奈良県天理市にある【黒塚古墳】見学

黒塚古墳(正面)
黒塚古墳正面です
黒塚古墳(くろつかこふん、くろづかこふん)は
奈良県天理市柳本町にある前期(3世紀末頃)前方後円墳
33面の三角縁神獣鏡が出土したことで有名

マップ 古墳の説明
黒塚古墳マップ                          古墳の成り立ち
古墳の種類
古墳の種類
古墳(こふん)とは
一般に日本史上
3世紀後半から7世紀前半に築造された墳丘を持つ古い墓である
古代の東洋では位の高い者や権力者の墓として盛んに築造された
日本史では
墳丘を持つ墓は墳丘墓と呼んでいるが
この内・・・3世紀後半から7世紀前半に築造されたものを特に「古墳」と呼んで区別している
後述するように
天皇陵とされている古墳への立ち入りは厳しく制限されており
日本史研究会や歴史学研究会等の学術団体の調査要求さえも
宮内庁が拒否しているため
仁徳天皇陵(大仙古墳)など
古代のものについては実際に天皇あるいは皇族の墓であるか検証されていないものもある

(http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8F%A4%E5%A2%B3)抜粋
説明② 説明①
当古墳から出て来た銅鏡
銅鏡
自分の( ^)o(^ )を写して見ました・・・!!
美人に・・・

古墳内部(正面)
古墳内部正面から見ると・・・この様な形・・・(再現)
古墳内部(上から)
古墳内部上の方から見ると
再現ですよ・・・!!
古墳(正面階段)
古墳正面からの階段
古墳は・・・規模・形状、およびその他の要素において
弥生時代の墓制にとって変わったものでなく
非常に変化した墓制としてあらわれた
それは・・・特定少数の埋葬法であり
同時代の集団構成員の墓と大きく隔たっている
さらに・・・地域的にも不均等に出現する
古墳の発生は
墓制の単なる変化や葬送観念の変化にととどまらず
社会・政治の全般に関わる問題としてあらわれた

(http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8F%A4%E5%A2%B3)抜粋
古墳(後ろ)
古墳後側からの階段
日本の古墳には
基本的な形の円墳・方墳をはじめ
八角墳(天武・持統天皇陵)・双方中円墳(櫛山古墳・楯築古墳)・上円下方墳・双方中方墳(明合古墳)・帆立貝形古墳(乙女山古墳) などの種類がある
また・・・前方後円墳・前方後方墳・双円墳(金山古墳)・双方墳などの山が二つある古墳もある
主要な古墳は、山が二つあるタイプの古墳であることが多い
その他・・・墳丘を石で構築した積石塚・石室に線刻・絵画などを施した装飾古墳
石室の壁に絵画を細越した壁画古墳(高松塚古墳・キトラ古墳)・埋葬施設の一種である横穴などがある
死者が葬られる埋葬施設には
様々な形状が見られる。
多くの古墳は築かれてから長い時間が経過したため
上に木や植物が生え
あたかも自然丘陵のようになっている事が多いが
建造当時は木の無い状態で人工建造物であることがわかる状態であった
五色塚古墳や森将軍塚古墳のように建造当時の状態に復元された例もある

(http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8F%A4%E5%A2%B3)抜粋
楠
楠木です・・・大きすぎて
児童公園
古墳の横にある・・・児童公園です
古墳からの街並み② 古墳からの街並み①
古墳から見た街並みです
とても静かな街並みです(@_@;)
古墳(正面①)
向かい側から・・・古墳をパチリ・・・!!
良い天気だったので・・・川面に古墳が写って・・・

この古墳の特徴は
盗難をまぬがれ
石室・鏡などの副葬品もほぼ完全な状態で残っていた
国内最多の三角縁神獣鏡33枚が出土
鏡に「師出洛陽」銘がある
椿井大塚古墳と同笵と思える鏡がある
「三角縁神人竜虎鏡」2形式をあわせ持つ新式の鏡があり
画文帯神獣鏡も特殊なタイプ
吉備地方と石室工法が類似する
木棺中央部に大量の水銀朱が塗られていた
出土した土器は「壺型」
桜井茶臼山古墳と同種のものと思われる
画文帯神獣鏡も桜井茶臼山古墳に同種のもの有。
高級(高密度)な絹布で包まれた
甲冑の小札が出土
「U字形鉄製品」と呼ばれる
用途不明の鉄製用具

(http://inoues.net/club/kuroduka_museum.html)抜粋

奈良県天理市にある【柳本飛行場跡】見学

滑走路跡②
柳本飛行場跡です
柳本飛行場
正式には「大和海軍航空隊大和基地」という
この飛行場の建設には
朝鮮人労働者が数多く就労し
そして「強制連行・強制労働」や強制連行した朝鮮人女性を「日本軍慰安婦」とした史実がある
大和海軍航空隊の開隊年月日は1945年2月11日で
その10日前の2月1日に
鳥取県の第二美保航空隊から赤とんぼ(九三式中間練習機)54機と
予備機若干が飛来し開隊したものである
そして・・・約6か月で8月15日(敗戦)を迎えるのであるが
敗戦時には
人員1700名・航空機としてゼロ戦49機・練習機71機・爆弾大小合わせて約1500発等が配置されていた
ではなぜ・・・このように充実させることを急いだのか
陸軍航空総軍戦闘指令所を予定していた香芝市のどんづる峯地下壕とともに
本土決戦時に柳本飛行場は海軍の重要な役割を担う予定であったからである
(詳しくは、『朝鮮人強制連行・強制労働ガイドブック 天理・柳本飛行場編』参照)

(http://www.geocities.co.jp/HeartLand-Hanamizuki/3836/yanagimoto.htm)抜粋
滑走路跡⑤ 滑走路跡④
滑走路跡③
柳本飛行場に作られた滑走路
幅100m・長さ1500mと大規模なものでした
滑走路は二本作られる予定でしたが
敗戦で一本だけに留まりました
米軍が接収した後・・・元の農地に戻され
滑走路の両側には滑走路への地下水の侵入を防ぐために
暗渠による水路が設けられましたが
その暗渠は今も田んぼの中に残されています
さらには二つの防空壕も作られましたが
防空壕は堅固な作りであるため撤去できず
今も原型をとどめています
ここには・・・金学順ハルモニも見学に訪れました

(http://www.ianfu-kansai-net.org/2014-01-19.html)抜粋
滑走路跡①
地元の人に尋ねても・・・記憶は薄くなっていました
この道路の周辺とだけの記憶だけでした・・・ 
卵かけごはん② 卵かけごはん①
卵かけごはん ¥380
ちょっと珍しいので・・・昼食に食べてみました
街並み 道路①
柳本の街並み・・・とても静かです
火の見やぐら 消防団
天理消防団・・・
火の見やぐら
火の見櫓は火災が多く発生した江戸の町で、
木造の高い櫓(やぐら)を建て
最上階に半鐘や太鼓、板木などを備え
終日地域を監視し
火災を発見した時に
それら鳴り物を打ち鳴らして避難や消火の
出動を知らせるためのものでした

(http://homepage2.nifty.com/kotenma/hinomiyagura.htm)参照

生駒市鬼取町にある【鬼茶屋】へ再度食事に

メニュー 茶がゆ
入口です
優しく花々もお出迎え                       茶がゆ ¥500
                                  食材は無農薬の自家製
レストラン内
広々とした食事処です・・・屋外で食べるのが最高!!
手入れの行き届いた花々
堪能するだけご覧ください

花② 花③ 花④
花⑤ 花⑥ 花⑦
花⑧ 花9
花①
如何でしたか・・・?
未だ未だ・・・あるのですが又次の機会に・・・
生駒山を望む
茶屋から・・・生駒山を・・・
シンボルの鉄塔が見えます 
奈良を望む
食事する所から・・・奈良方面を・・・パチリ 
いつ観ても・・・この絶景には
感動します

久しぶりに生駒市鬼取町にある「鬼茶屋」へ
此処の食事は絶景を見ながら頂けるので最高です

此処の看板娘・・??さんは・・・昨年ぐらいに病気をされ・・・それ以後寄る年並みとも考えて
仕事はやめておられるが・・・元気そう
 
彼女のフライ物はとても絶品でした・・・
もう幾つになられるかな??
女性に歳を聞くは禁物
新聞にも2回ほど取りざたされ・・・彼女のパワーを貰おうと・・・
随分遠くからも立ち寄られる方が多かったとの事

紅葉はとても綺麗・・・(@_@;)・・・でもこの落ち葉・・・??

紅葉②
我が家の通りの街路樹
今が最高の・・・紅葉です・・・
落ち葉②
でも・・・この落ち葉です・・・(@_@;)
紅葉② 紅葉①
落ち葉③ 落ち葉①
何時も窓を開けるとすぐ見る事が出来る紅葉・・・
とても心が和みます
落ち葉の掃除は付き物です
雨が降る・・・風が吹く・・・その後は掃除です

さあ・・・!!頑張って掃除に行きましょう 

奈良県北葛城郡にある【片岡山 岩松寺】の見学

i入口
入口です
入口②
修理中です
聖徳太子の伯母片岡姫が建立したのが初めとされます
(融通念仏宗)片岡山「岩松寺」です
 元「安養寺」「東福寺」があった場所に建てられています
 享保2年(1717)融谷法厳上人が再建
本尊;十一尊天得如来(阿弥陀如来)
国道を挟んで達磨寺があります
比叡山の慈覚大師が彫った弥陀三尊仏を安置
観音堂には十一面観音像(恵心僧都作)を安置
片岡神社に奉納された江戸時代の大般若経が収蔵されてい
ます
(http://narajisya.blog.eonet.jp/mahoroba/2007/02/post-9c7a.html)参照
入口① 入口③
延喜式神名帳の「片岡坐神社」とされる古社です
元は・・・王寺町元町の大峯にある「元宮」に祀られ
今も宮座が残っています
俗に「大宮」と呼ばれ
中世から近世にかけては「五社大名神」「五社明神」と呼ばれていたそうです
明治42年に・・・大田口にあった金計神社
中村にあった大原神社
門前にあった住吉神社を合祀
現在では王寺全体の総鎮守社となっています
祭神:天照皇太神・表筒男命・中筒男命・底筒男命・品陀別命・清瀧命
「放光寺」の鎮守社ともいわれています
「品善寺」には片岡神社の本地仏だった十一面観音立像と地蔵菩薩立像が安置されています

(http://narajisya.blog.eonet.jp/mahoroba/2007/02/post-b9cb.html)参照
達磨寺の筋向いにあったので・・・
見学に行きました・・・
修理中で中に入れて貰えませんでした・・・

達磨寺に関わるお寺との事・・・
修理が終わったら・・・是非に見学したいですね・・・!!

マンションから
娘夫婦の新居(マンション)のベランダからの景色です
前方に見える山が生駒山ですよ

奈良県北葛城郡にある【達磨寺】見学 パート1

石碑
達磨寺
達磨寺(だるまじ)
奈良県北葛城郡王寺町にある臨済宗南禅寺派の寺院
山号は片岡山
本尊は・・・千手観音・達磨禅師・聖徳太子

表門①
表門です
説明① マップ
この寺の創建については
推古天皇21年(613年)の冬
聖徳太子が片岡山で飢えていた異人に衣食を施したという片岡山飢人伝説にからめて語られる
その後は・・・衰退と中興が繰り返され・・・江戸時代には幕府から30石が与えられた

片岡山飢人伝説とは
『日本書紀』の推古天皇21年(613年)12月条[1]や『元亨釈書』に見える次のような話である
聖徳太子こと厩戸皇子が片岡山を通りかかったところ
飢えて瀕死の異人に出会った
太子はその異人に当座の寒さと飢えをしのぐため
食物と自分の衣服とを与えた
翌日・・・使いをやって異人の様子を見に行かせたところ
すでに息絶えていたので・・・丁重に葬った
それからしばらくして墓の様子を見に行かせると
死体は消えており・・・衣服だけがきちんとたたまれて
棺の上に置かれていた
これを知った里人は
あの異人は達磨禅師の生まれ変わりに相違ないと言い
聖徳太子が自ら刻んだ達磨像を祀ったのが達磨寺の始まりであるという

(http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%81%94%E7%A3%A8%E5%AF%BA_(%E5%8C%97%E8%91%9B%E5%9F%8E%E9%83%A1%E7%8E%8B%E5%AF%BA%E7%94%BA))より抜粋境内②
境内です・・・広々しています
犬と
聖徳太子と愛犬「ゆきまる」
聖徳太子の愛犬雪丸くん
聖徳太子の愛馬といえば
黒駒が有名ですが・・・太子には愛犬がいました
達磨寺の境内には
太子の愛犬「雪丸」の石像があり
雪のように白い犬で・・・とても賢い犬だったといいます

達磨寺の境内には達磨寺1号墳・2号墳・3号墳と称される
3基の古墳(6世紀頃の築造)が存在し
このうちの3号墳の上に本堂が建てられている
この古墳は平安時代には聖徳太子ゆかりの達磨禅師の塚であると信じられていたようである
寺院としての形態が整うのは鎌倉時代以後と思われる
境内には松永久秀の墓がある

(http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%81%94%E7%A3%A8%E5%AF%BA_(%E5%8C%97%E8%91%9B%E5%9F%8E%E9%83%A1%E7%8E%8B%E5%AF%BA%E7%94%BA))参照
石説明 石
薬師石です
目を閉じて近寄り
両手で抱けば
病気が全癒すると伝えられている霊石です

本堂内
本堂です
ガラス越しにパチリ・・・!!
ちょっと光って・・・??

達磨寺の境内には達磨寺1号墳・2号墳・3号墳と称される
3基の古墳(6世紀頃の築造)が存在し

このうちの3号墳の上に本堂が建てられている
鐘楼
鐘楼です
標識
表通りからの標識です
車からも・・・とても良く眼に入ります
萩の花
境内に咲く・・・白い色の萩の花❀❀❀

奈良県北葛城郡にある【達磨寺】見学 パート2

表門
表門です
境内
境内です・・・とても静か・・・
手洗い
手洗い場
心も静めて・・・合掌
方丈説明
方丈
奈良県では類例の少ない本格的な方丈建築です 
 平成元年(1989)3月に県の文化財に指定されました
 3室2列という禅宗の方丈の基本形からなり
西面が入母屋造
東面が切妻造で本瓦茸の建物

少し大きい文字 棟札から寛文7年(1667)に京都の工匠によって建立されたことがわかり
 当初の形式がよく保存されています

屋根②
入母屋造(西側)
屋根①
切妻造(東側)
一つの屋根ですが・・・分かりやすく分けて撮影しました・・・
達磨
聖徳太子が達磨像を刻み
安置したことに始まると伝わる

境内には本堂・庫裏・方丈などがある
日本三大達磨の一つ
達磨大師像は重文

本堂から
本堂から
表門①
裏門です
仏教には輪廻転生思想あり
我国第一の仏教興隆の功績を残された太子は
法華経の尊信者であり
法華経を正依とする中国天台宗の祖思師禅師は
同時代の高僧であり太子の前身と信じられるようになったのは
中国の衡州衡山道場にて達磨は
思師禅師に”東海に生まれ更りて正法を宣揚すべし”勧めなされる物語より生じたものであり
一足先に日本に渡り太子誕生まで奥州待島(松島)待ったと云う伝承あり
この事は・・・天台も禅も其の源は一つであり
片岡山辺りで両者が対面する事は
衡山道場で既に約束されて居ったとされ
強い興味が感ぜられる
元より史実の点からは当然否定されるべきであろうが
当時の日中両国仏教との真摯な宗教的願望であり
比叡山に大乗戒壇を開いた天台宗最澄の大乗仏教一乗思想に合理性を与え
鑑真和上来日の動機にもつながると云われる飢人伝説により

創建された王子の達磨寺の存在は
日本仏教史上貴重なる存在であります

(http://www.darumaji.jp/)より抜粋  

我が街の街路樹・・・見事な紅葉・・・(@_@;)

紅葉①
この綺麗な紅葉・・・(@_@;)紅葉②
此処の紅葉は常緑樹もあって又趣きがあります・・・
10月22日にも・・・掲載しましたが
再度掲載します・・・
私の街のこの綺麗な紅葉・・・!!
皆さんにも見て頂けたら
眼を見張るばかりです\(◎o◎)/!
落ち葉の掃除はありますが・・・
この紅葉を見ていると・・・とても得をしたみたい・・・「毎年感じます」

生駒市の【奈良先端科学技術大学院大学】へ

先端大学①
大学の入口
奈良先端科学技術大学院大学(ならせんたんかがくぎじゅつだいがくいんだいがく)
英語: Nara Institute of Science and Technology)は
奈良県生駒市高山町8916番地の5に本部を置く日本の国立大学である
1991年に設置された
大学の略称はNAIST(ナイスト)

先端大学②
紅葉が綺麗です・・・!!
アインシュタイン画像
アインシュタイン画像
側壁に描かれています 

アインシュタインは天才と言われていますが
一体何をやったため有名な人なのか良くわからないという方がいます
また・・・天才だから
自分に馴染みが無いと言う方も多いです

  • アインシュタインで検索 
    続きを読んでください・・・もっと詳しく彼の事が分かりますよ・・・!!
    先端大学③
    おまけに・・・あまりにも綺麗な紅葉・・・
    生駒山を望んで・・・パチリ

    生駒山(いこまやま・いこまさん)
    奈良県生駒市と大阪府東大阪市との県境にある標高642mの山
    生駒山地の主峰である

    一等三角点が置かれている山頂は奈良県側にある
    山上には生駒山上遊園地が開設されている
    山上・中腹には、大阪府・奈良県にある
    各テレビ局の京阪神と奈良県をカバーする送信所(生駒山テレビ・FM送信所)が
    別々に設置されている
    かつては企業の保養所や別荘地として多くの建物が設けられていたが
    現在はその多くが役目を終え廃墟となっている

    (http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%94%9F%E9%A7%92%E5%B1%B1)参照
  • 医院の待合室

    欄② (2)
    眼科医院の待合室です
    欄③ 欄② (1)
    心和む藍の花❀❀❀と置物
    定期検査に行く「眼科医院」の待合室
    心和む花を見て・・・心が落ち着きます

    今日は「視野」検査をしてもらいました
    緑内障をはじめ・・・網膜や視神経の病気の早期発見に欠かせない視野検査
    一点を注視したときに周囲に見える範囲を視野計を用いて測定します
    正常な人では
    片目につき上方に60度・下方に75度・鼻側に60度・耳側に100度という広い視野を持っています
    通常・・・人は両目で物を見ているので
    片方の目を隠さないと
    視野に異常があるかどうかはわかりません
    視神経の障害や緑内障などの眼疾患では
    片方の眼が障害されたり左右の目の障害の程度が違ったりします
    したがって・・・左右別々に視野検査をする必要があります
    光が見えたら手元のブザーを鳴らします

    (http://medical-checkup.info/article/43671142.html )参照
    GO TOP