生駒山上への・・・ケーブルカーと・・・あ!!蝶々が・・・!!

生駒山「ケーブルカー」A
生駒山上へのケーブルカーです・・・
なにこれ・・・??
可愛い・・・!!犬です・・・!!
この車両は「ブル号」といいます・・・わぁ>面白い・・・!!
この車両は2代目ですよ・・・!!
初代は・・・山麓公園に展示してあります

2000年3月に誕生し
そのユニークなキャラクターで
たちまち話題になった生駒ケーブルの『ブル』と『ミケ』
ご覧の通り・・・ケーブルカーがまるごとわんにゃんスタイル
ふもとの鳥居前駅と宝山寺駅の間を走り
宝山寺駅でメルヘンチックな『ドレミ』と『スイート』にバトンタッチします
「生駒山上遊園地」への交通手段というよりも
愉快なのりものの1つという感じのわんにゃんケーブル
内装もとっても可愛く
乗ったとたんに「みなさん・・・生駒ケーブルへようこそ〜」とアナウンス案内してくれます
楽しいわんにゃんのお話を聞きながら
眼下には小さくなった生駒の街
遊園地へいくワクワク感がぐーんとUP!
わんにゃんケーブルに乗らなくちゃ生駒の楽しさは語れない!


「ブル」と「ミケ」

おとぼけ顔の『ブル』
ちなみに「ブルドック」と「ケーブル」のブルが名前の由来
そしてお茶目な『ミケ』
ミケのおしゃべりのBGMはとーぜん「ネコふんじやった」

(http://www.ikomasanjou.com/access/)抜粋

標高642メートルの生駒山には
近鉄の生駒ケーブルカーがあります
日本最初の営業用ケーブルカーであり
現在も通勤通学路線として使われています
超ファンシー系のルックスです
正式名称「生駒鋼索線(いこまこうさくせん)」といいます
生駒市の鳥居前駅は駅からしてもうすでにファンシー
なぜこんなにファンタジックなのかというと
生駒山山頂に「スカイランドいこま」という遊園地があるからなんです
でも生駒ケーブルカーは朝6時台から深夜23時台まで運行されています
つまり──観光客や親子連れはともかく──通勤・通学の人はこのファンシー電車に毎日乗るのです
鳥居前駅→宝山寺駅→梅屋敷駅→霞ヶ丘駅→生駒山上駅という経路
鳥居前駅から宝山寺駅と・・・宝山寺駅から生駒山上駅は別の路線になっていて
山頂へ行くには宝山寺駅で乗り換える必要があります
私は生駒山上駅までは往復700円

楽しげな音楽とともに出発! 
女性の声で車内アナウンスも流れます
遊園地に向かう子供たちはワクワク気分ですね
でも通勤、通学の人は毎日朝からこんなハイテンションBGMにうんざりなのでは……? 
調べてみたところ・・・通勤通学時間帯や早朝夜間は
ごく普通の車内アナウンスでBGMは流れないそうです

(http://bqspot.com/kansai/nara/602)参照

あ!!蝶々が・・・!!
道端にひっそりと咲く草花に・・・
蝶々が停まって・・・
瞬間の事でしたが・・・
上手く撮れました・・・
とても可愛いです・・・!!

今日は・・・心和む一日・・・
一度・・・孫と・・・生駒山上遊園地に行こう・・・


GO TOP