八尾市恩智神宮寺にある【八王子神社】参拝

入口 標識
入口です
八王子神社
近鉄(大阪線)恩智駅の南南東1.2キロメートルに鎮座する
『延喜式』(神名帳)の「常世岐姫神社」(河内國大縣郡十一座の一)に
比定される古社である
「常世岐」は・・・ツネヨキ・あるはトコヨキと読まれる
明治になって正式名称が「常世岐姫神社」とされたが
今でも旧称の「八王子神社」で親しまれている
朝鮮から渡来してこの地に住んでいた茜染を専門とする技術者集団(赤染氏)が
壬申の乱の功績によって「常世」姓を賜ったという古記録がある
常世一族が祖神として祭ったのが当社の発祥であろう
「八王子」とは牛頭天王の八柱の御子神であるが
当社の北600メートルに牛頭天王(八坂神社)(恩智神社頓宮)が鎮座する
なんらかの関連があるのかもしれない

(http://www.niigata-u.com/files/kengai/osa2012/120614b1.html)抜粋
手洗い水
手洗い水です
本堂
本堂
拝殿には祭神の常世岐姫を描いた額が掛けられている
入口階段
境内(楠木)
この・・・楠木の樹齢は如何ほどかな・・・??
境内① 境内②
常世岐姫神社(とこよきひめじんじゃ)
燕王公孫淵を祖と称する常世氏が信奉する神(常世岐姫神)を
祀る神社であり・・・日本全国に数社ある
大阪府八尾市神宮寺にある神社が本宮であるとされ
残り(分社)は埼玉県内に確認できる
特に行田市荒木に所在する神社は"荒木"を冠して
「荒木常世岐姫神社」と称する場合がある
深谷市樫合にも所在する

(http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B8%B8%E4%B8%96%E5%B2%90%E5%A7%AB%E7%A5%9E%E7%A4%BE)抜粋
白王姫大明神
大阪府八尾市神宮寺にある常世岐姫神社
『延喜式神名帳』に記される河内国大県郡神宮寺村の式内社である
常世岐姫神社の正式名称は明治時代以降のものであり
それまでは「八王子神社(はちおうじじんじゃ)」と称していた
現在も正式名称よりも旧名称のほうが知られており
地図や看板・社頭の石標・八尾市教育委員会の説明標
にも八王子神社と記されている

当地は古代に帰化したと思われる染色技術者集団(品部)
の赤染部(あかそめべ)の本拠地で
赤染とは茜染めのことであるが
赤染氏が伴造としてこれらを管理していたと考えられ
時代は降って鎌倉時代にも当地の人々が幕府から
「河内国藍御作手(あいみつくて)奉行」に任じられて
染色技術を諸国で指導したという
伴造の赤染氏(姓(かばね)は造姓)の一族には
壬申の乱で活躍した者もおり
当地についてみれば
宝亀8年(777年)の夏に正六位上の赤染人足ら13人が
常世連(とこよのむらじ)を賜姓されたという記録があり
『新撰姓氏録』の河内国諸蕃に「常世連・燕の国王・公孫淵の後なり」と記されており
当地を燕の公孫氏の流れを汲むと称する帰化人が
本貫としていた事が判り
またその子孫が茜染めをしていたとも伝わっているので
赤染氏(常世氏)が祖神を祀ったものと推定できる
神社が創建された年代は不詳であるが
貞観9年(867年)官社に預かり
延喜の制で小社(官幣小社)に列した
近世には・・・神宮寺村は北隣の高安郡恩智村とともに
恩智神社の氏地であった
恩智神社は中世末に牛頭天王を勧請しており
それに関連して当社が「八王子社」といわれており(八王子は牛頭天王の8柱の御子神)
八王子神社と呼ばれる所以である
『河内名所図会』にも・・・「今・・・八王子と称する」と記されていた

(http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B8%B8%E4%B8%96%E5%B2%90%E5%A7%AB%E7%A5%9E%E7%A4%BE)抜粋

筆者の私見
今回初めて実家の墓参りをして・・・参拝しました・・・
子供の頃から・・・通り過ぎていた歴史に触れ
その・・・偉大さを・・・知りました・・・(@_@)
今大いに反省しています・・・
自分の生まれ育った地の偉大さを・・・感じています・・・

第二阪奈有料道路


奈良西幹線の上を第二阪奈有料道路が通っています
DSCF1779.jpg
DSCF1781.jpg
第二阪奈有料道路の側道です
DSCF1783.jpg
第二阪奈有料道路入口ゲートです

第二阪奈有料道路(だいにはんなゆうりょうどうろ)
大阪府東大阪市から奈良県奈良市を結ぶ一般国道308号のバイパス(自動車専用道路)

大阪府東大阪市の西石切ランプから
奈良県奈良市の宝来ランプに至る延長13.4kmの国道308号のバイパス道路で
自動車専用道路である
大阪府道路公社・ならびに奈良県道路公社が有料道路として管理している
第二阪奈道路として地域高規格道路の計画路線に指定されている
(将来は西日本高速道路か国土交通省が管理する計画がある)
西石切ランプからは阪神高速道路13号東大阪線に接続しており
大阪市内と奈良市内を最短で結ぶ
西石切ランプ~壱分ランプ間の阪奈トンネル約5.6kmは
危険物積載車両は通行禁止
またはその積載する品目が制限されている
また・・・トンネル出入口付近の数十メートル以外は車線変更禁止となっている

なお・・・名称に「第二」を冠しているのは
大阪府道・奈良県道8号大阪生駒線と奈良県道1号奈良生駒線が
阪奈道路と呼ばれているためである(阪奈道路も1981年までは有料であった

通行料金は他道路と比較するとかなり割高であるが
阪神高速13号東大阪線と直結し
先の東大阪JCTから近畿自動車道へもアクセスできる為・・・交通量は多い

(http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%AC%AC%E4%BA%8C%E9%98%AA%E5%A5%88%E6%9C%89%E6%96%99%E9%81%93%E8%B7%AF)抜粋
DSCF1778.jpg


山焼きが済んだ・・・【若草山】

DSCN6195.jpg
奈良に用事が有ったので・・・
奈良県庁から・・・若草山を眺めて・・・
未だ黒く残っています・・・(*^。^*)
山焼きは1月23日に行われました・・・(*^。^*)
DSCN6196.jpg
若草山は芝に覆われている
この芝はノシバ(日本芝の一種)と呼ばれる日本固有のシバで
近畿では若草山付近が唯一の自生地とされる
ノシバの種は堅い殻に覆われており
シカがシバの葉と共に種を食べても
シカの歯と胃液による消化などから堅い殻が種を守る
ただ守るだけでなく
シカの胃に入ると
胃液と体温(40度程度)で殻は速やかに溶けて発芽できる状態になり
未消化の種は糞とともに山に散布されることにより
ノシバは発芽する・・・このサイクルを繰り返し
古来よりこの地で生息してきた
このため、若草山のシバの生育には自然状態ではシカの存在が不可欠である
また・・・ノシバの葉や茎は踏まれても問題ないが
土壌が人に踏み固められると、固い土が根の生育を著しく阻害するために、シバは枯れる(このため、仮にシバを薬品処理して発芽させても・・・土壌の管理ができなければ
芝の保護生育は望めない
近時・・・ノシバの保護の為
シバ地の拡大と保護が若草山を中心に
自治体やボランティアによって行われている

ノシバ(標準和名はシバ)山芝や地芝や砂芝とも呼ぶ
北海道北部以外の日本全土に分布・自生しており
平野や海岸によく見られる
アスファルトの隙間から生えている芝はこの芝であることが多い
飛行場や法面の植栽もこのノシバである
草丈10cm以上で
草幅は概ね4ミリメートル程度である
最大の特徴は葉の硬さであり
日本芝のなかではもっとも固い
座ったときに「ちくちく」すれば
ほぼノシバに間違いないとみてよい
5 - 6月に花茎を出し開花する
休眠は日本シバ中でもっとも早い10 - 11月である
この芝は・・・節間が粗く繁殖方向が直線的で伸びが速いために
緻密な芝になりにくい

芝の種類
中芝 - 葉幅3.6mm以上
大高麗芝 - 3.3〜3.6mm
高麗芝 - 2.7〜3.2mm
姫高麗芝 - 1.7〜2.5mm
エメラルドゾイシア - 2.1mm前後
朝鮮芝 - 1.2〜1.6mm

(http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%8A%9D)抜粋

奈良高円山付近の公園

表通り①
奈良(高円山)付近の公園付近です・・・
奈良奥山ドライブウェイ(ならおくやまドライブウェイ)
奈良交通グループの新若草山自動車道(しんわかくさやまじとうしゃどう)が経営する
奈良県奈良市内にある一般自動車道である
1955年10月22日供用開始
1960年11月全通
若草山側は新若草山自動車道・高円山側は高円山ドライブウェイとも呼ばれる
なお・・・高円山ドライブウェイ部分はかつては万葉ドライブウェイと呼ばれていた時期もあった
また・・・若草山山頂に近い「鎌研交番所」(交番所と言っても警察の交番ではなく
道路係員が通行車両を監視している場所)の検札所から
地獄谷石仏群に近い「芳山交番所」までの春日山A周路は
実は奈良県の所有する道路であるが
この部分の通行料金(正式には「使用料」という)は
新若草山自動車道が新若草山自動車道部分と
高円山ドライブウェイ部分の料金と共に徴収
する
(http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A5%88%E8%89%AF%E5%A5%A5%E5%B1%B1%E3%83%89%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%96%E3%82%A6%E3%82%A7%E3%82%A4)抜粋
表通り③
春日山の南にある高円山(たかまどやま・ たかまとやま)
春日山と同様に奈良の人々が四季を楽しんだ
行楽地のような場所だったようです

聖武天皇(しょうむてんのう)の離宮があったとされていますが
どこにあったのかはわかっていません

(http://www6.airnet.ne.jp/manyo/main/map/takamado.html)抜粋
表通り②
♥♥♥♥♥♥♥♥
「高円の野辺の容花面影に見えつつ妹は忘れかねつも」
                            ♥♥♥♥♥♥♥♥
万葉集巻八・大伴家持が結婚を間近に控えていたと見られる
坂上大嬢に贈った歌
「高円山の野辺に咲くカオバナのように
いつも面影に浮かんで
あなたを忘れることが出来ませんでした」という程の意
上句から下句へは「かほばな」→「おもかげ」と連想をつなげてゆく
序詞風の手法が取られている
これによって・・・あたかも映画の二重写しのように
花の面影に愛しい女の面影が重なってゆくのだ


因みに今晩は・・・若草山の山焼き・・・
春は其処まで・・・

【神宮寺小太郎塚・・・八尾市神宮寺に建つ・・・(@_@;)

DSCN6137.jpg
神宮寺(じんぐうじ)
大阪府八尾市の地名
〒581-0885・・・現住所表記では1丁目 - 5丁目および大字神宮寺
旧南高安町地域としては唯一
旧高安郡以外(大県郡)から編入された地域である

令制国一覧 > 畿内 > 河内国 > 大県郡 > 神宮寺村
当地は古代に朝鮮半島から渡来したとされる
染色技術者集団である赤染部の本拠地で
続日本紀に赤染氏が常世連姓を授けられたという記述がある
当地にある常世岐姫神社は常世氏が祖神を祀ったものとされる

(http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A5%9E%E5%AE%AE%E5%AF%BA_(%E5%85%AB%E5%B0%BE%E5%B8%82%E3%81%AE%E5%9C%B0%E5%90%8D))抜粋
DSCN6138.jpg
DSCN6132.jpg DSCN6133.jpg
時代が下り・・・鎌倉期から室町期にかけて当地の豪族として
神宮寺氏が楠木氏一族として資料に見える
延元元年の湊川の戦いで戦死した楠木氏一族6人の中に
楠木正成公八臣の一人である神宮寺太郎兵衛正師の名がある
また・・・『和田文書』には神宮寺新判官正房の名が
湊川合戦で奮戦した者として記されている
両名は同一人物とも兄弟か親子とも言われている
当地にある神宮寺小太郎塚は正師または正房の墓であるとの言い伝えがある
正保郷帳の写しとされる河内国一国村高控帳では333石余
江戸時代以降・・・大坂常番支配をはじめ幾度か支配者が変わり
宝暦11年に狭山藩領となり幕末に至っている
明治以降の市町村制施行で南高安村の大字となる
昭和56年に町名地番改正されて丁目の割り振りがされた

町域は東西約2.3km
南北は約300m強と
東西に細長い
5丁目辺りが旧集落
大字神宮寺は概ね山地
他は農地が主となっているが住宅が混在している
地域内を近鉄大阪線が2丁目と3丁目の間を通るが
地域内に駅はなく・・・最寄りは北側の恩智駅または南側の法善寺駅
1丁目西側はJR志紀駅の徒歩圏
4丁目と5丁目の間を国道170号線(東高野街道)が通る
近鉄大阪線のすぐ東を恩智川が流れる

(http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A5%9E%E5%AE%AE%E5%AF%BA_(%E5%85%AB%E5%B0%BE%E5%B8%82%E3%81%AE%E5%9C%B0%E5%90%8D))抜粋

筆者の私見
私の実家の墓参りに行って来ました・・・
子供の頃から近くにあるのは・・・知っていましたが・・・
じっくりと見たのは・・・
これが初めて・・・??
ちょっと不勉強でした・・・反省しています・・・
歴史があったのですね・・・\(◎o◎)/!

朱竹の額と・・・陶雛人形

DSCN6097.jpg
朱竹の額です・・・( ^)o(^ )玄関先に飾っています
古来中国の神仙に由来し呪術を意味します
宋の高名な詩人蘇東坡が描いた朱竹の絵からとったものです
これを持つものは子宝に恵まれ・・・出世を果たし
家は繁栄するというパワーをもらったもの

(http://syutiku.blogspot.jp/)参照
DSCN6093.jpg
陶雛です・・・玄関先に飾っています
玄関や出窓・床の間 さりげなく飾ってほしい
温かい春の訪れがひとあし先にやってきます

とてもふくよかな・・・なりわいですね・・・??

気になる・・・高圧線・・・(@_@)


実家の墓参りの時に・・・
ずっと気になっている・・・高圧線です

電線路(でんせんろ)
電力を運ぶための電線およびその支持物・付帯設備を含む電力設備である
また・・・電線路を形成する電線のうち
送電網におけるものは送電線(そうでんせん)
配電網におけるものは配電線(はいでんせん)と呼んで区別されている

DSCN6154.jpg
DSCN6156.jpg
高圧線下の影響
送電線の多くは
他者の所有地の上を通る
その場合・・・一般に「線下補償料」と呼ばれる
土地使用料にあたる料金が支払われることになる
その一方で高圧線下の地価は
美観などの理由から
周辺の地価より低くなることもある
近年では・・・高圧線が発する低周波の電磁波を
浴びることによる健康被害が
WHOなどで注目されている

スウェーデン等では2~3mGを目安に
それを超える高圧線の鉄塔を住宅や幼稚園などの
近辺に建設しないように規制している
他にも・・・高圧線の出す電磁波により
放送電波に影響がでることがある

(http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9B%BB%E7%B7%9A%E8%B7%AF)抜粋

筆者の私見
子供の頃から沢山の電線が通っている・・・
今になって色々の障害が出て来る事が理解できます 
近所の人たちはどんな考えかな・・・??
黙って居られるだけ・・・??
今更これだけの電線はどうにも出来ないのかな・・・
ちょっと考えてしまいます・・・ 

だれも・・・遊んで居ない・・・公園

誰も居ない公園
整備は抜群!!
芝生が整理された公園
此処まで整備されている公園は・・・
あまり無い\(◎o◎)/!
公園
朝walking・・・ ・・・の時に通る公園です
誰も遊んで居ない・・・
寒いのも有るのかな・・・??
遊具が寂しく
整備は抜群・・・

三輪明神へ初詣で

三輪明神へ初詣で・・
DSCN5918.jpg DSCN5916.jpg
三輪明神駐車場                           入口の大鳥居
5日・・・毎年恒例の三輪明神へ初詣で
大神神社(おおみわじんじゃ)
奈良県桜井市三輪にある神社
式内社(名神大社)・大和国一宮・二十二社(中七社)の一社
旧社格は官幣大社で
現在は神社本庁の別表神社。
別称として「三輪明神」・「三輪神社」がある


DSCN5919.jpg
参道です・・・周りは出店で一杯!!
DSCN5922.jpg
此方は神秘な参道・・・\(◎o◎)/!
DSCN5921.jpg
第2の大鳥居
JR桜井線「三輪」駅下車
改札口を出て西に進み直ぐ右(北の方向)に曲り商店街の中を進む
商店街を抜けると広い参道に出るので
右(東の方向)に曲り
JRの踏切を渡り道なりに進むと大神神社の「二の鳥居」に着く



DSCN5926.jpg
本殿です
大和国一之宮 三輪明神 大神神社(おおみわじんじゃ)は
国のまほろばと称えられる三輪山を御神体として仰ぎ
大物主神を祀っている日本最古の神社


此処は・・・を祀っている・・・
昔から・・・守り神は巳と云われている・・・
DSCN5931.jpg

DSCN5934.jpg
此処から厄除け・・・病気を予防する神が・・・
大神神社には・・・「くすり道」という道がある
大神神社から・・・その摂社である狭井(さい)神社までの間の
僅かな距離であるが
製薬会社の協力で作られており
道の両脇には薬草や薬木が植えられている
人工的に作られた薬草・薬木の道であるが
狭井神社が・・・くすりの神社であることを象徴している
狭井神社は・・・くすりの神様である少彦名大神をまつっているからである

(http://toneriver.exblog.jp/13463117/)参照

今年の正月は・・・季節外れの・・・暖かい気候・・・
??
世界の気候が可笑しいらしい・・・

娘のマンションからの景色

娘のマンションからの景色です生駒山①
生駒山の鉄塔がはっきりと・・・
見えます・・・
娘のマンションからのシャッターチャンス
生駒山②
生駒山
生駒山(いこまやま・いこまさん)は
奈良県生駒市と大阪府東大阪市との県境にある標高642mの山
生駒山地の主峰である


天気が良かったので・・・最高の景色が取れました・・・
GO TOP