりました
    米軍が接収した後・・・元の農地に戻され
    滑走路の両側には滑走路への地下水の侵入を防ぐために
    暗渠による水路が設けられましたが
    その暗渠は今も田んぼの中に残されています
    さらには二つの防空壕も作られましたが
    防空壕は堅固な作りであるため撤去できず
    今も原型をとどめています
    ここには・・・金学順ハルモニも見学に訪れました

    (http://www.ianfu-kansai-net.org/2014-01-19.html)抜粋
    滑走路跡①
    地元の人に尋ねても・・・記憶は薄くなっていました
    この道路の周辺とだけの記憶だけでした・・・ 

    街並み 道路①
    柳本の街並み・・・とても静かです
    火の見やぐら 消防団
    天理消防団・・・
    火の見やぐら
    火の見櫓は火災が多く発生した江戸の町で、
    木造の高い櫓(やぐら)を建て
    最上階に半鐘や太鼓、板木などを備え
    終日地域を監視し
    火災を発見した時に
    それら鳴り物を打ち鳴らして避難や消火の
    出動を知らせるためのものでした

    (http://homepage2.nifty.com/kotenma/hinomiyagura.htm)参照

    1941年12月8日の真珠湾攻撃から75年
    これを機に・・・
    柳本飛行場を訪れました・・・
    でも・・・地元の人たちからも・・・記憶は薄れて・・・

    GO TOP