鉢植えの【オダマキの花】・・・❀❀❀・・・山間の景色

オダマキ写真クリック⇒◆◆◆大きな「オダマキの花」に!!
近所の家の庭に・・・
鉢植えの可愛いい・・・
オダマキの花」が\(◎o◎)/!
あまりの可愛さに・・・ついパチリ!!

オダマキ属(オダマキぞく)
キンポウゲ科の属の一つ
ラテン名のアキレギアやアクイレギア(Aquilegia)ということもある。
本属の植物の総称がオダマキ(苧環)である
苧環は元来は機織りの際にカラムシ(苧)や
アサ(麻)の糸をまいたもののことで
花の形からの連想である

根出葉は普通2回3出複葉で細かく分かれ
先端には丸っこい小葉がつく
茎が高く伸びるものでは
やや小型の茎葉が出る
花の外側の花弁のようなものは
じつは・・・花弁ではなく萼である
花弁はその内側にあって
ややまとまって筒状になる
花弁の基部からは角状の距が伸び
萼の間から外に突き出る

全草が有毒

(https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AA%E3%83%80%E3%83%9E%E3%82%AD%E5%B1%9E)抜粋

おまけに・・!!
山間の景色写真クリック ⇒ 山間の写真が大きく
朝の散歩道で・・・
とても喉かな風景に誘われて・・・
シャッターを切りました
とても喉かな風景です・・・
最高の気分です・・・!!

「山沿い」・「山間部」ともに霜・なだれ・気温・雨・雪の分布に用いる用語である
季節によっては人々の活動範囲が広がるため
注意報・警報では予報の「山沿い」・「山間部」などよりも
対象高度を上げなければならないことがある
「平地」に対しては「山地」
「平野部」に対しては「山岳部」と「山間部」が相対する

(www.weblio.jp/content/山間部)参照

見つけた・・・!!・・・2羽のカルガモと・・・紫蘭

2羽のカルガモ
仲睦まじい。。。2羽のかるがも・・・
朝のWalkingの時に・・・ 見かけました
喉かな景色です。。。 
関係は・・・如何ばかりか・・・??
勝手に憶測をしながら・・・ウオーキングを楽しみました。。。

翼長オス25.4-27.6センチメートル
メス24.3-26センチメートル
次列風切の光沢は青紫色で
次列風切や三列風切羽縁の白色部が小型で不明瞭
少なくとも亜種カルガモはオスの腹部の羽衣が濃褐色で
羽毛外縁(羽縁)の淡色部が小型になり胸部との差異が明瞭
尾羽基部を被う羽毛(上尾筒・下尾筒)が光沢のある黒
メスは胸部と腹部の羽衣の差異が不明瞭で
上尾筒や下尾筒が黒褐色で羽縁が淡色だったり淡色の斑紋が入る

(https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AB%E3%83%AB%E3%82%AC%E3%83%A2)抜粋

花一杯の「紫蘭」
我が家の片隅に咲く「紫蘭」・・・❀❀❀
今が一番綺麗です!!
白色と紫色が・・・
この花は随分と持ちますよ\(◎o◎)/!

シラン(紫蘭、学名: Bletilla striata Reichb. fil.)

ラン科シラン属の宿根草
地生ランで・・・日向の草原などに自生する
地下にある偽球茎は丸くて平らで
前年以前の古い偽球茎がいくつもつながっている
葉は・・・最も新しい偽球茎から根出状に3枚から5枚程度出て
幅の広い長楕円形で・薄いが堅く・表面にはたくさんの縦筋が並んでいる
花期は4月から5月
花は紫紅色で・・・30から50cm程度の花茎の先に数個つく
花弁は細長く・あまり開ききらないような感じに咲く
観賞用に・・・花の色が白色のもの・斑入りのもの・淡色花・花弁が唇弁化した「三蝶咲き」などがある

(https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B7%E3%83%A9%E3%83%B3_(%E6%A4%8D%E7%89%A9))抜粋

水連の花・・・❀❀❀・・・赤色・・・白色

スイレンの花(赤色)
スイレンの花(白色)
赤い色・白い色のスイレンの花です・・・❀❀❀
これもとても優雅ですね・・・!!\(◎o◎)/!
今日は一日心が和みます・・・
綺麗な花が見れました・・・❀❀❀
ラッキーです・・・!!

スイレン属(スイレンぞく・water lily、学名:Nymphaea)
スイレン科の属の一つ・・・水生多年草
日本にはヒツジグサ(未草)の1種類のみ自生する
日本全国の池や沼に広く分布している
白い花を午後・・・未の刻ごろに咲かせる事からその名が付いたと言われる
睡蓮はヒツジグサの漢名であるが
一般にスイレン属の水生植物の総称として用いられる

(https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%82%A4%E3%83%AC%E3%83%B3%E5%B1%9E)抜粋

生駒高山地域散策・・・❤❤❤

風舞付近の風景
広々・・・青々・・・生駒高山地区です・・・
高山地区は
茶筌の全国シェア90%を占める茶筌の里として知られています
茶筌は室町時代中期に称名寺住職の村田珠光〔むらたじゅこう〕に
頼まれて高山城主の次男鷹山宗砌〔たかやまそうせつ〕が
創作したとされています
その後・・・千利休を頂点する茶道の興隆によって生産が拡大されました
昔から親が子の一人を選んで製法を教える「一子相伝」の伝統を貫いています
集落内には・・・茶筌をはじめ様々な竹製品を製造・販売している店があり
冬に訪ねると・・・軒先や近くの畑で
竹をたてかけて乾している風景がみられます

(https://www.city.ikoma.lg.jp/fm/map/takayama.php)抜粋
高山散策① 高山散策②
また・・・このエリアには
鷹山氏にまつわる史跡が多く残されています
中世以降鷹山庄(現高山町)を本拠とした
豪族鷹山氏の居城として伝えられる高山城跡のほか
鷹山氏の信仰を集めた高山八幡宮
鷹山氏一族の供養塔が残る円楽寺跡があります
高山八幡宮は秋の紅葉が美しいことで知られています
その他・・・奈良時代に聖武天皇の勅願により
行基が建立したと伝わる法楽寺もあります

(https://www.city.ikoma.lg.jp/fm/map/takayama.php)抜粋
高山散策
ラクウショウ
ラクウショウ

ラクウショウ(落羽松、学名:Taxodium distichum)
ヒノキ科(またはスギ科)ヌマスギ属の針葉樹
別名はヌマスギ(沼杉)
和名はヌマスギ

北アメリカ原産の落葉針葉高木
アメリカ大陸東南部からメキシコに分布するが
日本にも移植され公園などで見られる
湿潤地に適し・・・沼沢地での根元が
少し水につかった状態(冠水)で自生することが多い
このため日本ではヌマスギと呼ばれる
花は雌雄異花で開花期は4月頃
果実は緑色の球形である
葉はメタセコイアに似るが
メタセコイアが対生するのに対して
本種は互生するのが鑑別点となる
湿地に植えると
幹の周りに呼吸のための呼吸根(気根)が出てくる
膝根とよばれる・・・湿地に向いた木であるが
通常の土地でも植栽できる・・・繁殖は実生・挿し木

(http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A9%E3%82%AF%E3%82%A6%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%82%A6)抜粋

おまけ・・・これは花・・・????
これは花??

筆者の私見
 緑のオアシスとも呼ばれる・・・生駒高山へ・・・

のんびりと・・・周りを鑑賞して・・・散策して来ました・・・
こんな処を歩いていると・・・世の中から・・・外れた様な感じです・・・ 

カシバ紫陽花と・・・・みどりのトンネル

見事に咲いた・・・【カシバ紫陽花】
カシワバ紫陽花
紫陽花の花の一種です・・・❀❀❀
ちょっと変わった花の咲き方をします・・・??
まるで掃除に使う・・・
モップ見たいです・・・
花が怒るかもね・・・

カシワバアジサイ(柏葉紫陽花、学名:Hydrangea quercifolia)
アジサイ科(ユキノシタ科)アジサイ属の落葉低木
原産地は北米東南部
花の色は白

葉の形がカシワに似ていることが・・・和名の由来
花は円錐状あるいはピラミッド型に付く独自の形状をしており
5月〜7月に真っ白い花を付ける
八重咲きと一重咲きがある
一般のアジサイとは異なり全体の印象としては木のボリュームに比し
花が少ないのが特徴
葉には切れ込みがあり
秋には紅葉する
古くから日本にもあったが
最近・・・一般に出回り始めた
樹高 50〜200cm

(https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AB%E3%82%B7%E3%83%AF%E3%83%90%E3%82%A2%E3%82%B8%E3%82%B5%E3%82%A4)抜粋
まるで・・・!緑のトンネル!!
街路樹が茂って・・・
緑のトンネルです・・・!!
森林浴で・・・
体に最高です・・・!!

森林浴(しんりんよく)
樹木に接し精神的な癒しを求める行為
近くの公園や林を散歩する程度から
登山やキャンプ、植物園見学まで幅広く森林浴に含まれる
日本では1982年に当時の林野庁などによって提唱され
長野県の赤沢自然休養林が発祥地とされる
2004年以降・・・森林浴の効果を科学的に検証し
予防医療などに役立てる取組みが始まっており
林野庁・厚生労働省・各研究機関や大学・企業などが
「森林セラピー研究会」を組織して研究を進めている
また・・・第77回日本衛生学会総会を機に
森林医学研究会(代表世話役 日本医科大学 李卿)が設立され
研究の裾野が広がっている

(https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A3%AE%E6%9E%97%E6%B5%B4)抜粋

緑が一杯・・・気持ち良いです・・・❤❤❤

緑が・・・一杯です・・・\(◎o◎)/!
我が街は新緑で一杯
此処も・・・緑が一杯・・・!!
DSCN1292.jpg
何処に・・・目をやっても・・・緑が一杯です・・・!!
くは・・・この緑を楽しみましょう・・・
サフランモドキ
庭の片隅に・・・楚々と咲く【サフランモドキ❀❀❀
西インド諸島やメキシコに自生する多年草で
観賞用の園芸種です
日本には江戸時代の終わり頃(1845年)渡来
、その頃はサフランと
誤って呼ばれていたそうです
ですが明治7年・・・今の名前に改められたそうです

(http://www.keins.city.kawasaki.jp/content/kwhana/hana/s/sahuranmdoki.htm)参照
つめ切り草 サツキの花芽
つめ切り草  サツキ
葉を松葉・・・花をボタンになぞらえてこの名前があります
炎天下にもよく花を咲かせるので「ヒデリグサ(日照草)」
茎を切って土に挿しておくと簡単に根が出てふえるので
「ツメキリソウ(爪切り草)」もしくは「ツミキリソウ(摘み切り草)」の別名があります
英名の「eleven o clock」は朝に開花して昼前にしぼむ性質に
「rose moss」は花をバラ・・・草姿をコケに例えたものです
学名はポーチュラカ・グランディフローラ
ポーチュラカはラテン語のポルト(porto:もっている)とラク(lac:乳)からなり
「乳液をもつ」と言う意味ですがマツバボタンは
葉や茎を切っても乳液は出さず・・・(ぬめっとした粘液は出ます)
由来は不明です・・・グランディフロラは「大きな花」の意です

(http://yasashi.info/ma_00002.htm)抜粋

サツキ(皐月、学名 Rhododendron indicum)はツツジ科の植物で
山奥の岩肌などに自生する
盆栽などで親しまれている
サツキツツジ(皐月躑躅)などとも呼ばれており
他のツツジに比べ1か月程度遅い
旧暦の5月 (皐月) の頃に一斉に咲き揃うところから
その名が付いたと言われる

(http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B5%E3%83%84%E3%82%AD)抜粋

この時期・・・緑と・・・咲き掛けた花で・・・❀❀❀
目を楽しませることが出来ますね・・・
!!

生駒市高山にある・・・サイエンスブラザへ・・・§^。^§

外の様子
サイエンスブラザの・・・広場です・・・( ^)o(^ )
内部
高山サイエンスプラザ
公益財団法人・奈良先端科学技術大学院大学支援財団が行う
産学交流事業や地域交流事業などの活動拠点として
研究者交流や市民交流の場です
高山サイエンスプラザは4階立て総床面積 5,451 m2 の建物です
平成5年10月に竣工しました

(http://www.science-plaza.or.jp/scienceplaza/)抜粋

奈良先端科学技術大学院大学
ならせんたんかがくぎじゅつだいがくいんだいがく
英語: Nara Institute of Science and Technology)

奈良県生駒市高山町8916番地の5に本部を置く
日本の国立大学である
1991年に設置された
大学の略称はNAIST(ナイスト)
奈良先端大学

(https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A5%88%E8%89%AF%E5%85%88%E7%AB%AF%E7%A7%91%E5%AD%A6%E6%8A%80%E8%A1%93%E5%A4%A7%E5%AD%A6%E9%99%A2%E5%A4%A7%E5%AD%A6)抜粋

因みに・・・右に映っている木は・・・擬木です・・・\(◎o◎)/!
顔①
窓ガラスには・・・アインシュタインの顔が・・・( ^)o(^ )

アルベルト・アインシュタイン(独: Albert Einstein・1879年3月14日 - 1955年4月18日)
ドイツ生まれのユダヤ人の理論物理学者
特殊相対性理論および一般相対性理論・相対性宇宙論
ブラウン運動の起源を説明する揺動散逸定理
光量子仮説による光の粒子と波動の二重性
アインシュタインの固体比熱理論・零点エネルギー
半古典型のシュレディンガー方程式
ボーズ=アインシュタイン凝縮などを提唱した業績により
20世紀最大の物理学者とも
現代物理学の父とも呼ばれる
特に彼の特殊相対性理論と一般相対性理論が有名だが
光量子仮説に基づく光電効果の理論的解明によって1921年のノーベル物理学賞を受賞した
音楽学者でモーツァルト研究者のアルフレート・アインシュタインは
従弟とされる場合があるが・・・異説もある
数多くの業績のほか・・・世界中に広くその存在が認知されており
しばしば天才の代名詞としても引き合いに出される
1999年・・・アメリカのニュース週刊誌『タイム』は
アルベルトを『パーソン・オブ・ザ・センチュリー』(20世紀の人)に選出した

(http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%AB%E3%83%99%E3%83%AB%E3%83%88%E3%83%BB%E3%82%A2%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%82%B7%E3%83%A5%E3%82%BF%E3%82%A4%E3%83%B3)抜粋
景色①
この一面だけ・・・斜めに設計されています 
その為に外の景色が広く映る様になっています 

この建物の中で・・・講義を受けに来ました・・・
久しぶりに建物の中に入り・・・ ちょっと不思議な気持ちです・・・ 

またバイオサイエンスでは2012年
ノーベル生理学・医学賞受賞者である山中伸弥
が京都大学に移籍する前に在籍
初めて自分の研究室を持ちiPS細胞の研究を開始
人生の決定的な転機となったところである
一番弟子の高橋和利らに出会ったのもここである
山中が研究に使用した機材は今も保管されている

(https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A5%88%E8%89%AF%E5%85%88%E7%AB%AF%E7%A7%91%E5%AD%A6%E6%8A%80%E8%A1%93%E5%A4%A7%E5%AD%A6%E9%99%A2%E5%A4%A7%E5%AD%A6)抜粋

山中 伸弥(やまなか しんや・1962年(昭和37年)9月4日 - )
大阪府枚岡市(現・東大阪市)出身の日本の医学者
京都大学iPS細胞研究所所長・教授・日本学士院会員・学位は博士(医学)
その他称号としては京都市名誉市民・東大阪市名誉市民など
カリフォルニア大学サンフランシスコ校グラッドストーン研究所上級研究員
奈良先端科学技術大学院大学栄誉教授
文化勲章受章者
「成熟細胞が初期化され多能性をもつことの発見」により
2012年のノーベル生理学・医学賞をジョン・ガードンと共同受賞した

(https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B1%B1%E4%B8%AD%E4%BC%B8%E5%BC%A5)抜粋

地域の児童公園と・・・声掛け運動(青色パトロール)参加

誰も居ない公園
私の住んでいる地域の児童公園は・・・
何処も子供達の姿が見えません・・・
世の中一寸不安なので・・・
外で遊ぶ機会が少なくなっています・・・
子供の元気な声が余り聞こえなくなっています
寂しいですね・・・(;一_一)


児童遊園(じどうゆうえん)とは
児童福祉法第40条に規定されている児童厚生施設の一つで
児童の健康増進や・・・情緒を豊かにすることを目的とし
児童に安全かつ健全な遊び場所を提供する屋外型の施設である

(https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%85%90%E7%AB%A5%E9%81%8A%E5%9C%92)参照
防犯チャレンジ
地域の防犯に参加しています・・・
「空き巣」がとても多いです・・・
この他「青色パトロール」も実施しています\(◎o◎)/
少しでも「空き巣」が減りますように・・・

青色防犯パトロール(あおいろぼうはんパトロール)とは
日本の自主防犯ボランティアのうち
青色の回転灯を装備した自動車(青パト)を用いて行われる防犯パトロールのこと
一般自動車への回転灯装備は法令で禁止されているが
自主防犯パトロール運動の高まりにより
2004年(平成16年)より所定の届出の上認可を受ければ
青色回転灯を自動車に装備できるようになった
青色防犯パトロールはこのような認可を受けた
自主防犯のための活動団体(市町村や町内会・自治会などで行われる
宮城県や大分県のように
ライフセービングクラブ(水難救助ボランティア団体)でパトロールカーの運用を行っている地域もある

(https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9D%92%E8%89%B2%E9%98%B2%E7%8A%AF%E3%83%91%E3%83%88%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%AB)抜粋

つめ切り草・・・❀❀❀と・・・紫蘭・・・❀❀❀

つめ切り草
此処暫くの暖かさに釣られ・・・
「つめ切り草」が咲いて来ています・・・
とてもチャーミングな花です・・・
でもこの花・・・晩になると萎んでしまいます・・・
綺麗なのは・・・昼間だけです・・・

マツバボタンとは
春にタネをまいて夏から秋に花を楽しむ春まき一年草で、
夏の定番草花の一つです
同じ仲間(属)のハナスベリヒユもポーチュラカの名前で広く出回り
夏花壇や鉢植えに広く利用されています
細い茎は細かく枝分かれして
這うように広がっていきます
葉は肉厚の棒状で先端がやや尖っていて短いです
茎・葉とも多肉質で水分をたっぷり蓄えられ
乾燥に強いです
茎の先端につぼみを付けて
大きくふくらんだものから1輪ずつ咲いていきます
花は短命で1~2日程でしぼんでしまいますが
すぐに新たなつぼみが開いて夏の間は次々と花を咲かせてくれます
花は径3cm~5cmほどで、一重と八重咲きがあります
色は赤・」ピンク・サーモンピンク・オレンジ・黄・白など豊富で絞り模様もあります
おしべは軽く触れるとめしべの方向に動くおもしろい性質があります
タネは非常に細かいですが
気温があればよく芽を出します

(http://www.yasashi.info/ma_00002.htm)抜粋

花一杯の「紫蘭」
我が家の片隅に咲く「紫蘭」・・・❀❀❀
今が一番綺麗です!!
白色と紫色が・・・
この花は随分と持ちますよ\(◎o◎)/!

シラン(紫蘭、学名: Bletilla striata Reichb. fil.)
ラン科シラン属の宿根草
地生ランで・・・日向の草原などに自生する

地下にある偽球茎は丸くて平らで
前年以前の古い偽球茎がいくつもつながっている
葉は:・・・最も新しい偽球茎から根出状に3枚から5枚程度出て
幅の広い長楕円形で・・・薄いが堅く
表面にはたくさんの縦筋が並んでいる
花期は4月から5月
花は紫紅色で・・・30から50cm程度の花茎の先に数個つく
花弁は細長く・・・あまり開ききらないような感じに咲く
観賞用に・・・花の色が白色のもの
斑入りのもの・淡色花・花弁が唇弁化した「三蝶咲き」などがある

(https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B7%E3%83%A9%E3%83%B3_(%E6%A4%8D%E7%89%A9))抜粋

赤いボタンと・・・白いシャクヤク

赤色の「ボタン」
うっとりする素晴らしい色の牡丹の花です・・・❀❀
この時期はどんな花も本当に綺麗です!!

【立てばシャクヤク 
座ればボタン
 歩く姿はユリの花】


当てはまる人は誰だ・・・??
近くにおられるかな・・・
??
ボタン(牡丹、学名:Paeonia suffruticosa)
ボタン科ボタン属の落葉小低木
または・・・ボタン属(Paeonia)の総称。
別名は「富貴草」「富貴花」「百花王」「花王」「花神」「花中の王」「百花の王」
「天香国色」 「名取草」「深見草」「二十日草(廿日草)」
「忘れ草」「鎧草」「ぼうたん」「ぼうたんぐさ」など多数
以前は・・・キンポウゲ科に分類されていたが
おしべ・花床の形状の違いからクロンキスト体系では
シャクヤクとともにビワモドキ目に編入され
独立のボタン科とされた
APG IIIではユキノシタ目とされる

(https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9C%E3%82%BF%E3%83%B3_(%E6%A4%8D%E7%89%A9)》抜粋
白色の「シャクヤク」
可憐に白い色の「シャクヤク」の花が・・・
咲いて来ました・・・\(◎o◎)/!
今一番綺麗な時です・・・
でも花の命は短いです・・・
綺麗な内にもっと目の保養がしたいです・・・

シャクヤク(芍薬)
ボタン科の多年草
学名 Paeonia lactiflora。高さ約60cm。葉は複葉
初夏・・・大形の紅・白色などのボタンに似た花を開く
アジア大陸北東部の原産・・・品種も多い

牡丹が「花王」と呼ばれるのに対し・・・芍薬は花の宰相・「花相」と呼ばれる
ボタンが樹木であるのに対して・・・シャクヤクは草本である
そのため・・・冬には地上部が枯れてしまい休眠する
ボタンの台木として使用されるが
シャクヤク自体の花も美し・・・、中国の宋代には育種が始まった
江戸時代には「茶花」として鑑賞され
品種改良も行われた古典園芸植物でもある
また・・・熊本藩では武士の素養として園芸を重要視し
奨励された・・・特に六種類の植物が盛んに栽培・育種され
これを「肥後六花」と総称するが・・・キク・朝顔・椿等と共にシャクヤクもそこに加わっている
この熊本で育種された系統を「肥後芍薬」と呼ぶ
これを含め日本のシャクヤクは・・・重咲きが中心で
特に雄蕊が大きく発達して盛り上がり花の中央部を飾るものが多く
全般にすっきりした花容である
この花型を「金蕊咲き」と呼び・・・海外では「ジャパニーズ・タイプ」と呼んでいる
花の形は「一重咲き」「八重咲き」「翁咲き」などがある
株分けで増やすことが一般的

(https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B7%E3%83%A3%E3%82%AF%E3%83%A4%E3%82%AF》抜粋
GO TOP