コミュニティバス【たけまる号】

たけまる②
たけまる号です
たけまる号(たけまるごう)
奈良県生駒市が奈良交通と生駒交通に委託して運行しているコミュニティバス

生駒市の公式マスコット「たけまるくん」から
「たけまる号」という名称になったため
車体には「たけまるくん」が画かれている
たけまる⑤
沿革
2005年10月21日 - 運行開始
2007年6月25日 - 光陽台方面へ路線を延長する
2011年10月17日 - 門前線・西畑線・萩原線が運行開始
それとともに・・・光陽台方面は『光陽台線』に改称
2013年2月1日 - 萩原線が運行休止・代わって有里線が運行開始

たけまる④ たけまる①
運行事業者
奈良交通北大和営業所(光陽台線)
生駒交通(門前線・西畑線・有里線)

車両
光陽台線は日野・ポンチョ(初代)を使用
門前線・西畑線・有里線はワゴン車を使用

たけまる③
<運行日
平日のみの運行(土曜日・日曜日・祝祭日及び
年末年始期間<12月28日 - 翌年1月3日>は運休する)
ただし運行日であっても・・・西松ヶ丘15番 - 光陽台中央公園 - 西松ヶ丘16番間については
積雪・凍結時には危険防止の観点などから運休される場合がある


※太字区間内は自由乗車区間

光陽台線生駒市立病院 → 生駒市役所 → 生駒駅南口 → 生駒駅北口 → 芸術会館 → 西松ヶ丘15番 → 光陽台中央公園 → 西松ヶ丘16番 → 東松ヶ丘5番 → 生駒駅北口 → 生駒駅南口 → 生駒市役所 → 生駒市立病院

門前線
生駒駅南口 → 市民プール → 市民体育館 → 門前駐在所 → 門前町南 → 門前町児童公園入口 → 山崎新町 → セイセイビル → 生駒駅南口

西畑線
南コミュニティセンターせせらぎ - マックスバリュ生駒南店※ - 神田橋西 - 南生駒駅 - 田口クリニック - 南中学校 - 青山台第3公園 - 西池 - やまびこホール下 - 大福寺※ - 大門町集会所※ - 小倉寺町集会所※ - 鬼取町※ - 西畑町入口 - 暗峠
※ 一部経由しない便がある。

有里線
南コミュニティセンターせせらぎ → マックスバリュ生駒南店※ → 神田橋西 → 南生駒駅 → 田口クリニック → 南中学校 → 青山台第3公園 → 西池 → むかいやま公園入口 → 西池 → 竹林寺(有里町自治会館) → 田口クリニック → 南生駒駅 → 神田橋西 → マックスバリュ生駒南店 → 南コミュニティセンターせせらぎ
※ 一部経由しない便がある。

北新町線
生駒市立病院 → 生駒市役所 → セイセイビル → 生駒駅南口 → 生駒駅北口 → 北原川 → 奥薬師台 → 薬師台 → 北原川 → 生駒駅北口 → 生駒駅南口 → セイセイビル → 生駒市役所 → 生駒市立病院

萩の台線
萩の台系統:マックスバリュ生駒南店 - 南コミュニティセンターせせらぎ - 神田橋西 - 萩の台駅 - 萩の台自治会館 - 萩の台小山公園 - 萩の台北の谷公園
住宅地系統:マックスバリュ生駒南店 → 南コミュニティセンターせせらぎ → 神田橋西 → 萩の台駅 → 萩の台第2公園 → 萩の台第4公園 → 萩の台さつき公園 → 萩の台駅 → 神田橋西 → 南コミュニティセンターせせらぎ → マックスバリュ生駒南店

注意
停留所でなくとも自由乗車区間ではバスが来たら手をあげて
運転士に乗ることを知らせることで、
運行の安全上に配慮して最も安全で近い位置停車し自由に乗車できる
ただし・・・下車は交通安全のため停留所に限られる


運賃

中学生以上:150円
小学生・障害者80円(未就学児児童は無料)
※ 専用の回数券も発行されている
CI-CA・PiTaPa・ICOCAなどのICカードは利用できない

(http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%9F%E3%81%91%E3%81%BE%E3%82%8B%E5%8F%B7)抜粋

冬準備の庭の様子・・・(=_=)

桔梗の花② 桔梗の花①
庭の片隅に楚々と少しだけ咲いていた・・・【スイセンの花】
スイセン属(スイセンぞく・学名: Narcissus)
ヒガンバナ科(クロンキスト体系ではユリ科)の属のひとつ
この属にはニホンズイセンやラッパズイセンなど
色や形の異なる種や品種が多くあるが
この属に含まれるものを総称してスイセンと呼んでいる
狭義には・・・学名 Narcissus tazetta や
その変種であるニホンズイセン(Narcissus tazetta var. chinensis)をスイセンということも多い

多年草で・・・冬から春にかけて白や黄の花を咲かせるものが多い
草丈は・・・品種・環境によるが・・・15 - 50cm程度である
茎は・・・黒い外皮に包まれた鱗茎の内部にある
そのため切断しない限り人の目に触れることはない
葉身は・・・若干厚みがあり扁平で細長く
つや消しのような表面をしている
葉の間からつぼみをつけた花茎が伸び
伸びきるとつぼみが横向きになり
成熟するとつぼみを覆っていた包を破って花が開く
典型的なスイセンの花の場合
雌蕊(しずい)は1本・雄蕊(ゆうずい)は6本
6枚に分かれた花びらと、中心に筒状の花びらを持つが
6枚に分かれている花びらのうち
外側3枚は萼(がく)であり
内側3枚のみが花弁である
二つをあわせて花被片(かひへん)と呼ぶ
一方・・・中心にある筒状の部分は副花冠(ふくかかん)という
花被片・副花冠の形状と花の着き方により・・・品種を区分する

(http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%82%A4%E3%82%BB%E3%83%B3%E5%B1%9E)抜粋
南天の実
南天の実です・・・大きくなりました・・・\(◎o◎)/!
ナンテン(南天・学名:Nandina domestica)
メギ科ナンテン属の常緑低木
和名の由来は
漢名の「南天燭」の略です
南天の花は・・・仲夏の季語
実は三冬の季語
高さは2m位
高いもので4~5mほど
幹の先端にだけ葉が集まって付く独特の姿をしている
葉は互生し・・・三回羽状複葉で
小葉は広披針形で先端が少し突きだし
革質で深い緑色・・・ややつやがある
先端の葉の間から
花序を上に伸ばし
初夏に白い花が咲き
晩秋から初冬にかけて赤色(まれに白色)の小球形の果実をつける

(http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8A%E3%83%B3%E3%83%86%E3%83%B3)抜粋
キウイの棚
キウイの棚です・・・実はすべて収穫済み・・・!!
葉っぱも・・・落ちました・・・
この庭を見ると・・・
ちょっと寂しい感じがしますね・・・
そろそろ冬ですね・・・


●キウイは棚に絡ませるしかない
細い鉄柱はへし曲げることがある
●細い鉄柱は曲がる
足場用のパイプなら曲がらない
ただし・・・パイプ同士の留め方(クランプ)が弱いと
 キウイによって歪んで
 最悪倒壊することもある
 浸水防止キャップをすること
●棚は何年かすると
 キウイの幹も一緒に支えるようになるので・・・頑丈になる
●棚の高さは収穫・剪定作業を考えると1.8m

(http://sodatekata.net/flowers/page/1216.html)参照

昨晩からの雨・・・未だ降っています・・・

椿と・・・山茶花

椿③ 白色椿
椿②
椿①
綺麗に咲き掛ける・・・椿の花と・・・山茶花の花・・・❀❀❀

サザンカとの見分け方
ツバキ(狭義のツバキ・ヤブツバキ)とサザンカはよく似ているが
次のことに着目すると見分けることができる

(原種は見分けやすいが・・・園芸品種は多様性に富むので見分けにくい場合がある)
ツバキは花弁が個々に散るのではなく萼と雌しべだけを木に残して
丸ごと落ちるが(花弁がばらばらに散る園芸品種もある)・・・サザンカは花びらが個々に散る

ツバキは雄しべの花糸が下半分くらいくっついているが
サザンカは花糸がくっつかない

ツバキは・・・花は完全には平開しない(カップ状のことも多い)
サザンカは、ほとんど完全に平開する
ツバキの子房には毛がないが(ワビスケには子房に毛があるものもある)
サザンカ(カンツバキ・ハルサザンカを含む)の子房には毛がある
ツバキは葉柄に毛が生えない(ユキツバキの葉柄には毛がある)
サザンカは葉柄に毛が生える

(http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%84%E3%83%90%E3%82%AD)参照

馬の世界においても落馬を連想させるとして
競馬の競走馬や馬術競技馬の名前としては避けられる
特に競馬では・・・過去にはタマツバキの様な名馬もいるが
1969年の第36回東京優駿(日本ダービー)で
大本命視されたタカツバキが
スタート直後に落馬で競走中止するというアクシデントを起こして以降
ほとんど付けられることがなくなったとされている
武士はその首が落ちる様子に似ているというのを理由にツバキを嫌った
という話もあるがそれは幕末から明治時代以降の流言であり
江戸時代に忌み花とされた記述は見付からない
1600年代初頭には多数の園芸品種が流行
1681年には・・・世界で初めて椿園芸品種を解説した書物が当時の江戸で出版される

(http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%84%E3%83%90%E3%82%AD)参照

筆者の言葉
我が家に咲いているのは・・・山茶花です・・・❀❀❀
足元に花びらが散っています
枯れた花が・・・何時までも木にくっ付きます・・・
未だ・・・余り綺麗に咲いていませんね・・・
気候の異変も影響あるのかな・・・??
昨夜から・・・雨が降り続いています
今年は・・・雨が良く降る年・・・

奈良市にある・・・【頭塔】

DSCN5849.jpg
頭塔(ずとう)
奈良市高畑町にある土製の塔
1辺30m・高さ10m・7段の階段ピラミッド状の構造をしている
奈良時代の建造で
東西南北の各面に石仏を配置する
1922年(大正11年)・・・国の史跡に指定された

DSCN5843.jpg
DSCN5844.jpg
『東大寺要録』の記録では
奈良時代の僧・・・実忠によって造営されたという
そこでは「土塔」(どとう)と表記されている
一方で・・・平安時代の『七大寺巡礼私記』以来の
玄昉の首塚である・・・という伝承もある
「どとう」が転訛して「ずとう」と称されるようになり
玄昉首塚説との関連で
「頭塔」という漢字が当てられたものと考えられる

(http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%A0%AD%E5%A1%94)抜粋
DSCN5848.jpg DSCN5848.jpg
頭塔の各段には
浮彫(一部線彫)の石仏が配置されている
石仏のうち当初から露出していた13基が1977年(昭和52年)
重要文化財に指定され
2002年(平成14年)にはその後の発掘調査で見出された
石仏14基のうち9基が追加指定されている
石仏は当初は東西南北の各面に11基ずつ
計44基設置されていたものと推定される
東・西・北面の石仏は復元整備後
屋根付きの壁龕に安置されているが
南面の石仏は土の上に直接置かれている

(http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%A0%AD%E5%A1%94)抜粋
DSCN5845.jpg
奈良文化財研究所による1986年(昭和61年)からの
発掘調査終了後
北半部は復元保存
南半部は発掘前の現状保存の形で残されている
塔は版築による方形の土壇で
基壇は一辺32メートル・高さ1.2メートル
上壇になるにしたがって3メートルずつ縮小して
最上壇は一辺6.2メートルである
高さは奇数壇で1.1メートル
偶数壇で0.6メートル
基壇裾から最上壇までは約10メートルの高さである
ならまちの東方・・・高畑にあり
現在は・・・地元の民間人によって管理されており
施錠された門を開けてもらい入らないと見学できない
その形態に類似性が認められる日本国内の遺址として、堺市の大野寺に見られる「土塔」がある

(http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%A0%AD%E5%A1%94)抜粋

近くのホテルの駐車場から撮影させてもらいました・・・

街路樹の紅葉・・・\(◎o◎)/!・・・再度掲載

紅葉①
この綺麗な紅葉・・・(@_@;)
紅葉②
此処の紅葉は常緑樹もあって又趣きがあります・・・

私の街のこの綺麗な紅葉・・・!!
皆さんにも見て頂けたら
眼を見張るばかりです\(◎o◎)/!
落ち葉の掃除はありますが・・・
この紅葉を見ていると・・・とても得をしたみたい・・・「毎年感じます」


何度見ても感動します・・・§^。^§
再度掲載します

今年は暖かい日が続い他ので・・・
でも・・・朝晩が寒くなり・・・
温度差があるため・・・とても綺麗に・・・

娘のマンションからの・・・景色

朝③
朝② 朝①
マンションベランダから・・・
朝7時30分頃の景色

画面の先に天気が良ければ・・・
生駒山上の鉄塔が見えるのですが

夕方②
夕方5時頃の景色です
夕方③
夕方① 夕方④
あまり天気が良くないので
雲が襲って来る様に見えます
その時にカメラに収めた外景です
明日は寒い・・・??

朝焼けに・・・感激・・・!!

朝焼け①
朝焼け②
朝早くに目が覚めたので・・・
窓から見ると・・・そろそろ朝が来る気配(@_@;)
未だ月が見えています
 
朝焼け⑤ 朝焼け③
段々と夜が明けて来ました・・・
朝焼け④
午前6時頃です・・・  
まるで天体ショウを・・・見ている見たいです
風が強そうです・・・
今日は暖かいとか・・・??
地震があったとのニュース・・・
被害がありませんように・・・

近鉄【奈良駅】周辺

奈良駅③
近鉄奈良駅です
近鉄奈良駅(きんてつならえき)
奈良県奈良市東向中町にある近畿日本鉄道(近鉄)奈良線の駅
同線の終点
櫛形ホーム4面4線の
奈良県内では唯一の地下駅
改札口は東西双方に設けられている
コンコースは広く・・・修学旅行生の集合場所等に使用されている

奈良駅② 奈良駅①
奈良駅・・・コンコースです
近年はそのスペースを利用して
近鉄の奈良駅営業所(旅客案内窓口)
奈良市の酒造会社・奈良豊澤酒造が運営する立ち飲み処「蔵元 豊祝」
イタリアンカフェの「カフェ チャオプレッソ」(運営は近鉄リテールサービス)
ドラッグストアのマツモトキヨシなどの店舗が設けられている

(http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%BF%91%E9%89%84%E5%A5%88%E8%89%AF%E9%A7%85)抜粋
アーケード
駅の階段を昇って来ると(アーケード)があります
昔は無かった・・・アーケードです
地元賛否両論の末に出来た物です
東向き
東向き商店街
東向商店街 (ひがしむきしょうてんがい)
奈良県奈良市にあるアーケード商店街
近鉄奈良駅前の登大路から三条通りまでを南北に結ぶ


東向き商店街
奈良市の旧市街を代表する商店街であり
老舗が並ぶ
また・・・大阪(難波)や京都と直接結ばれる近鉄奈良駅前に位置し
奈良公園からも至近であることから
終日観光客で賑わう
また観光地の商店街の例に漏れず
土産物店も多い
最近では土産物店や老舗と並んで垢抜けたカフェや雑貨店も増えており
小西さくら通りや三条通りと並んで
名実ともに奈良を代表する商店街となっている

(http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%B1%E5%90%91%E5%95%86%E5%BA%97%E8%A1%97)抜粋
東向き北
東向き北商店街
東向北商店街
近鉄奈良駅の北側から花芝町へ伸びる商店街で
花芝通り商店街に続いており実質的には一つの商店街である
簡単に言えば・・・一つの商店街に町が違うということでふたつの商店街組合があるということ

(http://www.asakawa-mc.com/nara/nara02_026.htm)参照東向き北商店街
東向北・花芝通り商店街
近鉄奈良駅からすぐ近くで官公庁街の西側に位置するものの
東向商店街や小西通商店街と比べると通行者数も少ない
東向北・花芝通り商店街合わせて店舗は80店舗前後あるものの
古い店舗(旧態)と新しい店舗とが混在し
商店街としての特徴は希薄である

(http://www.asakawa-mc.com/nara/nara02_026.htm)参照

毎月1回必ず訪れる奈良です
探すと歴史のある町です
 (筆者の言葉です)

奈良市(ならし)

日本の奈良県の北部に位置する都市で
同県の県庁所在地である
日本政府から中核市に指定されている
奈良時代に平城京が置かれた古都であり
シルクロードの終着点として天平文化が花開いた地として知られる
現在の奈良市は
奈良県の北部一帯を占める広域市で
同時に奈良盆地の北端にも当たる
市東部は大和高原にあ る

(http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A5%88%E8%89%AF)参照

電線が無い・・・!!すっきりしています・・・§^。^§

あ!電線が無い
奈良市大森町付近
電線が無いですね
とてもすっきりしています・・・!!
東生駒
此方は生駒市東生駒付近です
この石碑の下に電線が埋められています
これはちょっと異様な感じ・・・??
此処には草花が植えられないのです・・・水をやる事が出来ないので

亀の瀬地すべり(かめのせじすべり)

標識
亀の瀬地すべり(かめのせじすべり)とは
大阪府柏原市峠地区・雁多尾畑地区一帯で
過去に起こった地すべりのこと
特に1931年(昭和6年)から翌年にかけて起こった地すべりは
規模・被害が大きくなったことで知られる

亀の瀬④
柏原市峠地区の大半と雁多尾畑地区の一部(トメショ山から
清水谷地区あたり)では一帯古くからたびたび地すべりが起こっていた
明治以前に関しては記録は残っていないものの
過去の調査から4万年前より以前からあったと考えられている
明治以降では主に1903年(明治36年)・1931・1932年(昭和6・7年)
1967年(昭和42年)に発生している

(http://www.weblio.jp/wkpja/content/%E4%BA%80%E3%81%AE%E7%80%AC%E5%9C%B0%E3%81%99%E3%81%B9%E3%82%8A_%E4%BA%80%E3%81%AE%E7%80%AC%E5%9C%B0%E3%81%99%E3%81%B9%E3%82%8A%E3%81%AE%E6%A6%82%E8%A6%81)参照
亀の瀬① 亀の瀬②
亀の瀬③ 亀の瀬⑤
現在・・・地すべりを起こした斜面の崩落を防ぐために
対策事業を行っている

1959年(昭和34年)10月
地すべり防止区域に指定され
さらには1962年(昭和37年)に直轄施工区域に指定され
直轄工事が開始された
ひとたび地すべりが発生すると川がせき止められ
二次災害に繋がりかねないため
国土交通省近畿地方整備局 大和川河川事務所
管轄のもと・・・大規模な対策事業と監視活動がおこなわれている
内容としては・・・
峠地区を中心に6つの排水トンネル
26基の集水井および多数の排水口による
表面排水路・暗渠排水路が整備され
粘土層の含水量を抑制する対策が行われた
また・・・約300本にのぼる鋼管杭の設置などが行われ
地すべり滑動を抑制する対策が行われた
なお・・・対策地域内に「亀の瀬地すべり資料室」が設置され
亀の瀬地すべりに関する資料の展示
対策地域の設備の見学会等が行われ
啓蒙活動が行われている

(http://www.weblio.jp/wkpja/content/%E4%BA%80%E3%81%AE%E7%80%AC%E5%9C%B0%E3%81%99%E3%81%B9%E3%82%8A_%E4%BA%80%E3%81%AE%E7%80%AC%E5%9C%B0%E3%81%99%E3%81%B9%E3%82%8A%E3%81%AE%E6%A6%82%E8%A6%81)参照
亀の瀬橋標識
新亀の瀬橋
【亀の瀬峡谷】
大和川の流れは急で
国道25号線やJR関西線が 寄り添うように通っています
昔の人は・・・このあたりの流れを愛して
「亀の瀬川」 と名付けました
川の中の岩石が亀の遊ぶ姿に似ているところから
亀の瀬川といったのだと昔の本 に書かれているそうです
(かしわらの史跡上より)
亀ノ瀬トンネル(かめのせトンネル)は
かつて日本の国有鉄道(運営事業体は鉄道庁→鉄道省と数度変化)
関西本線の河内堅上駅 - 王寺駅(現在では三郷駅)間に存在した
全長下り線699m・上り線703.5mの鉄道トンネルである

(http://wpedia.goo.ne.jp/wiki/%E4%BA%80%E3%83%8E%E7%80%AC%E3%83%88%E3%83%B3%E3%83%8D%E3%83%AB)参照

筆者の私見
実家に車で行く時に必ず通る所です・・・
山が動くとも聞いています・・・
此処の工事は終わる事が無いみたいです・・・\(◎o◎)/!
もう何年続いているかな・・・??
これからも工事の・・・終わりはないとの事・・・!!
GO TOP