貴船神社【奥宮】参拝・・・パート2

連理の杉の看板
連理の杉
「連理の杉」という御神木があります
連理とは二つの木が融合していることを指し
縁結びの象徴といわれる
この連理の杉は
楓の木と杉の木の融合で
種類の違う木同士の連理は結構珍しいようです

御舟形石の標識
御舟形石
奥宮本殿の西側にあり
船の形をした石組み
貴船神社創建伝説によると
約1,600年前(第18代反正天皇の御代)初代
神武天皇の皇母・玉依姫命が大阪湾に御出現になり
水の源を求めて黄色い船に乗り
淀川・鴨川をさかのぼり・・・その源流である
貴船川の上流・現在の奥宮の地に至り
水神を祀り「黄船の宮」と称された
その黄色い船は人目に触れぬよう石で包まれたという

(http://kifunejinja.jp/access/kifunemap/detail.html)抜粋
貴船伝説 検知
貴船神社(きふねじんじゃ)
京都府京都市左京区にある神社
式内社(名神大社)・二十二社(下八社)の一社
旧社格は官幣中社で・・・現在は神社本庁の別表神社
全国に約450社ある貴船神社の総本社である
地域名の貴船「きぶね」とは違い
水の神様であることから濁らず「きふね」という

(https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%B2%B4%E8%88%B9%E7%A5%9E%E7%A4%BE)抜粋
貴船河の看板 貴船川②
貴船川
貴船川は全長約3kmという短い川で
叡電「貴船口駅」の近くで鞍馬川と合流している
その後・・・鞍馬川は鴨川に合流
更に鴨川は桂川に合流し
最終的には淀川へつながっている
貴船は・・・京都の奥座敷と呼ばれ
川床料理などで有名な料理旅館が並んでいる
川の水は澄み・・・清流に生息するあゆ・いわな・にじますなどの川魚が見られる
貴船神社から貴船口駅まで・・・貴船川沿いに歩く

(http://www.uchiyama.info/oriori/insho/kawa/kibune/)抜粋
貴船川①
平安時代の女流歌人・和泉式部が貴船神社に参詣し
蛍の歌を詠んだ
それから千年後の現在も
6月中ごろからこの付近一帯で
蛍の乱舞が見られる


京都市右京区の芹生峠を源とする貴船川と
京都市左京区の花脊峠を源とする鞍馬川がある
両者は貴船口で合流し鞍馬川となり
山幸橋で鴨川と合流し大きな流れとなる
貴船神社社伝においては・・・神武天皇の母である玉依姫命が
淀川・鴨川の源流を遡上した際にたどりついたのが貴船の地とされるため
日本神話的には貴船川を鴨川の源流と見なすこともある
鴨川は鞍馬川と合流後
北区上賀茂で京都盆地に出る
上賀茂神社(賀茂別雷神社)・下鴨神社(賀茂御祖神社)脇を南南東に流れ
賀茂大橋(加茂大橋)手前で高野川と合流する
そこから京都市内を真南に流れ
四条大橋付近から南西へ流に振り
五条大橋から再度南下
九条高架橋を越えた後に南西へと流れを変え
伏見区下鳥羽で西高瀬川と合流、そのまま桂川に注ぐ
また・・・中京区で西に高瀬川を分け
以南で並行して九条付近で再度合流する

(https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%B4%A8%E5%B7%9D_(%E6%B7%80%E5%B7%9D%E6%B0%B4%E7%B3%BB))抜粋

奥宮は此処までです・・・
次は鞍馬に行きます・・・
又・・・ご覧くださいね・・・


貴船神社【奥宮】へ参拝・・・パート1

参道
奥宮への参道です・・・
山崩れ
深層崩壊・・・??
深層崩壊(しんそうほうかい、英語:deep-seated landslide)とは
山崩れ・がけ崩れなどの斜面崩壊のうち
すべり面が表層崩壊(厚さ0.5-2.0m程度の表層土が
表層土と基盤層の境界に沿って滑落する
比較的規模の小さな崩壊)よりも深部で発生し
表土層だけでなく深層の地盤までもが
崩壊土塊となる比較的規模の大きな崩壊現象をいう
きっかけは長時間の降雨などとされる
土砂災害の形態を表す言葉に
がけ崩れ・地すべり・土石流などがあるが
深層崩壊・表層崩壊は崩壊の形態を表す用語である

(https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B7%B1%E5%B1%A4%E5%B4%A9%E5%A3%8A)抜粋
奥宮看板奥宮の言われ
奥宮(おくみや)とは
日本の神道における神社の中の
ある社殿に対する他の社殿の関係を現す名称のひとつ
または・・・その関係にある社殿そのものをいう
奥社・上宮・あるいは元宮というときもある
たかおかみのかみ
水を司る神様とされており
水は生物生育の元であり
欠かすことの出来ない御神霊とされている
水の霊威は広大で・・・水の恩恵を被らぬものはいないことから
崇敬は全国一般におよんでいるというが
特に治水関係者・農家・醸造家・航海者・飲食業・その他水商売の人々の厚い信仰をうけているようである

思い河の言われ
思い河
天喜3(1055)年に水害により現在の本宮へ移転するまで
現在の奥宮が貴船神社の本社だったそうです
この川は・・・本社へ参詣する前に手を洗い
口をすすいで身を清める
禊ぎ・物忌みの川だったのです
それが・・・縁結びや恋愛祈願などで訪れる人が
昔から多かったこともあったのでしょうか
元は物忌みの川だった「おものいみ川」が
いつの頃からか「思ひ川」と呼ばれるようになったという話です

(http://moon.ap.teacup.com/komichi/291.html)抜粋
つつみが岩の標識 つつみが岩
貴船名石・・・つつみヶ岩 
貴船一帯は良い石の産地なのだそうですが
それは海底火山が隆起したからだそうです
この岩も・・・その名残なのだそうです

相生の杉の言われ
相生の杉
相生(あいおい)の杉は
同じ根から生えた二本の杉で
樹齢千年で・・・夫婦共に長生きできるとの御利益があります
相生(あいおい)とは一緒に生育することで
①一つの根元から二つ幹が分かれて伸びること
②2本の幹が途中で結合していること
を意味する言葉ですが
相生の大杉は①で根を同じくしていました


奥宮への参拝の掲載はもう少し続きます・・・
次のページも是非にご覧くださいね・・・

貴船川の様子と料亭【兵衛さん】の佇まい・・・( ^)o(^ )

店内⑤
兵衛さん・・・店内の様子・・・
店内④
川と崖に囲まれています・・・(@_@;)川③
先日の台風で少し手直しされていました・・・
川④
川⑨ 川③
川⑥
真夏の炎天下でも平均気温23.5度と
京都市内の温度より10度は低い貴船川床
床に腰を下ろした途端に
汗が引いていきます
2段ある大きな滝から流れる冷風
そして岩を打つ水の音が心地よく
その瀬音を聞いているだけで癒されるでしょう
ここだけは別界の涼しさその風流度は格別です

(http://www.kibunesou.com/kawadoko/)抜粋
川⑪
川⑧
崖が迫って来ています・・・\(◎o◎)/!

貴船の床の始まりは大正時代
行社さんらが涼むために川で一服する際
小さな床机に腰をすえて
足などを洗っているところにお茶や食べ物などをだし
おもてなししていたのが始まりと言われております
そして・・・床机を敷き並べたスタイルで始まり
今日も昔ながらのスタイルを続けています
手を伸ばせば水に手が届く
川の真上に床机を敷いたお座敷で
貴船ならではの涼やかな空間です

(http://www.kibunesou.com/kawadoko/)抜粋

京都貴船【川床料理・・・兵衛】パート1

納涼床 納涼床(のうりょうゆか・のうりょうどこ)
あるいは川床(大阪北浜では「かわゆか」
京都鴨川では「ゆか」・貴船・高雄では「かわどこ」と読むのが一般的)は
京都や大阪の夏の風物詩の一つである
料理店や茶屋が川の上や
屋外で川のよく見える位置に座敷を作り
料理を提供する
5月ごろから9月ごろまで
京都の鴨川・貴船・高雄・鷹峯などで楽しむことができる

(http://admin.blog.fc2.com/control.php?mode=editor&process=load&eno=783)抜粋
看板
貴船「川床料理」・・・兵衛さん
  • 兵衛で検索
    川①
    川②
    座敷から・・・貴船川に手を入れる事が出来ますよ・・・
    貴船川は全長約3kmという短い川で
    叡電「貴船口駅」の近くで鞍馬川と合流している
    その後・・・鞍馬川は鴨川に合流
    更に鴨川は桂川に合流し
    最終的には淀川へつながっている
    貴船は・・・京都の奥座敷と呼ばれ
    川床料理などで有名な料理旅館が並んでいる
    川の水は澄み・・・清流に生息するあゆ・いわな・にじますなどの川魚が見られる
    貴船神社から貴船口駅まで・・・貴船川沿いに歩く

    (http://admin.blog.fc2.com/control.php?mode=editor&process=load&eno=783)抜粋
    店内② 店内①
    料亭の風景・・・広々としていて・・・とても気持ちが和みます
    料理② 料理③ 料理④料理⑤ 料理⑥
    料理⑦ 料理⑧
    料理⑨ 料理①
    おしながき
    ①八 寸
    季節の前菜盛り合わせ
    ②造 里
    鱒そぎ身 あしらい一式
    ③炊合せ
    季節のもの色々
    ④焼 物
    鮎笹焼き あしらい一式
    ⑤お凌ぎ
    季節のもの
    ⑥季節のご飯
    旬のものを添えて
    ⑦水物
    日替わり


    筆者の私見

     とても優雅なひと時を・・・
      川の流れの音で・・・
      話声はかき消されました・・・
      次のページでもう少し店内の様子と・・・
      川の流れ・・・佇まいを紹介したいと思います・・・
      是非にご覧くださいね・・・  

  • 京都【貴船の川床料理】~貴船神社【奥宮】~鞍馬へ

    木津川大橋を渡ります・・・
    橋①
    木津川大橋(きづがわおおはし)
    京都府八幡市と京都府久世郡久御山町の間の木津川に架かる橋
    国道1号に指定され・・・京阪国道として重要な役割を果たしている

    (https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9C%A8%E6%B4%A5%E5%B7%9D%E5%A4%A7%E6%A9%8B)参照
    橋②
    自宅から車で・・・出町柳まで  
    其処から・・・叡山電鉄に乗って・・・
    貴船口到着・・・そこからは迎えのバスで【川床料理】へ
    出町柳
    出町柳の街
    出町柳駅(でまちやなぎえき)
    京都市左京区にある
    叡山電鉄・京阪電気鉄道の駅
    駅番号は京阪電気鉄道がKH42・叡山電鉄がE01
    「出町柳」で鴨川左岸(東側)の当駅周辺の地名として定着しているが
    元は出町と柳(柳の辻)の二つの旧地名を合わせた駅名である
    出町は鴨川右岸(西側・上京区側)の河原町今出川付近の旧地名
    柳は鴨川左岸(東側、左京区側)の当駅周辺の旧地名である
    (なお・・・叡山電鉄側の現所在地が「左京区田中上柳町」
    京阪電鉄側の現所在地が「左京区田中下柳町」である)

    (http://admin.blog.fc2.com/control.php?mode=editor&process=load&eno=782)抜粋
    鴨川
    鴨川を渡ります
    鴨川(かもがわ)
    京都府京都市を流れる淀川水系の一級河川
    駅③
    駅① 駅②
    叡山電鉄駅
    叡山電鉄株式会社(えいざんでんてつ、英: Eizan Electric Railway Co., Ltd.)
    京都府京都市左京区の出町柳駅から八瀬・鞍馬への路線を運営する鉄道会社
    通称「叡山電車」。略称は「叡電」(えいでん)
    本社は京都市左京区山端壱町田町8番地の80(修学院駅に隣接)
    本店は京都市左京区山端壱町田町14番地の1
    1985年に京福電気鉄道(京福)の完全子会社として設立されたが
    1991年11月に京阪電気鉄道(京阪)が筆頭株主となったのち
    2002年3月からは同社の完全子会社となっている
    全国登山鉄道‰会に加盟している

    (http://admin.blog.fc2.com/control.php?mode=editor&process=load&eno=782)抜粋
    電車②
    電車①
    叡山電鉄900系電車(えいざんでんてつ900けいでんしゃ)
    1997年(平成9年)と1998年(平成10年)にそれぞれ2両1編成
    合計4両が武庫川車両工業で製造された叡山電鉄の電車である
    「紅葉を観るために乗りに来ていただく車両」をコンセプトに外観
    内装がコーディネートされ、鉄道に詳しくない観光客にも親しまれる様
    きららの愛称がつけられた
    鉄道による旅の楽しさを追求した車両であることなどが評価され
    1998年度の鉄道友の会ローレル賞を受賞している

    (https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8F%A1%E5%B1%B1%E9%9B%BB%E9%89%84900%E7%B3%BB%E9%9B%BB%E8%BB%8A)抜粋

    朝から刺す様な暑さ・・・(~_~;)
    取りあえず車で・・・出町柳まで・・・
    其処から・・・叡山電鉄に乗って・・・貴船口まで  
    其処からお迎えのバスで・・・
    川床料理店へ・・・
    少し長くなりますので・・・川床料理の様子は明日の分で紹介します・・・
    是非にご覧くださいね・・・
    暑さが吹っ飛びますよ・・・
    ご期待ください



    生駒市【宝山寺】へ参拝・・・本堂うしろの岩山・・・(@_@;)

    宝山寺本堂の後の岩山
    生駒市にある・・・宝山寺本堂後の岩山です・・・\(◎o◎)/!
    般若窟と呼ばれる岩壁をバックに建つ本堂です・・・
    壮観な眺めですが・・・\(◎o◎)/!
    ちょっと怖い・・・
    岩壁には・・・弥勒菩薩像が祭っています・・・ちょっと見えにくい??ですね!!
    この岩山は良く見ていると顔に見えますね・・・
    壮大さに・・・ただびっくり・・・\(◎o◎)/!

    筆者の私見
     酷暑に負けず・・・お参りに・・・
     でも・・・この岩山を見ていると・・・暑さが少し吹っ飛んで・・・ 

    宝山寺は・・・奈良県生駒市門前町にある真言律宗大本山の寺院
    生駒聖天とも呼ばれる
    山号は生駒山
    1678年に湛海律師によって開かれた
    本尊は不動明王
    鎮守神として歓喜天を聖天堂に祀っている
    仏塔古寺十八尊第十五番

    (https://www.google.co.jp/?gws_rd=ssl#q=%E5%AE%9D%E5%B1%B1%E5%AF%BA)抜粋

    もっと詳しくは
  • 宝山寺 で検索してください 
  • 生駒高山【くろんど池】へ

    高山「くろんど池」
    酷暑の中・・・生駒高山「くろんど池」に・・・(~_~;)
    暑いけど・・・池の周りは・・・爽やかでした・・・
    生駒市高山の「くろんど池」周辺エリアは・・・
    市域の北端近くの丘陵に広がる水や緑に恵まれた自然豊かなエリアです・・・
    くろんど池周辺の山々は。。。
    金剛生駒紀泉国定公園に指定されています・・・(-。-)y-゜゜゜
    くろんど池や高山溜池の周囲は松林の緑で覆われており・・・
    貸ボートや休憩所の設備があります( ^)o(^ )
    隣接の大阪府内にも「府民の森くろんど園地」が整備されており・・・\(◎o◎)/!
    くろんど池の周辺地は、夏は格好のキャンプ地として・・・
    また・・・春や秋には多くのハイキング客や家族連れで賑わいをみせています・・・
    くろんど池周辺の「くろんどの森」では「樫の森」「憩いの森」などエリア毎に特性を持たせた植栽を行うと共に・・・
    林内歩道や案内板の整備などが行われています・・・


    今年も咲いた・・・八重の朝顔

    八重の朝顔
    八重の朝顔です・・・\(◎o◎)/!
    ちょっと珍しい・・・!!
    この暑い中・・・一生懸命咲いています・・・
    とても涼しげで・・・それでいて可憐な・・・!!

    変化朝顔とは・・・突然変異によって生まれた花や
    葉の形が珍しい朝顔のことです
    八重の花びらや糸のように細い花びら
    縮れた葉など、とても朝顔とは思えない姿 です...

    http://www2.hama-midorinokyokai.or.jp/upload/midorinokyokai/pdf/press/2014.8/20140807-kodomo-asagao.pdf参照

    【二上山】見学

    二上山
    二上山が見える奈良県香芝市の方に行きました・・・
    二上山(にじょうざん)は・・・(^○^)
    奈良県葛城市と大阪府南河内郡太子町に跨がる山です・・・
    かつては大和言葉による読みで「ふたかみやま」と呼ばれていました・・・
    金剛山地北部に位置し・・・
    北方の雄岳(517m)と南方の雌岳(474m)の2つの山頂がある双耳峰と云われています・・・
    また・・・石器に使われた讃岐岩(サヌカイト)の産地でもあります・・・
  • 二上山で検索してください・・・
    歴史が色々と紐解けますよ・・・  

  • 今年も【ザクロ】が実をつけて・・・( ^)o(^ )

    ザクロ
    今年も・・・ザクロがなりました・・・
    今年は気候の関係で・・・
    実のなるものは・・・
    まあまあです\(◎o◎)/!
    ザクロはどうかな・・・??

    ザクロ(石榴、柘榴、若榴、学名: Punica granatum)
    ミソハギ科ザクロ属の1種の落葉小高木・また・・・その果実のこと
    庭木などの観賞用に栽培されるほか・・・食用になる

    葉(は)は・・・一般的には・・・植物がもっている
    光合成や呼吸を行う器官のことをいう
    扁平で・・・葉脈が張り巡らされており
    葉の隅々まで行き渡っている
    植物学においては
    茎頂(茎の先端)で形成される側生器官のことをさすため
    上記のものの他に・・・萼片・花びら・雄しべ・心皮(雌しべのもとになるもの)
    苞・鱗片葉などを含む

    (https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%91%89)抜粋


    GO TOP